2011年「エネルギーハーベスティング」の「成長用途」「有望AP」探索総調査による新市場創造(潜在市場規模算出)【特別企画調査】≪予約多数!≫

~ 急成長が見込まれる「エネルギーハーベスティング」の「用途」(可能性)、有望AP×点情報を徹底的にピックアップ、その点情報の基本統計(公開統計)をベースに、「成長用途」「有望AP」別に潜在市場規模<(楽観予測、平均予測、悲観予測)>を算出(10年後までのシナリオ予測)~

【調査対象】

1)「エネルギーハーベスティング」プレイヤー、知見者
2)「エネルギーハーベスティング」研究開発部門
3)「電池」「電源」「バックアップ装置」関連プレイヤーならびにキーマン
4)「自己発電」分野に属するプレイヤー、知見者
5)「センサーネット」ベンダならびにユーザー
6)「MEMS」「センサー」関連プレイヤーならびにキーマン(新市場開拓などを実施しているキーマン)
7)「RFID」プレイヤー、知見者
8)「(電池内蔵)デバイス」「(電池搭載)デバイス」ベンダ(キーマン)
9)「ロボット」関連プレイヤー、知見者
10)「電気自動車」メーカー、「時計」メーカー
11)「電設」メーカー、「住設」マーカー etc.

【調査方法】

1)弊社専門調査員による「エネルギーハーベスティング」に関する(成長用途、有望AP)「深堀調査」
2)(成長用途、有望AP)テーマ別基本統計調査
3)1)2)より潜在市場規模シナリオを算出(楽観予測、平均予測、悲観予測)

【調査&レポート期間(予定)】

・ 2011年4月1日~2011年4月30日まで深堀調査を実施予定。その後レポーティング(集計&分析)を実施し、2011年5月15日に集計&分析終了予定。

「特別企画調査」とは?

1)「自主企画調査」が不特定多数を対象とした「調査レポート」(定価は10万円未満/冊)であるのに対し、「特別企画調査」は特定少数を対象とした「調査レポート」(定価は100万円未満/冊 ※CD-R付き)となります。

2)「特別企画調査」を実施する背景には、「東日本大震災」ならびに「不況」などの影響により、お客様の方で「個別調査」に対して従来通りコスト(数百万円/テーマ~数千万円/テーマ)をかけられない!といったご要望にお応えするなどがあります。

3)つまり、「個別調査」を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がない「クライアント」様のご要望を満たすための「調査レポート」内容となっております。

4)基本的に、最低で3社以上からの「ご注文」または特定の企業様からの強い「ご要望」「リクエスト」があった場合に「特別企画調査」を実施する方針です。

5)「特別企画」調査レポートは、個別調査、マルチクライアント式調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(本報告書及びその記載内容を含む)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属するものです。

【ISBNコード】

ISBN978-4-901872-57-7 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研 

【トータル・ページ数(報告書)】

・300ページ(予定)

【報告書(レポート)価格】

・997,500円(税込) ※印刷タイプ+CD-R

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー