2007年「センサーネット」ビジネス実態総調査

1.「センサーネット」先端&有望ビジネス・シーズが市場に与えるインパクトを分析・イラスト化(27枚)

2.「センサーネット」実態ビジネス×市場検証(実態ビジネス×ターゲット・セグメント×ポテンシャリティ探索(屋外分野:34セグメント、屋内分野:76セグメント 別<合計110セグメント 別>×ターゲット視野/重点ターゲット領域のクロス集計・分析)
⇒2007年4月~5月時点における「センサーネット」実態市場は?今後の有望ビジネス(分野/アプリケーション)は?短中長期に見た当該ビジネスの方向性と収束度/時間軸別×市場浸透ロードマップを客観評価&多面的に分析(「短期的」「長期的」(実態的)に見て垂直・水平展開できる有望フィールドはどこか?)

3.「センサーネット」実態/潜在市場規模推移(2005年度~2009年度)×セグメント別(屋外/屋内フィールド別、ハードウェア(HW)/ソフトウェア(SW)/SI・カスタマイズ(SI)/ネットワーク(NW)提供/サービス(メンテナンス/監視/モニタリング情報提供)別 等)

4.「センサーネット」ビジネスをリードする主要プレイヤー(20社・団体)のマーケティング戦略キーワードを多面的にクロス分析(個票項目分析)!
「センサーネット」×主要プレイヤー(20社・団体)の個別ケーススタディ分析(前回:2005年11月~12月調査時点からの差異・進展は?)
 

【調査目的と背景】

2007年度に入り早くも3ヶ月が経過したが、既に「センサーネット」ビジネスは「実証実験フェーズ」から「実態フェーズ」に移行した。「センサーネット」ビジネスは実態的にどの程度進み、短期的かつ長期的に見てどういった分野(セグメント)でどの程度の市場(規模)が見込めるのか?時間軸別に市場浸透ロードマップを客観的にチェックし、「センサーネット」先端&有望ビジネス・シーズの「セグメント別(屋外/屋内)有望度評価」「セグメント別(実態/潜在)市場規模」を定点観測しながら多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰することが焦眉の急となっている。
 「センサーネット」社会におけるIT利活用の高度化や多彩なサービスの実現には、ヒト・モノ・エリア(周辺環境等)の状況を正確に感知(センシング)・認識し、状況や(屋外、屋内、その中間といったエリア・セグメント毎の)環境に即した最適なサービスへと結びつけるためのユビキタス・センサーネットワーク技術が不可欠となっている。この一連の技術の実現により、防犯・セキュリティ(=安心・安全)、食・農業、環境保全、ロボット/事務・業務、医療・福祉、施設制御、(構造物)管理、物流・マーケティング、交通、防災、ホーム(HOME)、土木・建築等、幅広い社会・経済活動への寄与が期待されている。特に、今後の少子高齢化社会に向けて安全・安心な社会を実現するために「センサーネット」の果たすべき役割は大きいと言えるだろう。
 今なお「センサーネット」は産学官共に最も注目・期待しているポテンシャル・ビジネス・テーマの一つといえよう。
 「センサーネット(ビジネス)」に対する注目度が高まってから(2004年以降)というもの、「センサーネット(ビジネス)」の実態(実状)について定点観測したいといった要望(声)を数多くの企業(業種/部門)から引き続き頂いている。
 従ってESP総研では、「センサーネット(実態)市場」の全貌、将来の見通しを明確化するべく、当該主要企業・団体(20社・団体)へのインタビューを多面的に実施し、2007年4月~2007年5月の間で顕在化している「センサーネット」実態ビジネス&シーズ110セグメントを抽出、ターゲッティング分野×ポテンシャリティ探索・評価、「センサーネット」関連ビジネス市場規模の算出を行った。特に重点を置いたのは110セグメント(屋外/屋内)別「センサーネット(ビジネス)」のポテンシャル・ターゲット視野/重点ターゲット領域のクロス集計・分析、セグメント(ハードウェア/ソフトウェア/SI/ネットワーク/サービス)別「センサーネット」実態/潜在規模推移(2005年度~2009年度)の測定である。
 今回の調査によって、「センサーネット(ビジネス)」についてどの分野(セグメント)でどの程度の規模のマーケットが創出され、どのようなスピード(時間)とベクトル(方向性)で拡大していくのか?を多面的に調査した。

【調査対象】

・主要「センサーネット」事業者(主要20社・団体)を中心に調査・分析を行った。

【調査方法】

・弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー取材、並びに
弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査期間】

2007年4月10日(取材アプローチ開始)~2007年6月30日(多面的分析終了)

【目次】

<詳細はこちら>

【ISBNコード】

ISBN4-901872-25-7 C2034

【企画・監修・編集】

(株)ESP総研

<調査レポート一覧へ>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2007年「センサーネット」ビジネス実態総調査』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格100,000円+税
2)CD-R:本体価格100,000円+税
3)1)2)のセット価格:本体価格150,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2007年7月3日
【報告書体裁】 A4版 オンデマンド印刷
【ページ数】 合計486ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください。

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー