2006年「WiMAX」関連市場規模算出/シナリオ予測

1.新しい「ワイヤレスブロードバンド」として注目を集める「WiMAX」の今後の
  シナリオ展開、ビジネスモデル、市場規模推移(2008年度~2012年度)を
  多面的なデータを元に予測
2.「広帯域移動無線アクセス:WiMAX」を取り巻くマクロ環境を分析し、「WiMAX」
  に寄せられる期待、役割を明確化
3・「WiMAX」の技術的利点をベースとして、予測されるシナリオ展開(参入事業者
  タイプ別、5ケース⇒「既存携帯電話事業者が参入」の場合/「新規参入の携帯電話
  事業者が参入」の場合/「公衆無線アクセス」事業においてWiMAXが活用された
  場合/「WiMAX」が自動車等のナビゲーションシステムに活用された場合
  /「WiMAX」が「デジタル・ディバイド」解消のために活用された場合)、及び
  各分野の「ビジネスモデル(基地局整備/サービス利用料/端末 等)」を予測
4.予測される「シナリオ」「ビジネスモデル」を基に各シナリオにおける「市場規模
  推移(2008年度~2012年度)」を多面的な要因から予測
5.当該「WiMAX」ビジネスの最大参入企業数を3社とした場合、どのような事業形態の
  事業者が何社参入するか?の「WiMAX」の市場展開ケースを「ヒアリング調査」の
  結果と「各シナリオ(参入事業者タイプ別、5ケース)」からの組み合わせで決定
  (6ケース⇒「新規&既存携帯電話事業者+公衆無線アクセス事業者各1社」/
  「新規携帯電話事業者1社+公衆無線アクセス事業者2社」/「既存携帯電話事業者
  1社+公衆無線アクセス事業者2社」/「新規携帯電話事業者2社+公衆無線アクセス
  事業者1社」/「既存携帯電話事業者2社+公衆無線アクセス事業者1社」/「既存
  携帯電話事業者1社+新規携帯電話事業者2社」)、それぞれのケースの市場規模
  推移(2008年度~2012年度)を予測
6.「WiMAX」×関連プレイヤー(17社・団体)の個別ケーススタディ分析

【調査目的と背景】

2006年度~2007年度に向けて、「WiMAX」×関連市場規模算出/シナリオ予測を行うことが焦眉の急となっている。
 本調査レポートにおいては、以下のような分析によって「WiMAX」の将来動向、シナリオ展開予測、及びそれに呼応した市場規模予測を行った。第一に「ワイヤレスブロードバンド」を取り巻くマクロ的環境を分析し、「WiMAX」に対する社会的な期待感を明らかにすることで、「WiMAX」のシナリオ展開に関する方向性を決定づけた。次にそうした期待感をより具体的な「シナリオ」(「既存携帯電話事業者がWiMAXを導入したケース」「新規携帯電話事業者が導入したケース」等といった「事業者タイプ別」5ケースを想定)として具現化し、その「シナリオ」が実現した場合、どのような「ビジネスモデル」「潜在顧客層」等が想定されるのかを明らかにした。そして第三に、「ビジネスモデル」「潜在顧客層」等のデータをベースとして、各シナリオにおいてどのように市場は成長、拡大していくのか?について分析を行い、具体的な市場規模推移(2008年度~2012年度)としてその予測結果を示した。そして最後に、「WiMAX」市場に参入できる事業者が最大3社であった場合、予測される参入対象事業者の内、どの事業者がその3社となるのか?を「関連企業のヒアリング調査」の結果から予測した市場展開シナリオ6ケース(例としては「新規携帯電話事業者」1社と「公衆無線アクセス事業者2社」計3社、といった場合)における市場規模推移積算を算出し、これを最終的な「WiMAX市場」の市場規模予測として提示した。
 その結果、最も現実可能性の高いと目されるケース(「既存携帯電話事業者」「新規携帯電話事業者」及び「公衆無線アクセス事業者」各1社、計3社に加え「デジタル・ディバイド」解消のための事業が展開された場合)においては、2008年度から2012年度までの市場全体の規模推移はそれぞれ2008年度192.4億円、2009年度419.8億円、2010年度909.9億円、2011年度1,251億円、2012年度1,493億円に推移するものと算出・予測した。 逆に実現可能性が最も低いと目されるケースについて(「既存携帯電話事業者1社」「新規携帯電話事業者2社」及び「デジタル・ディバイド」解消のための事業が展開された場合)は、2008年度210億円、2009年度396.1億円、2010年度878.0億円、2011年度1,222億円、2012年度1,476億円に推移するものと算出・予測した 。
 金額ベースを中心に市場規模を見た場合、最も市場規模が拡大すると目されるケースは「既存携帯電話事業者2社+公衆無線アクセス事業者1社及び「デジタル・ディバイド」解消のための事業が展開された場合(実現可能性では6ケース中5番目)」であり、2008年度192.4億円、2009年度421.8億円、2010年度1,167億円、2011年度1,677億円、2012年度1,928億円に推移するものと算出・予測した 。最も金額ベースの市場規模が小さいと目されるケースは「新規携帯電話事業者1社+公衆無線アクセス事業者2社及び「デジタル・ディバイド」解消のための事業が展開された場合(実現可能性では6ケース中2番目)」のケースであり、2008年度157.4億円、2009年度328億円、2010年度480億円、2011年度596.8億円、2012年度796.8億円に推移するものと算出・予測した 。

【調査対象】

「WiMAX」に関連するあるいは着眼しているベンダを市場から抽出し総合的に調査・分析を行った。

【調査方法】

弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査・分析・編集 期間】

2006年2月14日~2006年4月17日(多面的分析終了)

【目次】

<詳細はこちら>

【ISBNコード】

ISBN4-901872-19-2 C2034

【企画・監修・編集】

(株)ESP総研

【調査・分析・レポーティング】

(株)ESP総研

<調査レポート一覧へ>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2006年「WiMAX」関連市場規模算出/シナリオ予測』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格100,000円+税
2)CD-R:本体価格100,000円+税
3)1)2)のセット価格:本体価格150,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2006年4月18日
【報告書体裁】 A4版 オフセット印刷
【ページ数】 合計205ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください。

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー