2005年「iPod」大ヒット 多面的戦略分析

『2005年「iPod」大ヒット 多面的戦略分析』

1.大ヒットを記録した「アップルコンピュータ」のデジタル・ポータブル・
  オーディオ・プレイヤー「iPod」の成功要因を多面的に分析
2.「ポータブル・オーディオ・プレイヤー市場」、「iPod」開発の歴史的推移、及び
  「アップルコンピュータの経営状況」等を整理、「iPod」開発の背景を分析
3.「iPod」の製品開発戦略を「戦略アプローチ」「アップルコンピュータの強み」
  「消費者ニーズとの合致性」といった観点から分析
4.「iPod」の製品戦略、価格戦略を「プロダクト・ライフサイクル」「先行者利益/
  先行破壊」、組織戦略について「直接コミュニケーション」「カリスマ組織」
  「機会志向型組織」といったキーワードから考察
5.「iPod」の「流通戦略」「広告・プロモーション戦略」を「直営店化」
  「自己イメージとの一致」「曖昧な刺激と情報発信意欲=口コミの誘発」といった
  観点から分析

【調査目的と背景】

経済環境が成熟化し、又それに伴い消費者のニーズが細分化しつつあることもあって、「大ヒット製品」が市場に少なくなって久しい。ベンダ側も無制限に「マス」を対象とした製品を供給することよりも「セグメント」を絞ったピンポイント的な製品戦略へと転換しつつある。そうした状況下にあって、アップルコンピュータが2001年から発売を開始したデジタル・ポータブル・オーディオ・プレイヤー「iPod」シリーズは、全世界で2,100万台以上を販売(2005年9月時点)、又日本国内の当該市場のシェア60%を「iPod」が独占した(2005年11月)等、正真正銘の「大ヒット」製品といえる。
 「大ヒット製品」を生み出しにくくなった時代にあって、何故「iPod」はこれ程の大ヒットを記録することができたのか? この点について「(ユビキタス)端末機器ビジネス」に携わる企画・マーケティング(製品開発担当等)キーマンの間において従来から興味・関心は高かった。しかしそうした観点で網羅的かつ俯瞰的に分析した調査分析レポートは見当たらなかった。ESP総研ではこうした市場の声を反映して、「iPod」の大ヒットの戦略的要因について調査分析を徹底して行った。
 「iPod」の「大ヒット要因」の分析にあたって、次のようなアプローチからの考察を行った。第一に、「iPod」開発開始前後の「ポータブル・オーディオ市場」や「アップルコンピュータ」の状況を俯瞰的に整理し、「iPod」を取り巻く内部的環境、外部的環境の分析を試み、それらを「iPod」の戦略展開を分析する足がかりとした。そしてそれらの分析結果をベースとして、次に「iPod」の製品戦略の分析を行った。具体的には、「製品開発」について、同社はどのようなアプローチ展開を図ったのか?そしてどのような製品の優位性が消費者のニーズに合致し、大ヒットに結びついたのか?といった点について特に注目した。
 第三に、「製品ライフサイクル戦略」、「価格戦略」「組織戦略」といった点について考察を行った。具体的には「ライフサイクルと同社の製品戦略」、価格については「値下げ戦略、製品ラインナップの下方拡張と「先行者利益」「先行破壊」」、「組織戦略」については、意思決定のスピードアップ、ジャストなタイミングでの戦略展開の源泉と捉え、「直接コミュニケーションと意思決定」、「カリスマ組織と組織成員のモチベーション」、「機会志向型組織と製品開発」と行った観点から分析を行った。
 そして最後に「流通戦略」「広告、プロモーション戦略」の分析を行った。具体的には「流通戦略と「直営店」」、広告、プロモーション戦略については「自己イメージの一致と「黒いシルエット」の広告」、「秘密主義、曖昧な刺激と「情報発信意欲」」といったキーワードから、同社の巧みな「広告・プロモーション戦略」の分析を試みた。
 「iPod」の大ヒットは、そのあまりのビッグ・ヒットぶりから「奇跡的」と見られる側面もある。しかしながら今回の分析を通じて、「iPod」の大ヒットは「偶然」でも「奇跡」でもなく、極めてtheoreticalで合理的、緻密に計算された「戦略」の賜であることが伺えた。そしてこうした「緻密」な戦略構造を解き明かすことを本調査資料の第一の目的とした。

 

【調査方法】

弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査・分析・編集 期間】

2005年10月11日~2005年12月13日

【目次】

<詳細はこちら>

【ISBNコード】

ISBN4-901872-17-6 C2034

【企画・監修・編集】

(株)ESP総研

<調査レポート一覧へ>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2005年「iPod」大ヒット 多面的戦略分析』

【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格100,000円+税
2)CD-R:本体価格100,000円+税
3)1)2)のセット価格:本体価格150,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2005年12月13日
【報告書体裁】 A4版 オフセット印刷
【ページ数】 合計138ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください。

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー