2005年「位置情報」ビジネス白書

『2005年「位置情報」ビジネス白書』

1・「位置情報(ビジネス)」ベンダ46社、顕在ユーザー7社のインタビューから抽出
  された斬新なシーン、観点、インパクトをイラスト化(5種類×絵)
2.「位置情報」ビジネスの市場規模算出・予測(全体/屋外/屋内)
3・「位置情報」ビジネスベンダ着眼度(高)×位置捕捉対象別マーケットポテンシャル
  分析(仮説ポテンシャルマーケット10エリア×市場検証)<バス、トラック、
  タクシー、子ども、高齢者、営業スタッフ、病院、倉庫、遊園地・テーマパーク、
  船舶>※ベンダ(シーズ)とユーザー(ニーズ)とのギャップ分析
4.「位置情報」ユーザー課題抽出/ベンダ実績(位置捕捉対象別:人、物、場所
  <エリア>別)×マトリックス化
5.着眼度マトリックス×着眼度評価/その理由(位置捕捉対象別:人、物、場所
  <エリア>、業種・その他別)
6.「位置情報」ベンダ×ビジネスモデル分析/重点戦略分析(項目別×クロス分析!)
7.「位置情報」に着眼する(約170社/部門)×先端プレイヤー(ユーザーも含む)の
  マーケティング戦略キーワード(着眼点)をピックアップ!
8.「位置情報(屋外/屋内)」×主要(最新)技術動向(定義/今後の動向/読取
  精度等)
9.「位置情報」先端プレイヤー46社/「位置情報」顕在ユーザー7社の個別
  ケーススタディ分析

【調査目的と背景】

2006年に向けて屋内、屋外、ストックヤード・フィールドといった位置捕捉フィールドを詳細にセグメント化し「ソリューション&サービス」「技術」「ビジネスモデル」「(販売)ターゲット」「重点戦略」等といった「位置情報」ビジネスの全体像、「位置情報(屋外)」「位置検知(屋内)」がもたらす先端&実態市場を網羅的かつ体系的に俯瞰することが焦眉の急となっている。

「位置情報(屋外/屋内)」社会におけるIT利活用の高度化や多彩なサービスの実現には、「人(ヒト)」「物(モノ)」「場所(エリア)」といった位置捕捉対象をシームレスに感知(センシング)・認識し、状況や環境に即した最適なサービスへと結びつけるための「(屋外向け)位置情報」「(屋内向け)位置検知」技術が不可欠となっている。この一連の技術を活用することにより、防衛・防災、運輸・交通、物流・卸・小売、土木・建設・不動産、介護・医療・福祉、警察・消防、電力・公共等、幅広い社会・経済活動への寄与が期待されている。特に、今後の少子高齢化社会に向けて安全・安心な社会を実現するために「位置情報」「位置検知」の果たすべき役割は大きいと言えるだろう。

昨今からブームとなっている「RFID」「センサーネット」、そして「無線LAN」「超音波」等を活用した屋内系「位置検知」ソリューションの「実証実験」や各種ソリューションの市場投入状況、GPS携帯やPHS、PDA、移動車両×「AVM」「GPS」を活用した屋外系「位置情報」ソリューション等といった新たな展開・動向を鑑みると「位置情報」「位置検知」を取り巻く外部環境が如何に活発化してきているのか?が見えてくる。今や「位置情報」「位置検知」ビジネスはIT業界において最も注目・期待しているポテンシャル・ビジネス・テーマの一つといえよう。

ESP総研では、「位置情報(屋外中心)」「位置検知(屋内中心)」ビジネスの全貌、将来の見通しを明確化するべく、2005年7月~2005年9月の間で顕在化している「位置情報&位置検知」ベンダ約170社、「位置情報」顕在ユーザー約50社を抽出した。市場規模「全体/屋外/屋内」算出のみならず、マーケットポテンシャルの高い位置捕捉対象をセグメント「人(ヒト)」「物(モノ)」「場所(エリア)」毎に抽出し、ベンダ着眼度評価とユーザー実態とのギャップを分析した。特に重点を置いたのは「位置情報ビジネス×市場規模算出」「位置情報×ビジネスモデル分析」「位置捕捉対象別×マーケットポテンシャル分析」の3点である。

今回の調査によって、「位置情報ビジネス」についてどのような分野でどのようなマーケットが創出されポテンシャルがどのようなスピードと規模で拡大していくのか?を多面的に調査した。

 

【調査対象】

「位置情報」ポテンシャル・プレイヤー「約170社/部門」、「位置情報&位置検知ユーザー」ポテンシャル・プレイヤーからそれぞれ「ベンダ46社」「顕在ユーザー7社」を抽出して調査・分析を行った。

【調査方法】

弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査期間】

2005年7月5日~2005年9月26日

【目次】

<詳細はこちら>

【ISBNコード】

ISBN4-901872-15-X C2034

【企画・監修・編集】

(株)ESP総研

【調査・分析・レポーティング】

(株)ESP総研

【ビジネスイラスト作成】

大石 あきら

<調査レポート一覧へ>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2005年「位置情報」ビジネス白書』
【頒価】 <1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格100,000円+税 2)CD-R:本体価格100,000円+税 3)1)2)のセット価格:本体価格150,000円+税 ※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2005年9月28日
【報告書体裁】 A4版 オフセット印刷
【ページ数】 PART1  184ページ
PART2  345ページ
合計529ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください。

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー