2005年「RFID+X(エックス)」組み合わせ先端ビジネス探索総調査

『2005年「RFID+X」組み合わせ先端ビジネス探索総調査』

「RFID+X」(X=(無線)技術:無線LAN、AirLocation、Ekahau、Bluetooth、Aeroscout、光センサ、音センサ、赤外線、超音波、ZigBee、バイオメトリクス(個人認証)、位置センサー、UWB、GPS等、ツール/製品:携帯電話、PHS、各種センサ、カメラ、ガラス製品、各種タグ等、パッケージ:各種AP、各種ソフトウェア、各種システム、ソリューション(SI):CRM、SCM、EAS、生産管理、所在管理、資材管理、資産管理、セキュリティ、在庫管理等、プラットフォーム:情報共有基盤、EPCグローバルネットワーク、サービス:ASPサービス等に関する「RFID+X」組み合わせ先端ソリューション・プレイヤー各社の「全体戦略(ソリューション&サービスメニュー、主要技術、ビジネスモデル、販売チャネル、販売ターゲット、導入実績・目標、当該売上予測、競合認識、市場拡大要因・市場阻害要因、ユーザー事例)」を中心に調査・分析

1.RFID+X」組み合わせ先端ビジネスが市場に与えるインパクトを分析・イラスト化
  (30種類)
2.「RFID+X」組み合わせ先端ビジネス×抽出×要素マッピング((無線)技術/
  ツール・製品/パッケージ/ソリューション(SI)/プラットフォーム/
  サービス等)
3.「RFID+X」組み合わせ要素区分別「RFID+X」市場規模予測(2004年度~
  2008年度)/主要企業22社別当該売上実績・予測推移
4.主要企業22社別 項目別分析(全体分析/項目別調査結果/トピックス抽出)
5.「RFIDソリューション」に着眼する(124社/部門)×先端プレイヤーの
  マーケティング戦略キーワード(着眼点)をピックアップ!
6.「RFID+X」組み合わせ先端ビジネス・主要プレイヤー個別ケーススタディ
  分析(主要企業22社)

【調査目的と背景】

2006年に向けて「RFID(無線ICタグ)」と「Something(=X)」とを組み合わせる「RFID+X」先端ビジネスについて俯瞰することが焦眉の急となっている。
この背景には、ITベンダの間に「RFID単体」では「ビジネス展開が難しい」という危機感が拡がっていることが挙げられる。確かに2005年4月の「UHF帯」電波利用解放、「標準化」(「EPCglobal」)に向けた主要各社・各団体の取り組み等によって、「RFIDビジネス」を取り巻く環境は明らかに好転している。又これに伴い「RFID」関連のビジネス・フェーズも次なるステップへ進もうとしているにも関わらず、依然ユーザー側においては「RFID単体システム」導入に対して及び腰、といった状況が続いている。IT主要ベンダ側においてこうしたユーザー側の意識を変革する一策が求められていた。
こうした中、IT主要ベンダの間で「RFID」と「Something(=X)」とを組み合わせることによって、ユーザーに対して「RFID」を活用したソリューションの訴求力を高める目的で「RFID」と何らかの「(無線)技術」「ツール/製品」「パッケージ」「ソリューション(SI)」「プラットフォーム」「サービス」との「組み合わせ」を掲げ、新たなソリューション開発/市場拡販を模索する動きが顕著になってきた。
この要因としては「ワイヤレス(無線)」社会における先端IT利活用の高度化や多彩なサービスの進展に伴い、ヒト・モノの状況や周辺環境(場所:屋外、屋内、ストックヤード)等を正確に感知(センシング)・認識し、状況や環境に即した最適なサービス、ソリューションへと結びつけたいとするニーズが急速に拡大していることが挙げられる。「RFID(無線ICタグ)」を含むこの一連の「RFID+X」組み合わせ先端(要素)技術の実現により、危機エリア、展示会、倉庫、ショッピングセンター、テーマパーク、博物館、医療(機関)、工場、学校、駅、オフィス、オークション会場、自動車販売所、病院、セミナー会場、自動車レース場、店舗、駐車場、畑、デパート、競技場、ホテル、空港、百貨店、商店街、家庭、ショッピングモール等、幅広いエリア・シーンへのビジネス展開が期待されている。特に、今後の少子高齢化社会に向けて安全・安心な社会を実現するために「RFID(無線ICタグ)」と「Something(=X)」とを組み合わせる「RFID+X」の果たすべき役割は大きいと言えるだろう。
 こうした市場の声を反映するべくESP総研では2005年5月時点における「主要RFIDソリューションベンダ」(124社)を抽出、「主要RFIDソリューションベンダ」各社における「RFID+X」組み合わせ先端ビジネスへの取り組みについて直接キーマンに訪問インタビューを行った。
 今回の調査では主要「RFIDソリューション」ベンダ22社が、どのような戦略で「RFID+X」組み合わせ先端ビジネスを展開し(ようとし)ているのか?等を中心に多面的に調査した。

 

【調査対象】

「RFIDソリューション」ポテンシャル・マトリックスリスト「124社/部門」を中心に調査・分析を行った。

【調査方法】

弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査期間】

2005年5月9日~2005年6月29日

【目次】

<詳細はこちら>

【ISBNコード】

ISBN4-901872-14-1 C2034

【企画・監修・編集】

(株)ESP総研

【調査・分析・レポーティング】

(株)ESP総研

【ビジネスイラスト作成】

大石 あきら

<調査レポート一覧へ>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2005年「RFID+X(エックス)」組み合わせ先端ビジネス
探索総調査』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格95,000円+税
2)CD-R:本体価格95,000円+税
3)1)2)のセット価格:本体価格142,500円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2005年7月1日
【報告書体裁】 A4版 オフセット印刷
【ページ数】 合計397ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください。

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー