2005年「センサーネット」新規&有望市場(ビジネス)探索総調査

『2005年 「センサーネット」新規&有望市場(ビジネス)探索総調査』

1.「センサーネット」「センサ」がもたらす新規&有望ビジネス・シーズを抽出×未来
シナリオイメージ/「センサーネット」「センサ」新規&有望ビジネス・シーズが
市場に与えるインパクトを分析・イラスト化(55種類)
2.「センサーネット」「センサ」新規&有望ビジネス×市場検証
(先端ビジネスシーズ55種類×関連ビジネス市場規模算出・推定/ターゲッティング
分野×ポテンシャリティ探索(セキュリティ分野/農畜産・食品分野/交通分野/
医療・介護・福祉分野/生活分野/遠隔管理分野/教育分野/情報セキュリティ
分野/流通分野/ロボット分野/環境分野/防災分野)
3.「センサーネット」「センサ」新規&有望ビジネス抽出×「新規性」「市場性
(成長性)」測定→クロス分析!
4.「センサーネット」「センサ」ビジネスに着眼する(346社/部門)×先端プレイヤー
の マーケティング戦略キーワード(着眼点)をピックアップ!
5.「センサーネット」「センサ」×新規&有望ビジネス×先端(顕在化)シーズ55種類の
個別ケーススタディ分析

【調査目的と背景】

2005年に向けて「センサーネット」ビジネスに関連する市場規模/動向、「センサ」「センサーネット」がもたらす新規&有望ビジネス・シーズ×「新規性」「市場性(成長性)」について俯瞰することが焦眉の急となっている。

「センサーネット」社会におけるIT利活用の高度化や多彩なサービスの実現には、人・モノの状況や周辺環境等を正確に感知(センシング)・認識し、状況や環境に即した最適なサービスへと結びつけるためのユビキタスセンサーネットワーク技術が不可欠となっている。この一連の技術の実現により、医療・健康、防犯・セキュリティ、防災、農産物等の各種生産現場、環境リスクへの対応等、幅広い社会・経済活動への寄与が期待されている。特に、今後の少子高齢化社会に向けて安全・安心な社会を実現するために「センサーネット」の果たすべき役割は大きいと言えるだろう。

総務省は2004年3月、「ユビキタスセンサーネットワーク技術に関する調査研究会」の第一回会合を開き、2004年8月には「ユビキタスセンサーネットワーク技術に関する調査研究会」の最終報告を行っている。加えて「ユビキタスネットワークフォーラム」にて2004年8月に「センサーネットワーク部会」を設置している。こうしたことから「センサーネット」を取り巻く外部環境が如何に活発化しているのか?が見えてくる。今や「センサーネット」は産学官共に最も注目・期待しているポテンシャル・ビジネス・テーマの一つといえよう。

しかしながらこれだけ「センサーネット」に対する注目度が高まっているにもかかわらず、「センサーネット」という言葉自体が一人歩きをしているといった感は否めない。

従ってESP総研では、「センサーネット市場」の全貌、将来の見通しを明確化するべく、2004年8月~2004年10月の間で顕在化している「センサーネット」先端ビジネス&シーズ55種類を抽出、関連ビジネス市場規模、ターゲッティング分野×ポテンシャリティ探索を行った。特に重点を置いたのは「センサーネット」「センサ」新規&有望ビジネスの抽出で「センサーネット」「センサ」先端ビジネス・シーズの「新規性」「市場性(成長性)」の測定である。

「センサーネット」とは1)ネットワークに接続された「センサ」(アプリケーション系に多い)2)複数の「センサ」により構成されたネットワーク(ネットワーク系に多い)とESP総研では定義付けた。従来から「センサ」単体商品として展開してきた「センサ」とIT最新技術である自律的なネットワークを形成する「無線技術」との融合ビジネスについてであるが「研究開発中」とする企業、大学が目立つ反面、既に「センサーネット」プロダクツを市場投入している事業者(プレイヤー)も多く見受けられた。今回の調査によって、「センサーネット」についてどのような分野でどのようなマーケットが創出されポテンシャルがどのようなスピードと規模で拡大していくのか?を多面的に調査した。

【調査対象】

「センサーネット」「センサ」ポテンシャル・マトリックスリスト「346社/部門」を中心に調査・分析を行った。

【調査方法】

弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査期間】

2004年8月9日~2004年10月30日

【目次】

<詳細はこちら>

【ISBNコード】

ISBN4-901872-12-5 C2034

【企画・監修・編集】

(株)ESP総研
【調査・分析・レポーティング】(株)ESP総研

【ビジネスイラスト作成】後藤 英雄、佐藤 真依奈、大石 あきら

<調査レポート一覧へ>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2005年「センサーネット」新規&有望市場(ビジネス)
探索総調査』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格95,000円+税
2)CD-R:本体価格95,000円+税
3)1)2)のセット価格:本体価格142,500円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2004年10月31日
【報告書体裁】 A4版 オフセット印刷
【ページ数】 合計477ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部

TEL:03-5762-8136

FAX:03-5762-8036

【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mailinfo@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください。

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー