2004年 「センサーネット」先端ビジネス探索総調査

『2004年「センサーネット」先端ビジネス探索総調査』

1.「センサーネット」が拓く未来社会イメージ/「センサーネット」先端ビジネスが
  市場に与えるインパクトを分析・イラスト化(28パターン)
2.「センサーネット」関連ビジネス市場規模算出・推定/「センサーネット」定義・
  カテゴライズ分類/「センサーネット」市場 セグメンテーション分類/
  「センサーネット」ソリューション・カテゴライズ分類
3.「センサーネット」先端ビジネス調査 総論/「センサーネット」の未来像/
  「センサーネット」業種別ビジネス・アプリケーション/「センサーネット」
  ポテンシャル・アプリケーション調査・分析
4.「センサーネット」関連団体動向/ユビキタス・センサーネット コンセプト&
  ビジョン マトリックス
5.「ロボット・センシングシステム」先端ビジネス/有望アプリケーション、
  「環境センサーネットワーク」先端ビジネス/有望アプリケーション、
  「音響センシング/超音波センサーネット」先端ビジネス/有望アプリケーション、
  「イメージング・センサーネット」先端ビジネス/有望アプリケーション、
  「赤外線センサーネット」先端ビジネス/有望アプリケーション、 
  「光電(光)センサーネット」先端ビジネス/有望アプリケーション、
  「ウェアラブルセンサーネット」先端ビジネス/有望アプリケーション、
  「磁気センサーネット」先端ビジネス/有望アプリケーション、
  「圧力センサーネット」先端ビジネス/有望アプリケーション分析
6.「センサーネット」「センサーネットワーク」に着眼する(134社/団体)×
  先端プレイヤーのマーケティング戦略キーワード(着眼点)をピックアップ!
7.「センサーネット」×先端プレイヤー29社の個別ケーススタディ分析

【調査目的と背景】

センサーが身近になってきている。これをネットワークに接続するとどのような社会アプリケーションが創造できるだろうか?と企業、研究者の取り組みが盛んとなっている。この「センサーネットワーク」への取り組みが、我々の近未来の生活を変貌させるだろうことについて他からの異論は無いものと思われる。では、実現の方向性や展望はどうなっているのか?非常に興味が尽きないところであり、我々もこの点に於ける市場調査探索を重点テーマとした。
「センサーネットワーク」といってもこれが「センサーネットワーク」だ!と断言出来るほど市場が規定されている訳ではない。センサーの種類は多岐に渉っており、ミクロではデバイス開発から、マクロでは社会システムのフレームワーク設計と実施など「センサーネットワーク」の範囲は取組む対象によって様々となっている。よって市場に存在する様々なプレイヤーから情報を収集することが今後を示唆するものを導き出すことになると考えた。
 今回、「センサーネットワーク」先端企業探索一覧やビジネスプレイヤー各位の取り組みを中心として「センサーネットワーク」に対する方向感を抽出することを目標にし、技術の適用分野や社会システムにおける個別の取り組みを材料にその未来像や課題の一端に触れる事が出来れば幸いと思い調査に取り組んだ次第である。特に「センサーネットワーク」は昨今のITブームの潮流から出現したものではなく、人間の五感を拡張し計量に対する正確性をより深める等自動化手法、データ取得手法において過去より継続して進歩して来た分野でもある。新幹線の自動運転と事故時の列車自動停止、交通信号の制御、降雨量測定器と気象庁コンピュータの連動による天気予報等々がどれだけの効果をもたらしたか?つまり「センサーネットワーク」は古くて新しいテーマであり、ITとの融合により現在も新たな価値を産み出そうと進化中の段階のテーマとなっている。
センサーデバイスもこれ迄捉えることが不可能であったデータを検知することを可能にする取り組みが盛んとなっており、今後も人の心が解るセンサーなど新たな発明、発見も現れて来ることが予測できる。
 本書の活用により、読者各位における「センサーネットワーク」ビジネスや「ITとセンサーのコラボレーション」ビジネスといった事業展開の中で少しでも新たなアイデアを想起して頂けることが我々の本意とする処であり、その成果の現出を切に願うものである。
 

【調査対象】

「センサーネットワーク」ポテンシャル・マトリックスリスト「134社・団体」を中心に調査・分析を行った。

【調査方法】

弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査期間】

2004年2月10日~2004年3月10日

【目次】

<詳細はこちら>

【ISBNコード】

ISBN4-901872-10-9 C2034

【企画・監修・編集】

(株)ESP総研

【調査・分析・レポーティング】

(株)ESP総研、(資)先端ビジネス研究所

【ビジネスイラスト作成】

佐藤 真依奈、大石 あきら

<調査レポート一覧へ>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 2004年 「センサーネット」先端ビジネス探索総調査

【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格100,000円+税
2)CD-R:本体価格100,000円+税
3)1)2)のセット価格:本体価格150,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2004年3月20日
【報告書体裁】 A4版 オフセット印刷
【ページ数】 合計283ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー