2002年「ユビキタス」先端ビジネス探索総調査

<2002年7月8日発刊>

「ユビキタス」キーワードから派生する先端ビジネスポテンシャル領域のスクリーニング!

下記1)~4)を多面的に調査し「ユビキタス」先端ビジネス実態を追求!
未来像を描写!

1.時流を牽引する「ユビキタス」先進企業/「ユビキタス・ポテンシャル・プレイヤー」
 を幅広く(1190社/部門)発掘!⇒「ユビキタス」ポテンシャル・プレイヤー別/
 未来着眼ポイント×マトリックスの作成
2.「ユビキタス・ポテンシャル・プレイヤー(1190社/部門)」から抽出された未来着眼
 ポイント/ポテンシャル・キーワード゛<主要11キーワード>を分析(着眼フロー図
 作成/キーワード分析)
3.「ユビキタス」先端ビジネス・プレイヤーにおける先端ビジネス(ソリューション&
 サービス)の実態を多面的に調査・分析⇒実態調査から得られた「ユビキタス」
 インパクトをイラスト化(現状から未来へのシナリオ)
4.ユビキタス化による市場創出分野はどこか?/「先端」的なユビキタス・ビジネス・
 モデルは?/マーケットポテンシャルはどこに向うのか?

【調査目的と背景】

「IT革命」と呼ばれる時代の変革を経て、社会に存在する誰もが日常生活の中で時間と距離を越えて情報を活用できるという新しい情報社会(ユビキタス・ネットワーク社会)が到来しつつある。
 「ユビキタス」とは1990年代に(米)ゼロックス社のマーク・ワイザー氏によって提唱された「ユビキタス・コンピューティング」から来ている言葉であり、ラテン語で「どこにでも(至る所に)コンピュータがある」「普遍的」「遍在するコンピュータを活用する」等といった社会の実現を目指す概念的な未来キーワードとして最近では頻繁に利用されている。「ユビキタス」ではコンピュータが自分の持っている情報のみで判断を行うのではなく、どこにでも埋め込まれていて目に見えないコンピュータ群がネットワークで相互に結びつき人間・機械系の高度な協調・調和を実現できる新しい環境、時流として期待されている。
 ここでいうコンピュータとは携帯電話やパソコン、冷蔵庫や洗濯機等のインターネット家電製品、ゲーム機、車、時計、外出先の自動販売機等人間以外のあらゆる機械(電子機器)を指す。これらがネットワークを通じて結び合い、「いつでも」「どこでも」「誰でも」必要な情報を自由にやりとりできる。こうした「ユビキタス技術」をベースとして「ユビキタスネットワーク」「ユビキタスサービス」を独自にお客様向けにソリューションやサービスとして提供しようとしている先進的な企業が2001年頃から台頭し始めている。
 「ユビキタス」社会に向って、時流を牽引しようとしているこうした先進的な「ユビキタス・ポテンシャル・プレイヤー」はどんなタイプの企業が挙げられるのか?これからを担う未来型企業が着眼しているポイント(注目キーワード)は何か?ユビキタスに関連するソリューション&サービスを具体的に打ち出している先端的なプレイヤーはどのような「ユビキタス」ビジネス・モデルを構築し対外的にソリューション提供しようとしているのか?等といった実態的な調査を2002年5月~2002年6月にかけて実施することとなった。個別にユビキタス・ソリューション・ケーススタディを分析することに加えて、実態調査から得られた調査結果を踏まえて近未来のビジネスシーン、現状から未来へのシナリオを描くことを主目的とした。
 ユビキタス化による市場創出分野はどのような分野か?「先端」的なユビキタス・ビジネス・モデルはどんな種類が挙げられるのか?マーケットポテンシャル(顧客志向の変化)はどの方向に向うのか?を探索すべく多面的な視点で調査に臨んだ。

 

【調査対象】

1)ユビキタス・ポテンシャル探索総調査
・単純に「ユビキタス」キーワードからヒット検索された「ユビキタス×プレイヤー」「ユビキタス×サービス」「ユビキタス×ソリューション」等を抽出し、ユビキタス・ポテンシャル・プレイヤー(対外的に”ユビキタス”を謳っている企業)をマトリックスに整理した。抽出されたユビキタス・ポテンシャル・プレイヤーに対して未来着眼ポイント「ユビキタス関連分野/注目キーワード」をTEL取材を中心にヒアリングした。その後マトリックスを作成し多面的な分析を行った。

2)「ユビキタス」先端ビジネス探索総調査
・1)で未来着眼ポイントを抽出しつつ、ユビキタスに関連した先端的なソリューション&サービスを対外的に展開しているプレイヤーを「ユビキタス」先端ビジネスプレイヤーと捉え面接調査を中心に「実態調査」を実施した。

【調査方法】

弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査期間】

2002年5月8日~2002年6月24日
(※ユビキタス・ポテンシャル・プレイヤー抽出作業は2002年4月25日~2002年5月7日
まで実施)

1)2002年5月8日~2002年5月22日<抽出されたユビキタス・ポテンシャル・
 プレイヤーに対して未来着眼ポイントをヒアリング⇒ユビキタス関連分野/注目
 キーワード×マトリックス作成>
2)2002年5月23日~2002年6月24日<1)の未来着眼ポイントを抽出しつつ対外的に
 ユビキタス先端ビジネス(特にソリューション&サービス)を展開していると謳って
 いる企業に対して、実態的なユビキタス・ビジネスについて多面的にヒアリングした。

【目次】

<詳細はこちら>

【ISBNコード】

4-901872-04-4 C2034

<調査レポート一覧へ>

-試読希望・お問合わせ・お申し込みについて-

【資料名】 『2002年「ユビキタス」先端ビジネス探索総調査』
【頒価】 本体価格95,000円+税
【発刊日】 2002年7月8日
【報告書体裁】 A4版 オフセット印刷
【ページ数】 合計303ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください。

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー