(海外)『XMLデータ・ストレージ・テクノロジとトレンド』(2002年3月刊行)

<2002年3月発刊>

要旨

 ファイル・システムや、リレーショナル、およびオブジェクト指向のデータベース管理システムは、これまでデータの保管や取得に関するニーズを満たしてきたが、XMLの導入に伴い、体系化された階層化手法で情報を取得できるよう、情報の保存方法に関する新しい要件が必要である。ZapThinkのリポート「XMLデータ・ストレージ・テクノロジとトレンド」では、XMLの保存と取得に関する要件を満たすことを目的としたさまざまな商業上の選択肢について言及し、こうした製品のメリット、デメリット、主な市場活性化要因、市場サイズや成長性を明らかにしている。

『XMLデータ・ストレージ・テクノロジとトレンド』

リポートの範囲

拡張マークアップ言語(XML)テクノロジの使用と採用は急激に増加を続けており、作成したXML文書の保存、取得、および検索のメカニズムへのニーズが生じている。
ファイル・システムや、リレーショナルおよびオブジェクト指向のデータベース管理システムは、過去数年にわたりデータの保存や取得に関するニーズを満たしてきたが、XMLの導入に伴い、構造化された階層化手法で情報を取得できるよう、情報の保存方法に関する新しい要件が必要である。
 ZapThinkのリポート「XMLデータ・ストレージ・テクノロジとトレンド」では、XMLの保存と取得に関する要件を満たすことを目的としたさまざまな商業上の選択肢について言及し、こうした製品のメリット、デメリット、主な市場活性化要因、市場サイズや成長性を明らかにしている。

記載内容
●XMLストレージの要件
●XMLの保存と取得の活性化要因
●XMLドキュメント・ストレージの選択肢
・リレーショナル・ストアの採用(XML“拡張”)
・“ネイティブ”XMLデータ・ストア(NXD)
・コンテンツ管理およびその他の選択肢
●上記の各アプローチのメリットとデメリット
●XMLストレージ・ソリューションの導入に伴う投資利益(ROI)
●XMLドキュメントの検索と取得における主な標準
●XMLストレージ製品市場の成長と規模
●XMLストレージ市場の成長抑制要因
●XMLストレージ・ソリューションを提供する主要ベンダの概要

リポートで取り扱わない内容
●コンテンツ管理ソリューション
●EAI (Enterprise Application Integration)およびB2B統合ソリューション
●XMLを固有のアーキテクチャとして保存しない、あるいはデータベースのように動作するインターフェイスをユーザーに表示しないデータ統合アプリケーション

【目次】

<詳細はこちら>

【制作・発行】

(米国)ZapThink, LLC

【販売】

(株)ESP総研

<調査レポート一覧へ>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『XMLデータ・ストレージ・テクノロジとトレンド(ネイティブXMLデータ・ストア(NXD)とXML拡張RDBMS)』
【頒価】 本体価格95,000円+税
【発刊日】 2002年3月
【報告書体裁】 A4版 オフセット印刷
【ページ数】 合計59ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください。

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー