2009年「循環統計学」による今後5ヵ年に関するITを軸とした未来の可視化/近未来イノベーション・シーンに関する創造提言<【印刷タイプ/CD-Rタイプ】>

1)海上学聖先生へのインタビューから抽出された(極めて)斬新なシーン、観点・インパクトをマージ・融合した近未来×総括絵描写、「循環統計学」によって見えてきた「今後5ヵ年の未来シーン」~「現在」→「未来(今後5か年)」の「Before」→「After」変化シーン~ ※海上学聖先生の「未来予測(コメント)」より、?ESP総研抽出・創造(総括絵10枚、個票絵80枚)
2)時間軸を明確化した上での今後5ヵ年のマクロ的な近未来予測<マクロ経済/業種・業界別>を総括!
(1)循環統計学の適用範囲・対象(2)循環統計学の基本:三元周期の原理(180年で一巡する)(3)循環統計学の周期(180年で一巡)と今現在の位置づけ(4)業種別吉凶<平成16年度~平成35年度(20年間)>(5)業種別吉凶<平成16年度~平成35年度(20年間)>(6)業種別吉凶<平成16年度~平成25年度(前半10年間)>(7)業種別吉凶<平成26年度~平成35年度(後半10年間)>(8)業種別吉凶<平成20年度~平成25年度(6年間)> ※9種類の業種・業界別 区分・定義(早見表)
<1>平成21年度の予測(2009年2月4日~2010年2月3日)
<2>平成22年度の予測(2010年2月4日~2011年2月3日)
<3>平成23年度の予測(2011年2月4日~2012年2月3日)
<4>平成24年度の予測(2012年2月4日~2013年2月3日)
<5>平成25年度の予測(2013年2月4日~2014年2月3日)
3)海上学聖先生へのインタビュー生レポート(個票:17ファイル)

【レポート目的と背景】

今や全世界(万人)において世界経済が急速に悪化したこと(未曾有の世界同時不況)による「先行不安」が拡がっている。「いつ頃良くなるのか?」「いつまでこの状態が続くのか?」
この不安心理は2008年9月のリーマンショック以降、連日のTV報道等を中心に繰り返し放映されたことも影響し、一気に増大していった。
TV番組等では頻繁に「100年に一度の大不況」といった言葉が使われるようになった。それ程、誰しも(経営者、労働者、生活者である国民1人1人)が「先行不安」を意識する毎日が続くようになった。
こうした中でESP総研に対し、確固たる理論を基に時間軸を明確にした上で5年先までの未来を(仮説として)予測できないものか?業種・業界別に今後5ヵ年についてマクロ的に景気予測が行えないのか?万人にとって直ちに理解・咀嚼・活用できるように5ヵ年先までの「未来絵(未来シーン)」を描けないものか?「5ヵ年先までの未来予測」を映像にて発信してもらえないか?といったご意見・ご要望を「中小企業経営者」「大企業内のプレゼンテーター、研究者、営業責任者(マーケティング部門、研究開発部門、ソリューション営業部門)」の方々から数多く頂いた。
そのような皆様からのリクエストに最大限に応えることはできないものか?真剣に模索・検討した。その結果、「循環統計学」の権威である「海上学聖」(うながみがくしょう)先生を思い出した。ESP総研の顧問である。
創業以来(10年間)、市場黎明期のテーマを軸に常に最先端分野を取材・市場予測(未来絵による市場予測提言)してきたESP総研と循環統計学の権威である「海上学聖」先生とのコラボレーションによって皆様が抱えている「先行不安」を払拭できると確信した。
それはなぜか?「海上学聖」先生はESP総研の顧問として、ESP総研の創業(1999年8月)以来、毎年ESP総研の経営に起こること(良いこと、悪いこと、シナリオ)のみならずマクロ的な(経営)外部環境の変化=毎年の景気動向を予測し続け、見事に的中させ続けてきたからだ。つまり直近の10年間、ESP総研は「海上学聖」先生が発する助言データ(未来予測シナリオ)について身をもって(如何に「海上学聖」先生が発信する「循環統計学」の情報が本物であるかどうか?を)検証してきたのである。
この未来予測根拠「循環統計学」を多面的に咀嚼・活用し、万人にとって確実に役に立つ「5ヵ年先までの具体的な未来情報」を的確に可視化し皆様に対して発信(貢献)しよう!
今こそ、本物情報で万人が求めてやまない「5ヵ年先までの具体的な未来情報」、全世界の人々にとって役に立つ「未来予報」を発信していかなくてはと心から強く決意した次第である。 

【インタビュー対象】

・「循環統計学」権威である「海上学聖」(うながみ がくしょう)氏
【プロフィール】
<聖数命理学宗家・至聖会主幹 出身地・東京都 昭和25年2月12日生まれ(58歳)>
聖数命理学・創始者である父(海上静治)の跡を継ぎ、昭和55年に運命鑑定士として独立。東京易占学校講師(昭和62年~平成10年)、社団法人日易連東部支部講師(昭和63年~平成11年)、川口易学クラブ(昭和63年~平成11年)、社団法人日本易学連合会専務理事(~平成8年)を経て平成7年、運命学研究会「至聖会」を発足。
父の没後、聖数命理学宗家を襲名、正統派の運命学の普及とプロ鑑定師の育成を目指し各種運命学の教室を開催し現在に至る。
現在、宗家直門師範「80名」を擁する。

【専門分野は法人鑑定(法人コンサルタント)】
法人の企業体質(業務内容と適性の関係)の鑑定を得意とし、社員の適性能力による人事鑑定、会社設立日の選定、社名変更(再登記)による企業体質の改善法の指導、取引相手の経営状態など法人鑑定全般の相談を受ける傍ら、異業種交流会にて、景気展望の講演会や業界予測の講演を数多くこなす。

【インタビュー方法】

・弊社専門インタビュアにより、東京都内の某ホテルにて「循環統計学」権威である「海上学聖」氏に2日間(2008年11月19日~2008年11月20日)にわたってインタビューを行った。(インタビューを行った時間であるが、トータルで約6時間程度であった。)

【レポート期間】

・2008年11月19日(インタビュー開始)~2009年3月22日(未来の可視化デザイン終了)

【目次】

1. 「循環統計学」による今後5ヵ年に関するITを軸とした未来の可視化/近未来イノベーション・シーンに関する創造提言(海上学聖先生へのインタビューから抽出された(極めて)斬新なシーン、観点・インパクトをマージ・融合した近未来×総括絵)P0
1. 【未来予測方法・時代の潮流・未来の時間軸】 7枚を融合 合計(80枚)の <8.75%> P1
2.【平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>】 16枚を融合 合計(80枚)の <20.0%> P2
3.【平成22年度(2010年2月4日~2011年2月3日)の予測/未来の可視化<渋滞と変革の年>】 8枚を融合 合計(80枚)の <10.0%> P3
4.【平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>】 16枚を融合 合計(80枚)の <20.0%> P4
5.【平成24年度(2012年2月4日~2013年2月3日)の予測/未来の可視化<投資と拡張の年>】 8枚を融合 合計(80枚)の <10.0%> P5
6.【 平成25年度(2013年2月4日~2014年2月3日)の予測/未来の可視化(まとめ)<渋滞と壊乱の年>】 6枚を融合 合計(80枚)の <7.5%> P6
7. 【平成20年度~平成21年度にかけての「吉凶(○×)」のまとめ】 7枚を融合 合計(80枚)の <8.75%> P7
8. 【平成16年度~平成35年度までの20年間における○×<吉凶>】 2枚を融合 合計(80枚)の <2.5%> P8
9. 【具体的な未来イメージ・シーン】 5枚を融合 合計(80枚)の <6.25%> P9
10. 【ライフスタイル・ワークスタイルの変化&IT産業(業界)の役割・使命】 5枚を融合 合計(80枚)の <6.25%> P10

2.「循環統計学」によって見えてきた「今後5ヵ年の未来シーン」~「現在」→「未来(今後5か年)」の「Before」→「After」変化シーン~ ※海上学聖先生の「未来予測(コメント)」より、?ESP総研抽出・創造 P11
1)未来予測方法・時代の潮流・未来の時間軸(1)P12
1)未来予測方法・時代の潮流・未来の時間軸(2)P13
1)未来予測方法・時代の潮流・未来の時間軸(3)P14
1)未来予測方法・時代の潮流・未来の時間軸(4)P15
1)未来予測方法・時代の潮流・未来の時間軸(5)P16
1)未来予測方法・時代の潮流・未来の時間軸(6)P17
1)未来予測方法・時代の潮流・未来の時間軸(7)P18
2)ライフスタイル・ワークスタイルの変化&IT産業(業界)の役割・使命(1)P19
2)ライフスタイル・ワークスタイルの変化&IT産業(業界)の役割・使命(2)P20
2)ライフスタイル・ワークスタイルの変化&IT産業(業界)の役割・使命(3)P21
2)ライフスタイル・ワークスタイルの変化&IT産業(業界)の役割・使命(4)P22
2)ライフスタイル・ワークスタイルの変化&IT産業(業界)の役割・使命(5)P23
3)具体的な未来イメージ・シーン(1)P24
3)具体的な未来イメージ・シーン(2)P25
3)具体的な未来イメージ・シーン(3)P26
3)具体的な未来イメージ・シーン(4)P27
3)具体的な未来イメージ・シーン(5)P28
4)平成16年度~平成35年度までの20年間における○×<吉凶>(1)P29
4)平成16年度~平成35年度までの20年間における○×<吉凶>(2)P30
5)平成20年度~平成21年度にかけての「吉凶(○×)」のまとめ(1)P31
5)平成20年度~平成21年度にかけての「吉凶(○×)」のまとめ(2)P32
5)平成20年度~平成21年度にかけての「吉凶(○×)」のまとめ(3)P33
5)平成20年度~平成21年度にかけての「吉凶(○×)」のまとめ(4)P34
5)平成20年度~平成21年度にかけての「吉凶(○×)」のまとめ(5)P35
5)平成20年度~平成21年度にかけての「吉凶(○×)」のまとめ(6)P36
5)平成20年度~平成21年度にかけての「吉凶(○×)」のまとめ(7)P37
6)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)を中心とした 業種・業界課題<離反と拡散の年>(1)P38
6)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)を中心とした 業種・業界課題<離反と拡散の年>(2)P39
6)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)を中心とした 業種・業界課題<離反と拡散の年>(3)P40
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(1)P41
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(2)P42
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(3)P43
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(4)P44
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(5)P45
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(6)P46
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(7)P47
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(8)P48
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(9)P49
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(10)P50
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(11)P51
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(12)P52
7)平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測/未来の可視化<離反と拡散の年>(13)P53
8)平成22年度(2010年2月4日~2011年2月3日)の予測/未来の可視化<渋滞と変革の年>(1)P54
8)平成22年度(2010年2月4日~2011年2月3日)の予測/未来の可視化<渋滞と変革の年>(2)P55
8)平成22年度(2010年2月4日~2011年2月3日)の予測/未来の可視化<渋滞と変革の年>(3)P56
8)平成22年度(2010年2月4日~2011年2月3日)の予測/未来の可視化<渋滞と変革の年>(4)P57
8)平成22年度(2010年2月4日~2011年2月3日)の予測/未来の可視化<渋滞と変革の年>(5)P58
8)平成22年度(2010年2月4日~2011年2月3日)の予測/未来の可視化<渋滞と変革の年>(6)P59
8)平成22年度(2010年2月4日~2011年2月3日)の予測/未来の可視化<渋滞と変革の年>(7)P60
8)平成22年度(2010年2月4日~2011年2月3日)の予測/未来の可視化<渋滞と変革の年>(8)P61
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(1)P62
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(2)P63
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(3)P64
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(4)P65
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(5)P66
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(6)P67
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(7)P68
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(8)P69
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(9)P70
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(10)P71
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(11)P72
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(12)P73
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(13)P74
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(14)P75
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(15)P76
9)平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測/未来の可視化<不足と毀損の年>(16)P77
10)平成24年度(2012年2月4日~2013年2月3日)の予測/未来の可視化<投資と拡張の年>(1)P78
10)平成24年度(2012年2月4日~2013年2月3日)の予測/未来の可視化<投資と拡張の年>(2)P79
10)平成24年度(2012年2月4日~2013年2月3日)の予測/未来の可視化<投資と拡張の年>(3)P80
10)平成24年度(2012年2月4日~2013年2月3日)の予測/未来の可視化<投資と拡張の年>(4)P81
10)平成24年度(2012年2月4日~2013年2月3日)の予測/未来の可視化<投資と拡張の年>(5)P82
10)平成24年度(2012年2月4日~2013年2月3日)の予測/未来の可視化<投資と拡張の年>(6)P83
10)平成24年度(2012年2月4日~2013年2月3日)の予測/未来の可視化<投資と拡張の年>(7)P84
10)平成24年度(2012年2月4日~2013年2月3日)の予測/未来の可視化<投資と拡張の年>(8)P85
11)平成25年度(2013年2月4日~2014年2月3日)の予測/未来の可視化<壊乱と破壊の年> (1)P86
11)平成25年度(2013年2月4日~2014年2月3日)の予測/未来の可視化<壊乱と破壊の年> (2)P87
11)平成25年度(2013年2月4日~2014年2月3日)の予測/未来の可視化<壊乱と破壊の年> (3)P88
11)平成25年度(2013年2月4日~2014年2月3日)の予測/未来の可視化<壊乱と破壊の年> (4)P89
11)平成25年度(2013年2月4日~2014年2月3日)の予測/未来の可視化<壊乱と破壊の年> (5)P90
11)平成25年度(2013年2月4日~2014年2月3日)の予測/未来の可視化<壊乱と破壊の年> (6)P91

3.総括編 1)結論(今後5ヵ年のマクロ的な近未来予測)<マクロ経済/業種・業界別>P92
(0)循環統計学の適用範囲・対象P93
(1)循環統計学の基本:三元周期の原理(180年で一巡する)P94
(2)循環統計学の周期(180年で一巡)と今現在の位置づけ(1)P95
(2)循環統計学の周期(180年で一巡)と今現在の位置づけ(2)P96
(3)業種別吉凶<平成16年度~平成35年度(20年間)>P97
(3)業種別吉凶<平成16年度~平成35年度(20年間)>P98
(4)業種別吉凶<平成16年度~平成25年度(前半10年間)>P99
(5)業種別吉凶<平成26年度~平成35年度(後半10年間)>P100
(6)業種別吉凶<平成20年度~平成25年度(6年間)>P101
(7)平成21年度の予測(2009年2月4日~2010年2月3日)P102
(8)平成22年度の予測(2010年2月4日~2011年2月3日)P103
(9)平成23年度の予測(2011年2月4日~2012年2月3日)P104
(10)平成24年度の予測(2012年2月4日~2013年2月3日) P105
(11)平成25年度の予測(2013年2月4日~2014年2月3日)P106

2)結論(今後5ヵ年×1年毎の近未来予測)<マクロ経済/業種・業界別>P107
(1)業種別吉凶<平成20年度>P108
(2)平成21年度の予測(2009年2月4日~2010年2月3日)P109
(3)業種別吉凶<平成21年度>P110
(4)平成22年度の予測(2010年2月4日~2011年2月3日)P111
(5)業種別吉凶<平成22年度>P112
(6)平成23年度の予測(2011年2月4日~2012年2月3日)P113
(7)業種別吉凶<平成23年度>P114
(8)平成24年度の予測(2012年2月4日~2013年2月3日)P115
(9)業種別吉凶<平成24年度>P116
(10)平成25年度の予測(2013年2月4日~2014年2月3日)P117
(11)業種別吉凶<平成25年度>P118

3)9種類の業種・業界別 区分・定義P119
(1)「一白水星(いっぱくすいせい)」の業種・業界とは?P120
(2)「二黒土星(じこくどせい)」の業種・業界とは?P121
(3)「三碧木星(さんぺきもくせい)」の業種・業界とは?P122
(4)「四緑木星(しろくもくせい)」の業種・業界とは?P123
(5)「五黄土星(ごおうどせい)」の業種・業界とは?P124
(6)「六白金星(ろっぱくきんせい)」の業種・業界とは?P125
(7)「七赤金星(ななせききんせい)」の業種・業界とは?P126
(8)「八白土星(はっぱくどせい)」の業種・業界とは?P127
(9)「九紫火星(きゅうしかせい)」の業種・業界とは?P128
(10)各星の基本象意(9種類別)P129

4.個票編
4-1.未来予測方法・時代の潮流・未来の時間軸P130
4-2.平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測(可視化)(1)P138
4-2.平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)の予測(可視化)(2)P144
4-3.平成22年度(2010年2月4日~2011年2月3日)の予測(可視化)P147
4-4.平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)の予測(可視化)P155
4-5.平成24年度(2012年2月4日~2013年2月3日)の予測(可視化)P163
4-6.平成25年度(2013年2月4日~2014年2月3日)の予測(可視化)P170
4-7.平成21年度を中心とした業種・業界課題P175
4-8.具体的な未来イメージ・シーンP179
4-9.ライフスタイル・ワークスタイルの変化& IT産業(業界)の役割・使命P183
4-10.平成20年度(まとめ)~平成21年度(良い方向まで)P187
4-11.平成21年度(2009年2月4日~2010年2月3日)のまとめP195
4-12.平成22年度(2010年2月4日~2011年2月3日)のまとめP198
4-13.平成23年度(2011年2月4日~2012年2月3日)のまとめP203
4-14.平成24年度(2012年2月4日~2013年2月3日)のまとめP208
4-15.平成25年度(2013年2月4日~2014年2月3日)のまとめP211
4-16. 20年間(平成16年度~平成35年度)における相対的な吉凶(○×)P214

(合計215ページ)

【ISBNコード】

ISBN978-4-901872-32-4 C2034

【企画・プレゼンテーター・インタビュー・レポーティング・可視化デザイン・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)プレゼンテーター:海上 学聖
3)インタビュー・分析・レポーティング:ESP総研 
(1)インタビューアプローチ、取材:村岡 正悦、本間 明
(2)レポート作成:村岡 正悦、渡邉 祐介
(3)総括作成、(未来絵)イラスト観点抽出・指示:村岡 正悦
(4)ビジネスイラスト作成:後藤 英雄
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2009年「循環統計学」による今後5ヵ年に関するITを軸とした未来の可視化/近未来イノベーション・シーンに関する創造提言<【印刷タイプ/CD-Rタイプ】>』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格28,000円+税<※1部カラー>

2)CD-R:本体価格28,000円+税<※全てカラー>
3)1)2)のセット価格:本体価格42,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2009年3月23日
【報告書体裁】 A4版 オンデマンド印刷
【ページ数】 合計215ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー