2009年「位置捕捉」ビジネス白書<上巻:屋内編/下巻:屋外編>(?.未来絵)

~「位置捕捉ビジネス(屋内/屋外)」がもたらす近未来市場(社会)創造、インタビューから(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化~
<上巻:屋内編(総括絵12枚、個票絵98枚)/下巻:屋外編(総括絵1枚、個票絵18枚)>

【報告書の活用方法・シーン、(活用)価値について】

【絵のカットは次のような視点で(御社)事業に役立てて頂きたい。】
(1)斬新な絵のカット・シーンを事業計画(推進)上の「気付き」として活用願いたい。(2)「未来絵」には需要(高)のソリューション提案の切り口も含まれることから、どういったフィールドにどういった提案が求められているのか?新たなポテンシャルならびに事業機会を見い出して頂きたい。(3)顧客への差別化提案に役立つフィールド別提案シーンとなっていることから、最終顧客への説得・提案資料として活用頂きたい。

【調査対象】

1)屋内位置捕捉:ESP総研が過去から取材を行ってきた人脈=企業・団体(各省庁や業界団体も含む)等合計で29社
2)屋外位置捕捉: Web上にて「位置管理」「位置検知」「位置情報」と言及している企業・団体(各省庁や業界団体も含む)等合計で565社・団体
→上記全てに電話+Eメールにて訪問取材アプローチを行い、「位置捕捉」事業責任者or知見者【(1)屋内位置捕捉:リスト&コール全体の58.6%<合計17社>が取材協力OKだった(2)屋外位置捕捉:リスト&コール全体の2.1%<合計12社>が取材協力OKだった】にリーチし取材→テープ起こしを行い、絵の制作指示→絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

【調査方法】

・弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査期間】

1)屋内位置捕捉:2008年11月27日(取材開始)~2009年7月27日(絵の制作終了)
2)屋外位置捕捉:2008年12月1日(取材開始)~2009年5月6日(絵の制作終了)

【目次】

~「屋内位置捕捉(ビジネス)」がもたらす近未来市場(社会)創造、インタビューから(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵12枚、個票絵98枚)~ P1
<総括絵>
~※シェアが大きい順にナンバー付けした。
1.【倉庫・工場】 30枚を融合 合計(98枚)の <30.6%> P2
2. 【ビル・オフィス・研究所】 16枚を融合 合計(98枚)の <16.3%> P3
3.【病院・薬局】 11枚を融合 合計(98枚)の <11.2%> P4
4.【店舗・遊戯施設・ホテル】 9枚を融合 合計(98枚)の <9.2%> P5
5.【交通・道路・車】 6枚を融合 合計(98枚)の <6.1%> P6
6.【学校】 5枚を融合 合計(98枚)の <5.1%> P7
7.【駅・鉄道】 5枚を融合 合計(98枚)の <5.1%> P8
8.【データセンター】 5枚を融合 合計(98枚)の <5.1%> P9
9.【工事現場(屋外も含む)】 4枚を融合 合計(98枚)の <4.1%> P10
10.【街・タウン・その他】 3枚を融合 合計(98枚)の <3.1%> P11
11【家・自宅・庭】 2枚を融合 合計(98枚)の <2.0%> P12
12.【展示施設】 2枚を融合 合計(98枚)の <2.0%> P13

屋内位置捕捉×個票絵:総括絵 対比表

<個票絵>
(1-1)土木現場×トンネル工事×安全管理ニーズ→根強い需要(?日立製作所) P14
(1-2)セキュリティスタイルの変化・進化(?日立製作所) P15
(2-1)ビル内の点検管理の場所をトラッキング(ハネウェルジャパン?) P16
(2-2)ガードマンの巡回監視(ハネウェルジャパン?) P17
(2-3)ミッションクリティカル(消防、警察、レスキュー)×侵入地点&動き・状態追跡(ハネウェルジャパン?) P18
(2-4)自分がどこにいて、誰に会わなければならないか?を建物の中で自動的に言ってくれるロボット(ハネウェルジャパン?) P19
(2-5)事件、事故時の危険領域特定・原因追及<独立型の自律位置捕捉機器>(ハネウェルジャパン?) P20
(2-6)炭鉱現場(地下)での自分の位置管理(ハネウェルジャパン?) P21
(3-1)マテハン×特急ロット×ウェイティング位置確認(丸紅情報システムズ?) P22
(3-2)製造業における仕掛かり管理×位置把握(丸紅情報システムズ?) P23
(4-1)製造工場で作られている大きいサイズの「モノ」の位置管理ニーズが拡大(NECエンジニアリング?) P24
(4-2)フォークの運行をいかに効率良く回すのか?工程管理を行う為に、例えば今、製品がどのラインのどの位置にあるのか?といった位置捕捉需要(NECエンジニアリング?) P25
(4-3)動線を管理し、例えば棚にあるレイアウトを変更することで業務効率UP(NECエンジニアリング?) P26
(4-4)店舗における従業員の動線管理需要 (NECエンジニアリング?) P27
(4-5) 絵の前に行った際の情報案内、詳細な解説、着くまでの経路案内といったCS(顧客満足度)向上分野での需要拡大(NECエンジニアリング?) P28
(4-6)高価な物(モノ)、例えば生産設備紛失対策に活用(NECエンジニアリング?) P29
(4-7)予定管理→実績としての可視化管理(NECエンジニアリング?) P30
(4-8)動きの無駄を可視化(NECエンジニアリング?) P31
(4-9)レイアウト変更のためのデータ計測(NECエンジニアリング?) P32
(5-1)掃除婦がしっかりと掃除したのか?をシステムでチェック・管理する需要(スプリームシステムコンサルティング?) P33
(5-2)人の位置をセンシング→適切な広告を出す(スプリームシステムコンサルティング?) P34
(5-3)カートにLCDを付ける→デジタルサイネージ・ソリューション(スプリームシステムコンサルティング?) P35
(5-4)(室外)人工芝刈り機等のロボット、室内を綺麗に掃除するロボットへの期待(スプリームシステムコンサルティング?) P36
(5-5)位置情報を広告活動に反映 (スプリームシステムコンサルティング?) P37
(6-1)高価な医療機械→病棟で貸し出し紛失防止(?メリテック) P38
(6-2)ホテルにおけるアセット管理(?メリテック) P39
(6-3)車椅子盗難防止(?メリテック) P40
(7-1)老人におけるベットからの転落事故検出→ベット見守りシステム(古河機械金属?) P41
(7-2)生産工場の人件費削減、効率改善による現場の見える化(古河機械金属?) P42
(7-3)二人いなければ、どうしても何かあった時に困るといった危険エリアでの可視化(古河機械金属?) P43
(8-1)エンジンやタイヤの脚周りにおけるボルトの締め忘れ(?アイオイ・システム) P44
(8-2)工場における流れ作業時の間違い回避(?アイオイ・システム) P45
(8-3)長期保管に伴う品質劣化防止対策(?アイオイ・システム) P46
(8-4)モノの紛失に伴い、紛失物が見つかるまでの徹夜作業負荷軽減・解消(?アイオイ・システム) P47
(8-5)倉庫にあるはずのものがないといったことに対する対策・手段(?アイオイ・システム) P48
(8-6)現場からの勝手な持ち出し管理(?アイオイ・システム) P49
(8-7)高いところから落とす等といった衝撃テストへの活用(?アイオイ・システム) P50
(9-1)店舗における人の出入りカウンター(人間ポインター)×マーケティングへの活用(?サイヴァース) P51
(9-2)大きい建物(展示施設)の中の画面と壁面に投影→人が地図の上に来る:例えばある場所に来ると、ムービーが投影される(?サイヴァース) P52
(9-3)マーケティングに活用→駅や店舗における人カウント作業の削減(?サイヴァース) P53
(9-4)交通量調査における人件費削減(?サイヴァース) P54
(9-5)駅のホームにおける人数制限(?サイヴァース) P55
(9-6)ステレオビジョン活用分野→人がホームから落ちた際の緊急通知に活用(?サイヴァース) P56
(9-7)地下街における混雑把握&デジタルサイネージを活用した広告誘導(?サイヴァース) P57
(10-1)アクティブRFIDを活用した学校(大学)における出席・遅刻・早退確認(?信興テクノミスト) P58
(10-2)アクティブタグ→携帯のストラップが出席管理端末に変化・進化(?信興テクノミスト) P59
(10-3)カードを配布することによる出席管理の改善→登校自動管理(?信興テクノミスト) P60
(10-4)発信機持参による出席管理~学生に与えるサービスの向上に活かす(?信興テクノミスト) P61
(11-1)電車の位置と保全作業員位置の捕捉→電車通過時にアラームを飛ばして避難を促す→危険な場所で作業員の位置捕捉とアラーム発報(?谷沢製作所) P62
(11-2)広い工場における倒れセンサーの活用(?谷沢製作所) P63
(11-3)1人作業支援(?谷沢製作所) P64
(11-4)技術継承×教育ツールへの活用(?谷沢製作所) P65
(11-5)カメラ、映像、地図上への表現による情報共有スピードの向上(?谷沢製作所) P66
(12-1)医療機材管理の需要(?日本エアロスカウト)  P67
(12-2)病院における医療器材の稼働率可視化(見える化)(?日本エアロスカウト) P68
(12-3)作業員の安全管理、勤怠管理(?日本エアロスカウト) P69
(12-4)医療機器の棚卸しに活用(?日本エアロスカウト) P70
(12-5)製造業における倉庫管理×モノの位置把握(?日本エアロスカウト) P71
(12-6)課題、問題、無駄発見のための可視化ツール(?日本エアロスカウト) P72
(12-7)アセット管理によるリソースコントロール(?日本エアロスカウト) P73
(12-8)お年寄りの動き検知→孤独死防止(?日本エアロスカウト) P74
(12-9)渋滞×感知式信号の動的コントロール→動的な交通の最適化(?日本エアロスカウト) P75
(13-1)データセンターにおけるオペレータ/サービスデスクの無人化(?野村総合研究所) P76
(13-2)病院における医師、看護士の位置捕捉(?野村総合研究所) P77
(13-3)工事現場における人の位置捕捉(?野村総合研究所) P78
(13-4)データセンターにおける端末の置き忘れ、端末の管理者、入館者×位置捕捉(?野村総合研究所) P79
(13-5)土地勘のない場所における誘導サービス、ナビゲーション・ガイド(?野村総合研究所) P80
(13-6)フリーアドレス採用×大型ビル・オフィスにおけるプレゼンス連動×人の位置捕捉(?野村総合研究所) P81
(13-7)広大なデータセンターにおけるお客様の存在確認&位置(フロア)把握(?野村総合研究所) P82
(13-8)データセンターにおける遠隔操作支援→立入禁止エリアに近付いた際にアラームを出す等といった仕組み(?野村総合研究所) P83
(13-9)データセンターにおける管理スタッフ無人化(バーチャル管理)→管理者が作業を行う際の位置捕捉&遠隔ナビゲーション(?野村総合研究所) P84
(14-1)建物の中の自動販売機、コピー機等の位置情報との紐付け・管理(日本ヒューレット・パッカード?) P85
(14-2)倉庫におけるモノの管理(フォークリフト~パレット~順番出し~資材管理)×位置捕捉→RFIDソリューション(日本ヒューレット・パッカード?) P86
(14-3)フルオートメーション化→RFID操作・管理→ニアフィード→RFIDを使った位置情報、在庫管理(日本ヒューレット・パッカード?) P87
(14-4)日本版SOX法→(資産)管理需要拡大→管理物×タグ・位置管理(日本ヒューレット・パッカード?) P88
(14-5)行動変化に伴う状況のリアルタイム把握×位置情報連動→自動対応(日本ヒューレット・パッカード?) P89
(14-6)自分の行動パターン化→状態検知→最適移動交通ナビゲーション(日本ヒューレット・パッカード?) P90
(14-7)メンテナンス会社におけるサポートスタッフの位置捕捉→迅速対応(日本ヒューレット・パッカード?) P91
(14-8)人の行動履歴×マーケティング活用、位置情報連携×改札・入館等の情報連携・活用(日本ヒューレット・パッカード?) P92
(14-9)レジャー施設×駅通過人数×人の流れの把握×位置情報連携(日本ヒューレット・パッカード?) P93
(14-10)SUICA×位置情報連動(日本ヒューレット・パッカード?) P94
(15-1)道路上におけるアスファルトを均す大型ローラー:建機誘導×巻き込み事故防止(?アムテックス) P95
(15-2)倉庫における商品位置把握&在庫状況把握、作業員の動き計測・動線チェック(?アムテックス) P96
(15-3)学校に不審者が入らないような対策(?アムテックス) P97
(15-4)薬・薬剤の取り違い防止、成分配合チェック(異物混入チェック)(?アムテックス) P98
(15-5)人命救助:時間との戦い(1秒1秒を争う)の中での機材管理(?アムテックス) P99
(16-1)パレット等搬送器具管理(グローバル視野で)(日本ユニシス?) P100
(16-2)製造現場における正確なロケーション管理→熟練者の管理に貢献、熟練工の高齢化に伴う技術継承に貢献(日本ユニシス?) P101
(16-3)フォークリフト×位置捕捉、オペレーションの簡易化、自動化(日本ユニシス?) P102
(17-1)皇居警察における不審者チェックに活用、警備会社における不審者キャッチ&追跡(高千穂交易?) P103
(17-2)展望台におけるデモンストレーション(パーソントラッキング)→人の集まりによるライトアップ&ライト変化→エンターテイメント的な活用(高千穂交易?) P104
(17-3)パーソントラッキング→人の動き検知(映像反応)→ゲームへの活用(高千穂交易?) P105
(17-4)外周進入セキュリティへの活用(人の位置捕捉)(高千穂交易?) P106
(17-5)認証→持ち出し管理、テレビ局における取材機器×持ち出し管理(高千穂交易?) P107
(17-6)病院における看護士の効率的な入院患者までのルートアクセス管理→患者が命を落とす比率の低下へ(高千穂交易?) P108
(17-7)SOX法に伴う資産管理の需要拡大(高千穂交易?) P109
(17-8)フィジカルセキュリティの可視化、外部業者の位置把握・管理→警備にかかる人件費削減(高千穂交易?) P110
(17-9)商業施設におけるクローズ時間でのパーソントラッキング→人の追跡、異常時のアラーム(カメラとの連動)(高千穂交易?) P111

~「屋外位置捕捉(ビジネス)」がもたらす近未来市場(社会)創造、インタビューから(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵1枚、個票絵18枚)~ P112
<総括絵>
屋外位置捕捉(ビジネス)×総括絵1枚  P113
<個票絵>
(1-1)携帯電話による位置情報(運行情報&渋滞情報)確認(ウェーブオン?) P114
(1-2)地図ナビゲーションの進化&音声ガイダンスの活用(ウェーブオン?) P115
(1-3)位置情報AP:電車の運行情報把握、廃棄物シミュレーション(ウェーブオン?) P116
(2-1)グーグルとの融合&グーグルアースの最大活用(?エクセリ) P117
(2-2)携帯GPSによるタクシー事前ネット予約(?エクセリ) P118
(3-1)買物食材情報の事前収集(在庫や欠品、不足情報の事前把握)(サイバーエリアリサーチ?) P119
(3-2)旅先での行動場所(通過位置)に則した自動情報受信サービス(サイバーエリアリサーチ?) P120
(4)タクシー料金自動計算&タクシー到着時間自動検索(パナソニック?システムソリューションズ社) P121
(5)エージェントによる同じ志向・ニーズを持つ人の位置把握&バーチャル世界でのコミュニケーション誘導→リアル世界でのコミュニケーション・アシスト(?ビーマップ) P122
(6-1)スタンプサービス開始→レコメンド型位置情報の有効活用(マルティスープ?) P123
(6-2) 位置や場所と連動した広告受信の進化(マルティスープ?) P124
(6-3)位置情報によるプライバシー、相対的or絶対的 位置情報の重要さ(マルティスープ?) P125
(7-1)船舶や航空機の位置情報把握による事故救助、事故対処遅延防止(?WINGS) P126
(7-2)位置情報把握による子供の事故防止&二次災害抑止(?WINGS) P127
(8-1)位置情報×アバター(機械)によるone to oneサービス(?マピオン) P128
(8-2)位置情報と連動したエージェントやパーソナライズ機能の向上(?マピオン) P129
(9)地球全体といった視野で見た空間・環境×位置捕捉→活動や行動(リアル&バーチャル)→位置捕捉と連動してビジネス化(東京ガス・エンジニアリング?) P130
(10)食材や惣菜の携帯によるスキャン→カロリー自動把握(?アイラボ) P131

【ISBNコード】

ISBN4-901872-34-6

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研(1)リスト作成:吉川 美知(2)取材アプローチ:<1>屋内位置捕捉→村岡正悦<2>屋外位置捕捉→山野井 康子
(3)取材:<1>屋内位置捕捉→村岡正悦<2>屋外位置捕捉→山野井 香織
(4)(未来絵)イラスト観点抽出・指示:<1>屋内位置捕捉→村岡正悦<2>屋外位置捕捉→山野井 香織(5)ビジネスイラスト作成:後藤 英雄
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2009年「位置捕捉」ビジネス白書<上巻:屋内編/下巻:屋外編>(?.未来絵)』
【頒価】 本体価格30,000円+税<※全てカラー>
【発刊日】 2009年8月2日
【報告書体裁】 A4版 PDF ※目次タイトルリンク付き
【ページ数】 合計131ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー