2008年「センサーネット」ビジネス白書

1.「センサーネット」が拓く近未来市場(社会)創造、先端&有望ビジネス・シーズ、インタビューから(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵10枚、個票絵91枚)

2.「センサーネット」実態ビジネス×市場検証(実態ビジネス×ターゲット・セグメント×ポテンシャリティ探索(屋外分野:22セグメント、屋内分野:55セグメント 別<合計77セグメント 別>×ターゲット視野/重点ターゲット領域のクロス集計・分析)⇒2008年7月~2008年8月時点における「センサーネット」実態市場は?今後の有望ビジネス(分野/アプリケーション)は?短中長期に見た当該ビジネスの方向性と収束度/時間軸別×市場浸透ロードマップを客観評価&多面的に分析(「短期的」「長期的」(実態的)に見て垂直・水平展開できる有望フィールドはどこか?)

3.「センサーネット」実態/潜在市場規模推移(2007年度~2011年度)×セグメント別(屋外/屋内フィールド別、ハードウェア(HW)/ソフトウェア(SW)/SI・カスタマイズ(SI)/コンサルティング・研究開発/サービス(メンテナンス/監視/モニタリング情報提供)別 等)

4.「センサーネット」ビジネスをリードする主要プレイヤー(25社・団体)のマーケティング戦略キーワードを多面的にクロス分析(個票項目分析)!

5.「センサーネット」×主要プレイヤー(25社・団体)の個別ケーススタディ分析(前回:2007年4月~2007年5月調査時点からの差異・進展・変化ポイントは?前々回:2005年11月~2005年12月調査時点からの差異・進展・変化ポイントは?)

【調査目的と背景】

 2008年度下期に入り早くも1ヶ月が経過したが、ついに「センサーネット」ビジネスは「実証実験フェーズ」から「実運用フェーズ」に移行した。最新の「センサーネット」ビジネスが実態的にどの程度進み、短期的かつ長期的に見てどういった分野(セグメント)でどの程度の市場(規模)が見込めるのか?時間軸別に市場浸透ロードマップを客観的にチェックし、「センサーネット」先端&有望ビジネス・シーズの「セグメント別(屋外/屋内)有望度評価」「セグメント別(実態/潜在)市場規模」を定点観測しながら多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰することが継続的に求められている。
 「センサーネット」社会におけるIT利活用の高度化や多彩なサービスの実現には、ヒト・モノ・エリア(周辺環境等)の状況を正確に感知(センシング)・認識し、状況や(屋外、屋内、その中間といったエリア・セグメント毎の)環境に即した最適なサービスへと結びつけるためのユビキタス・センサーネットワーク技術が不可欠となっている。
 この一連の技術の実現により、屋外においては、「環境(温暖化対策等)・省エネ分野)「農業・農家(畜産・家畜、果物×水分制御)」「土木・建築(工事・建築現場)、ゼネコン」「危険領域、危険性が高い現場」「公共インフラ系:電気、ガス、水道、自動検針等)」「河川」「交通・自動車(車)分野」「船・造船」「高い所」「安全管理」「街空間」「東京オリンピックの時に建てた(悪い素材で作った)建物や橋」「橋、鉄道の橋」「小学校の通学路」「駐車場」「自動販売機」「動物(例えば熊等)」「百葉箱」「学校(公共)」「都市エリア」「首都高速道路」「日本車両とJR」、屋内においては、「医療(遠隔医療、医療事故防止)」「倉庫、工場(船舶の工場も含む)、プラント」「省エネ(エネルギーマネジメント、スマートエネルギー)、空調」「オフィス、事務所、ビル」「セキュリティ(ホーム、 ITセキュリティ・監視)」「ホーム(HOME)/家庭内、「住宅」、「家庭」」「健康、ヘルスケア(パーソナル、ヘルスモニタリング、特定検診、人の見守り、メタボ等対策等)」「学校向け:小中高等学校、大学」「食全般(食品店舗、食品、食の安全)」「「原子力発電所(危険地域)」、電力・エネルギー関連会社」「老人・介護施設(老人見守り等)」「エアコン」「コンビニ」「ホームセンター、ショッピングセンター」「生活環境、生活空間」「マンション」「リモコン(リモコン機器メーカー、家電メーカー、AV機器メーカー)」「人間に代わって行うフィールド、人手作業×未自動化(未IT化)」「予知、予防、保全」「配線工事削減」「AMI、水道計(メーター)周り」「塾」「北京オリンピックの強化合宿 ※泳ぎ方のフォーム 等」「造船関係」「公共の施設、施設関係」「イベント会場」「玩具」「なければ困る分野」「工作機械:モーターの劣化」「安全、安心」「製造業」「計装市場」「教育、教材」「研究用(研究機関用)」「気象関連」「農林水産関係、農協」「住宅供給メーカー(***ハウス等)、住宅関係」「塗料関係」「観光」「緊急時・非常時」「避難誘導」「ロボットメーカー」「携帯電話キャリア」「携帯電話向けにソフトウェアを提供している会社」「データセンター、空気の吹き出し口」「エスカレーター」「携帯」「自動車、自動車(業界)」「流通業」「便利」「公共系」「自衛隊」「「放射線テロ」対策」「病室・病院」「エレベータ」等、幅広い社会・経済活動への寄与が期待されている。特に、今後の少子高齢化社会、省エネ・環境推進社会に向けて着実に安全・安心・エコな社会を実現するために「センサーネット」の果たすべき役割は大きいと言えるだろう。
 今なお「センサーネット」は産学官共に最も注目・期待しているポテンシャル・ビジネス・テーマの一つといえよう。
 「センサーネット(ビジネス)」に対する注目度が高まってから(2004年以降)というもの、「センサーネット(ビジネス)」の実態(実状)について定点観測したいといった要望(声)を数多くの企業(業種/部門)から引き続き頂いている。
 従ってESP総研では、「センサーネット(実態)市場」の全貌、将来の見通しを明確化するべく、当該主要企業・団体(25社・団体)へのインタビューを多面的に実施し、2008年7月~2008年8月の間で顕在化している「センサーネット」実態ビジネス&シーズ77セグメントを抽出、ターゲッティング分野×ポテンシャリティ探索・評価、「センサーネット」関連ビジネス市場規模の算出を行った。特に重点を置いたのは77セグメント(屋外/屋内)別「センサーネット(ビジネス)」のポテンシャル・ターゲット視野/重点ターゲット領域のクロス集計・分析、セグメント(ハードウェア/ソフトウェア/SI/コンサルティング・研究開発/サービス)別「センサーネット」実態/潜在規模推移(2007年度~2011年度)の測定である。

【調査対象】

主要「センサーネット」事業者(主要25社・団体)を中心に調査・分析を行った。

【調査方法】

弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査・分析・監修・編集 期間】

2008年7月15日(取材アプローチ開始)~2008年10月8日(多面的分析終了)

【目次】

<詳細はこちら>

【ISBNコード】

ISBN4-901872-30-3 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
調査・分析・レポーティング:ESP総研
1) リスト作成:吉川 美知
2) 取材アプローチ、取材:村岡 正悦
3) 個票作成・分析:村岡 正悦
4) 総括作成・分析、(未来絵)イラスト観点抽出・指示:村岡 正悦
5) ビジネスイラスト作成:後藤 英雄

<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2008年「センサーネット」ビジネス白書』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格100,000円+税
<※1部カラー>

2)CD-R:本体価格100,000円+税<※全てカラー>

3)1)2)のセット価格:本体価格150,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2008年10月8日
【報告書体裁】 A4版 オンデマンド印刷
【ページ数】 合計735ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー