2008年「特定小電力」関連ビジネス市場実態総調査(有望分野・AP/市場規模算出)

<次世代無線技術(テーマ)別×市場調査シリーズ No.2>
『2008年「特定小電力」関連ビジネス市場実態総調査(有望分野・AP/市場規模算出)』

1.「特定小電力」関連×最新市場動向に関する多面的な調査を実施。「特定小電力」技術の適用有望分野・フィールド/対象機器は?「特定小電力」関連ビジネスの実態的なマーケットサイズはどの程度か?有望APは何か?といった3点について重点的且つ多面的に市場調査を実施!今後の当該市場の方向性は?

2.「特定小電力」関連(実態)ビジネスを多面的に市場検証(適用分野・フィールド/搭載機器別セグメント×ポテンシャリティ探索(屋外×適用分野・フィールド:29セグメント、屋外×搭載機器:2セグメント、屋内×適用分野・フィールド:36セグメント、屋内×搭載機器:11セグメント 別×売上(市場)規模価値比率のクロス集計・分析)

3.「特定小電力」関連実態(2006年度~2010年度)市場規模推移×セグメント別(<実態市場>屋外/屋内フィールド別、ハードウェア(HW)販売/ソフトウェア(SW)販売/サービス売り/受注開発・受託開発(主)/SI/その他<メンテナンス&ソリューション、ソフト・システム、設計・製造 等>別)

4.「特定小電力」関連ビジネスをリード(網羅)する主要プレイヤー(65社・団体)のマーケティング戦略キーワードを多面的にクロス集計・分析(個票マトリックス分析)!

【調査目的と背景】

次世代無線技術(テーマ)である「UWB」「特定小電力」「Bluetooth」「WiFi」「無線LAN」「赤外線」「超音波」「ZigBee」「アクティブRFID」「パッシブRFID」毎に、今後どういった分野・フィールド/対象機器に活用(搭載)されていくのか?適用有望度(可能性)を多面的に評価・測定して欲しい!また次世代無線技術(テーマ)別に実態的なマーケットサイズ、潜在的なマーケットサイズを主要事業者(プレイヤー)に多面的にヒアリングすることで客観的に算出・予測して欲しい!今後の方向性について「楽観シナリオ」「悲観シナリオ」に分けて提言して欲しい!といった声が急速に高まっている。

所謂、『ワイヤレス・ビジネス』の中核となる次世代無線技術(テーマ)を軸とした体系だった(有望分野・AP、市場規模算出<顕在/潜在>に特化した)市場調査レポートが見られないことから、是非「技術軸」を起点とした次世代無線技術(テーマ)別のレポートを体系立てて発刊して欲しい!また今後も定点観測し続けて欲しい!といった要望(声)を数多くのIT主要企業(企画・マーケティング部門/R&D部門/研究所 等)から頂いている。

「次世代無線技術」を活用したビジネスは「技術(テーマ)」毎に実態的にどの程度進み、短期的、中期的、長期的に見てどういった分野(セグメント)でどの程度の市場(規模)が見込めるのか?時間軸別に市場浸透ロードマップを客観的にチェックし、「次世代無線技術」を活用した先端&有望ビジネス・シーズの「セグメント別(屋外/屋内)有望度評価」「セグメント別(適用分野・フィールド/適用搭載機器)有望度評価」「セグメント別(実態/潜在)市場規模」を定点観測しながら多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰することが求められている。

「特定小電力技術」により、「屋外(適用分野・フィールド)」では「電気工事/工事(工事現場)」「クレーン作業/製鉄所内のクレーン/クレーン業者/建築・土木現場でのクレーン作業/クレーン建設業/建築」「交通警備/交通誘導」「レジャー」「ガスメーター/電気・ガス・水道のテレメータ」「火山性初期微動観測」「アミューズメント」「屋外」「測量」「農作業物の生産現場」「ゴルフ場のゴルフカート/ゴルフ場緊急連絡用」「ダム、河川」「製鉄所内の台車」「鉄道会社の無人駅」「土石流災害検知」「警備業」「空中撮影」「スキー場/スキーなどのアウトドア活動」「電車車両」「造船」「山岳」「ビニールハウス」「空港」「河川の水位観測」「救急・医療現場」「キャンプなどのアウトドア活動」「工業用電設などの屋外作業」「駐車場」「自衛隊」、「屋外(適用搭載機器)」では「自動車関連」「マンホールポンプ」、「屋内(適用分野・フィールド)」では「工場」「チェーン店/小売店/飲食店(飲食業)/ショップ/広域量販店/レストラン/店舗/ホームセンター/商業店舗」「一般家庭(住宅)/集合住宅(電力監視)/マンション」「学校/小学校」「水道会社/水道」「民間企業/法人ユーザー」「ホームセキュリティー/セキュリティ/警報通知」「イベント/大規模イベント/イベント会場」「サービス業」「物流/輸送/流通業」「ガス会社」「病院」「放送局」「LPガス、都市ガス」「駅構内」「一般ビル」「測量などにおけるデータ通信」「レストラン」「航空会社」「オフィス」「電力会社」「サーバールーム」「一般ユーザー」「公共施設」「業務連絡」「建設業」「地方自治体」「福祉関連」「倉庫」「物品(貴重品への貼付)」「業務」「フォークリフト等の作業」「スタジオ」「ホテル」「カラオケボックス」「パチンコ店」、「屋内(適用搭載機器)」では「PC周辺機器」「計測機器」「業務用セキュリティシステム」「無線モニター」「遠隔制御機器」「異常感知システム」「ガス機器」「制御装置」「データ伝送」「エコモニター」「通報装置」等、既に幅広い用途(分野)で活用されていることが調査結果から明らかになった。

ESP総研では、次世代無線技術(テーマ)別市場調査シリーズ“第二弾”として「小電力無線の一種であり、免許・資格、届出を必要としない無線通信」「通信の内容についての制約は設けられていないことから、レジャーなどの連絡用、業務用などに用いられている」「一般に、機器は小型の携帯型トランシーバーとして市販されている物が多く、技術基準適合証明のシールが貼付され、また使用者が分解出来ないよう筐体はトルクスネジで止められている」「機器単体での到達距離は見通しで最大200m程度とされているが、まわりに障害物などが無ければそれ以上到達する場合もある。中継装置の使用が認められており、これを使えばさらに到達距離を伸ばすことができる。」「音声通信(電話)の他、音声アシストや移動体検知センサーなどへの応用も進められている。」「データ通信の割り当て周波数が多数ある。規制値が厳しくなった微弱電波を利用したシステムの受け皿とも言われる。」等といった特徴を持った「特定小電力 最新市場」の全貌、将来の見通しを明確化するべく、当該主要企業・団体(65社・団体)へのインタビューを多面的に実施し、2007年11月末時点で有望視されている「特定小電力」技術の適用分野・フィールド:(屋外・屋内)合計65セグメント、搭載機器:(屋外・屋内)合計13セグメントを抽出、適用分野・フィールド別売上(市場)規模価値比率、搭載機器×ポテンシャリティ探索・評価、「特定小電力」関連ビジネス市場規模(顕在市場)推移(5ヵ年:2006年度 実績~2010年度 予測)の算出を行った。

特に重点を置いたのは「特定小電力」関連実態ビジネスの市場検証<「特定小電力」関連ビジネスの実態的なマーケットサイズ、有望AP>、適用分野・フィールド/搭載機器別セグメント×ポテンシャリティ探索(屋外×適用分野・フィールド:29セグメント、屋外×搭載機器:2セグメント、屋内×適用分野・フィールド:36セグメント、屋内×搭載機器:11セグメント 別×売上(市場)規模価値比率のクロス集計・分析)、「特定小電力」関連実態(2006年度~2010年度)市場規模推移×セグメント別(<実態市場>屋外/屋内フィールド別、ハードウェア(HW)販売/ソフトウェア(SW)販売/サービス売り/受注開発・受託開発(主)/SI/その他<メンテナンス&ソリューション、ソフト・システム、設計・製造 等>別の測定である。

 

【調査対象】

「特定小電力」関連主要事業者(主要65社・団体)を中心に調査・分析を行った。

【調査方法】

(株)ESP総研が当該調査を企画・設計後、調査(インタビュー)・個票マトリックス作成部分をブリッジインターナショナル(株)にアウトソーシングし、ブリッジインターナショナル(株)調査員による電話取材をベースに一部Eメール、訪問によるフォロー取材を実施、その後(株)ESP総研にて集計・分析・監修・編集を行った。

【調査・分析・監修・編集 期間】

2007年10月1日(取材アプローチ開始)~2008年3月2日(多面的分析終了)

【目次】

<詳細はこちら>

【ISBNコード】

ISBN4-901872-27-3 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1.企画・設計・集計・分析・監修・編集:(株)ESP総研
2.調査(インタビュー)・個票マトリックス作成:ブリッジインターショナル(株)

<調査レポート一覧へ>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2008年「特定小電力」関連ビジネス市場実態総調査(有望分野・AP/市場規模算出)』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格100,000円+税<※1部カラー>
2)CD-R:本体価格100,000円+税<※全てカラー>
3)1)2)のセット価格:本体価格150,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2008年3月6日
【報告書体裁】 A4版 オンデマンド印刷
【ページ数】 合計89ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください。

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー