2007年「UWB」関連ビジネス市場実態総調査(有望分野・AP/市場規模算出)

<次世代無線技術(テーマ)別×市場調査シリーズ No.1>
『2007年「UWB」関連ビジネス市場実態総調査(有望分野・AP/市場規模算出)』

1.「UWB」(Ultra Wide Band)関連×最新市場動向に関する多面的な調査を実施。今後短中長期的に見て「UWB」技術はどういった分野・フィールド/対象機器に活用されていくのか?<時間軸を設定して適用有望度(可能性)を評価・測定)>また実態的なマーケットサイズ、潜在的なマーケットサイズはどの程度か?今後の方向性は?

2.「UWB」関連実態ビジネスを多面的に市場検証&近未来仮説立案(適用分野・フィールド/搭載機器別セグメント×ポテンシャリティ探索(屋外×適用分野・フィールド:11セグメント、屋外×搭載機器:1セグメント、屋内×適用分野・フィールド:22セグメント、屋内×搭載機器:35セグメント 別×有望度(可能性)&価値のクロス集計・分析)⇒2007年10月時点における「UWB」実態&潜在市場は?今後短中長期的に見た当該ビジネスの方向性と収束度/時間軸別×市場浸透ロードマップを客観評価&多面的に分析(「短期的」「中期的」「長期的」(実態的)に見て垂直・水平展開できる有望フィールドはどこか?)

3.「UWB」関連実態(2006年度~2010年度)市場規模推移/潜在(2010年度~2014年度)市場規模推移×セグメント別(<実態市場>屋外/屋内フィールド別、ハードウェア(HW)販売/ハードウェア(HW)+ソフトウェア(SW)販売/ソフトウェア(SW)販売のみ/ハードウェア(HW)販売+ソフトウェア(SW)販売+サービス売り(コンサルティング)別、<潜在市場>全体)

4.「UWB」関連ビジネスをリードする主要プレイヤー(17社・団体)のマーケティング戦略キーワードを多面的にクロス分析(個票項目分析)!

5.「UWB」関連×主要プレイヤー(17社・団体)の個別ケーススタディ分析

【調査目的と背景】

次世代無線技術(テーマ)である「UWB」「特定小電力」「Bluetooth」「WiFi」「無線LAN」「赤外線」「超音波」「ZigBee」「アクティブRFID」「パッシブRFID」毎に、今後どういった分野・フィールド/対象機器に活用(搭載)されていくのか?適用有望度(可能性)を多面的に評価・測定して欲しい!また次世代無線技術(テーマ)別に実態的なマーケットサイズ、潜在的なマーケットサイズを主要事業者(プレイヤー)に多面的にヒアリングすることで客観的に算出・予測して欲しい!今後の方向性について「楽観シナリオ」「悲観シナリオ」に分けて提言して欲しい!といった声が急速に高まっている。
 
 所謂、『ワイヤレス・ビジネス』の中核となる次世代無線技術(テーマ)を軸とした体系だった(有望分野・AP、市場規模算出<顕在/潜在>に特化した)市場調査レポートが見られないことから、是非「技術軸」を起点とした次世代無線技術(テーマ)別のレポートを体系立てて発刊して欲しい!また今後も定点観測し続けて欲しい!といった要望(声)を数多くのIT主要企業(企画・マーケティング部門/R&D部門/研究所 等)から頂いている。
 
 「次世代無線技術」を活用したビジネスは「技術(テーマ)」毎に実態的にどの程度進み、短期的、中期的、長期的に見てどういった分野(セグメント)でどの程度の市場(規模)が見込めるのか?時間軸別に市場浸透ロードマップを客観的にチェックし、「次世代無線技術」を活用した先端&有望ビジネス・シーズの「セグメント別(屋外/屋内)有望度評価」「セグメント別(適用分野・フィールド/適用搭載機器)有望度評価」「セグメント別(実態/潜在)市場規模」を定点観測しながら多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰することが求められている。
 「UWB技術」により、「屋外(適用分野・フィールド)」では「駐車支援」「ブラインドスポット検出」「プリクラッシュ」「幅寄せ接近警報」「車車間通信の応用」「路車間通信の応用」「渋滞情報の後続車両への伝達やブレーキ情報の伝達」「渋滞情報のダウンロード」「店舗駐車場内でのコンテンツダウンロードサービス(駐車したままでのシネマコンテンツのダウンロード)等」「車の運転を行っている際にヒヤッとするような経験は誰でもあるが、こうしたことを改善するフィールド(例えばぶつかりそうになった際に警告が出る等)」「車の場合は車間というよりは車庫入れ、幅寄せ等10m程度の範囲にある物体を5cm程度の精度で検知」、「屋外(適用搭載機器)」では「車×車載レーダー(車載レーダーはミリハを概ね使っている)」、「屋内(適用分野・フィールド)」では「ホーム(家庭内利用)市場」「オフィス市場」「病院市場」「セキュリティ市場」「医療市場」「企業の研究所・研究室・研究用」「大学」「会議室」「店舗」「屋内位置捕捉(物品/人物)、屋内位置検出レーダー、位置検出」「屋内利用(屋外よりも屋内)」「侵入検知(不法侵入をキャッチ、侵入者の行動の適応を検知)」「画像無線伝送、画像配信」「距離を測る」「アクセスポイント」「プラットホーム/端末ベンダ」「短距離で高速通信領域」「アダプタ的なものやアフターマーケット」「PC周辺機作業し辛いところ」「美術館等で何か物が動いたらアラームを上げたりする等」「有線の無線化」「今までよりは大量にデータを送りたい!等通信モジュール」、「屋内(適用搭載機器)」では「パソコン」「PC・コンピュータ周辺機器」「デジタル家電/家電製品」「ノートPC」「デジタルTV/テレビ(高精細テレビへの画像の無線伝送 含む)、TVモニター」「デジタルカメラ/カメラ」「STB(セットトップボックス)」「ワイヤレスUSBドングル&ハブ」「プリンタ」「OA機器」「ネットワーク機器」「HUB」「民生機器」「コンピュータ機器」「モバイル機器」「医療機器(デジタルX線CCDセンサなど)」「HD-DVD、DVD」「Blu-ray ディスク」「HDDレコーダ、HDD」「ホームサーバー」「防衛関連の電子機器」「ビデオ(のワイヤレス化)」「オーディオ(のワイヤレス化)」「外付け用プロジェクター」「測位システム」「キーボード」「マウス」「高速データ通信用デバイス」、「近距離通信用デバイス」「カードリーダ」「セキュリティ用のセンサー」「デジタルオシロスコープ」「回転体特性測定機器」「計測機」「「レーダーユニット」、「レーダー」」「無線タグなど測位・測距応用デバイス」等、幅広い適用用途が期待されている。
 
 従ってESP総研では、次世代無線技術(テーマ)別市場調査シリーズ“第一弾”として「消費電力が少ない」「妨害電波に強い」「高速通信が可能。但し距離が長くなれば極端に速度が低下する」「位置検出の精度が高く、誤差は数cm内」「従来以上に広い周波数帯に拡散して通信を行う」「半径10m程度の近距離での使用がターゲット」「使用する帯域・帯域幅:日本では3.4~4.8GHz、7.25~10.25GHzの利用が許可される見込み。但し3.4~4.8GHzの利用については、第4世代携帯電話やWiMAX等との帯域競合が予想されることから、他の通信方式との干渉回避技術(DAA: Detect and Avoid)の搭載が義務付けられている。(但し2008年末までは4.2~4.8GHzの帯域に限りDAAなしでも利用可能)」「通信速度:目標480Mbps以上(USB 2.0の通信速度と同じ) 」等といった特徴を持った超広帯域無線「UWB(Ultra Wide Band)最新市場」の全貌、将来の見通しを明確化するべく、当該主要企業・団体(17社・団体)へのインタビューを多面的に実施し、2007年10月時点で有望視されている「UWB」技術の適用分野・フィールド:(屋外・屋内)合計33セグメント、搭載機器:(屋外・屋内)合計36セグメントを抽出、適用分野・フィールド、搭載機器×ポテンシャリティ探索・評価、「UWB」関連ビジネス市場規模(顕在市場/特に有望と仮説できる分野の潜在市場)の算出を行った。
 
 特に重点を置いたのは「UWB」関連実態ビジネスの市場検証&近未来仮説立案(適用分野・フィールド/搭載機器別セグメント×ポテンシャリティ探索(屋外×適用分野・フィールド:11セグメント、屋外×搭載機器:1セグメント、屋内×適用分野・フィールド:22セグメント、屋内×搭載機器:35セグメント 別×有望度(可能性)&価値のクロス集計・分析)、セグメント別(<実態市場>屋外/屋内フィールド別、ハードウェア(HW)販売/ハードウェア(HW)+ソフトウェア(SW)販売/ソフトウェア(SW)販売のみ/ハードウェア(HW)販売+ソフトウェア(SW)販売+サービス売り(コンサルティング)別 、<潜在市場>全体)の測定<実態(2006年度~2010年度)市場規模推移/潜在(2010年度~2014年度)市場規模推移>である。

 

【調査対象】

「UWB」関連主要事業者(主要17社・団体)を中心に調査・分析を行った。

【調査方法】

弊社専門調査員による電話取材をベースに一部メールでのフォロー取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査・分析・監修・編集 期間】

2007年9月12日(取材アプローチ開始)~2007年12月7日(多面的分析終了)

【目次】

<詳細はこちら>

【ISBNコード】

ISISBN4-901872-24-9 C2034

【企画・監修・編集】

(株)ESP総研

<調査レポート一覧へ>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2007年「UWB」関連ビジネス市場実態総調査
(有望分野・AP/市場規模算出)』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格100,000円+税
2)CD-R:本体価格100,000円+税
3)1)2)のセット価格:本体価格150,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2007年12月11日
【報告書体裁】 A4版 オンデマンド印刷
【ページ数】 合計118ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください。

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー