2009年「位置捕捉」ビジネス白書(下)<屋外中心 編>

1)「屋外位置捕捉(ビジネス)」がもたらす近未来市場(社会)創造、インタビューから(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵1枚、個票絵18枚)
2)屋外を中心とした位置捕捉ビジネスの現状分析とコンサルティング(助言)<市場概況×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測/適用分野(エリア/ヒト/モノ・その他)<現状>、対象ターゲット分野<今後>×俯瞰図/「位置捕捉(屋外中心)」×重点ターゲット顧客仮説(コンサルティング)/「位置捕捉」が付加価値に変化するまでのシナリオ・ステップ/「位置捕捉」×「SI(ソリューション)」「パッケージ(H/W、S/W)」「サービス」モデル別×組み合わせ最適化(相互連携/複合・融合/付加価値化)・相関図MAP/>
3)「位置捕捉(屋外中心)」実態ビジネス×市場検証(実態ビジネス×ターゲット・セグメント×ポテンシャリティ探索(全体:127セグメント⇒エリア:60セグメント、ヒト:25セグメント、モノ・その他:42セグメント 別)⇒2008年12月~2009年1月時点における「位置捕捉(屋外中心)」実態市場は?今後の有望ビジネス(分野/アプリケーション)は?短中長期に見た当該ビジネスの方向性と収束度/時間軸別×市場浸透ロードマップを客観評価&多面的に分析(「短期的」「長期的」(実態的)に見て垂直・水平展開できる有望フィールドはどこか?)
4)「位置捕捉(屋外中心)」実態市場規模推移(2007年度~2011年度)×セグメント別(ハードウェア(HW)/ソフトウェア(SW)/SI・カスタマイズ(SI)/ASPサービス・サービス売り)
5)「位置捕捉」関連ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(271社/部門)<屋外中心>(個票12社以外の企業リスト)
6)「位置捕捉(屋外中心)」ビジネスをリードする主要プレイヤー(12社・団体)+追加調査(19社・団体)=合計(31社・団体)のマーケティング戦略キーワードを多面的にクロス分析(個票項目分析)!
7)「位置捕捉(屋外中心)」×主要プレイヤー(12社・団体)の個別ケーススタディ分析

【調査目的と背景】

 2009年度下期に入り早くも3ヶ月が経過したが、景気後退等ビジネスを取り巻く環境が悪化している中で、「位置捕捉(屋内中心)」と併せて最新の「位置捕捉(屋外中心)」ビジネスが実態的にどの程度進み、短長期的に見てどういった分野(セグメント)で、どの程度の市場規模(市場形成)が見込めるのか?当該ビジネスの方向性と収束度を客観的にチェックし、「位置捕捉(屋外中心)」先端&有望ビジネスにおける「位置捕捉対象セグメント別(エリア/ヒト/モノ・その他)有望度評価」「セグメント別(実態)市場規模」を定点観測しながら多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰することが継続的に求められている。

 「位置捕捉(屋外中心)」がもたらす近未来社会におけるIT利活用の高度化や多彩なサービスの実現には、ヒト・モノ・エリア(周辺環境等)の状況を正確に感知(センシング)・認識し、状況や(屋外、屋内、その中間といったエリア・セグメント毎や屋外・屋内両方に対応できるシームレスな)環境に即した最適なサービスへと結びつけるための「GPS」「PHS」「GIS」「ケータイ」「無線LAN」「メッシュ(ZigBee 等)」「デジタルMCA無線」「Dopa網」等といった単体あるいは組み合わせ技術が不可欠となっている。

 この一連の技術の実現により、(位置捕捉対象)エリアについては「幼稚園」「運送会社(業界)・運送事業者」「保守・サービスメンテナンス会社(施設設備メンテナンス)」「放送局」「タクシー会社」「バス会社」「B2B向け全て」「宅配サービス事業者」「介護施設/支援・老人保健施設(介護・医療サービス)」「学校・教育機関」「トラック事業者」「トンネル」「モバイルサイト運営事業者」「システム作成会社」「灯油配送会社」「警備会社(警備分野)」「産廃業者」「塾」「セキュリティ分野」「アミューズメント分野」「自動車学校」「スイミングスクール」「派遣サービス」「物流会社」「ガス検針会社」「不動産業界」「自動車業界」「銀行」「飲食店業界」「保険会社」「各種調査会社」「災害時被災状況・道路防災(防災・災害分野)」「建設(施工部件)・土木(工事現場)」「ユーティリティ企業(設備管理)」「倉庫」「工場」「駐車場」「港湾」「入退室」「非常通報(緊急通報)」「店舗(多店舗)」「流通業界・小売業界(物流分野)」「消防分野」「ルートセールス・訪問販売・営業支援(営業分野)」「自動改札・鉄道分野」「測量(分野)」「環境分野」「観光分野(観光サービス)」「市街地」「病院」「自治体・公共分野」「オフィス・事務所」「交通機関(交通)・交通分野」「通信分野」「危機管理(分野)」「安全保障(分野)」「デリバリサービス(配送サービス事業者)」「コンテナヤード」「中古車オークション会場」「ゴルフ場」、(位置捕捉対象が)ヒトについては「営業要員・営業マン」「タクシー運転手」「サポートサービス要員(保守サービス員)、サービスマン」「男性」「子供」「女性」「高齢者・お年寄」「乗務員(乗員)」「警備員」「ドライバー」「一般コンシューマー」「作業員」「徘徊者(徘徊老人)」「園児・幼児・児童」「迷子」「災害弱者・避難者(避難対象者)」「旅行者」「友人」「家族」「PHS保持者」「自己」「社員」「外勤者(外勤社員)」「女子中高生」「OL」、(位置捕捉対象が)モノ・その他については「車(車両・多目的車両・自動車・普通車両)」「飛行機・小型自律飛行体」「船(船舶)・作業船」「タクシー」「トラック・ダンプカー」「コンテナ」「送迎バス・公共バス・幼稚園バス・観光バス・高速バス・路線バス・コミュニティバス(バス)」「トロッコ」「保管物」「荷物」「バイク」「商用車(営業車、トラック、配送車・運送車・現金輸送車・サービスカー・工事車両)」「搬送品(運搬物)」「パレット」「貴重品」「ISM書類」「ゴミ」「不動産物件」「貨物」「車椅子」「中古自動車(中古車)」「資産」「除雪車両」「レンタカー」「電車(山手線)・列車・鉄道・旅客車・路面電車・ローカル線車両」「医療機器」「展示品」「消防車両 等緊急車両」「自転車(電動自転車含む)」「気象計・地震計」「自動販売機」「動物・小動物」「ゴルフカート」「盗難車両」「福祉車両」「廃棄物収集車両」「港湾クレーン・荷主クレーン」「フォークリフト」「コンクリートミキサー車両」「ランドセル」「ロボット(自律移動ロボット)」「薬品」等、幅広い社会・経済活動への寄与が期待されている。特に、今後の少子高齢化社会、省エネ・環境推進社会に向けて着実に安全・安心・エコな社会を実現するために「位置捕捉(屋内中心)」と共に「位置捕捉(屋外中心)」の果たすべき役割は大きいと言えるだろう。

 従って、今なお「位置捕捉(屋内中心)」と共に「位置捕捉(屋外中心)」はIT業界において最も注目・期待されているポテンシャル・ビジネス・テーマの一つといえよう。

 こうした市場の声を受けて、ESP総研では、「位置捕捉<屋外中心>(実態)市場」の全貌、将来の見通しを明確化するべく、2008年12月~2009年1月の間で顕在化している「位置捕捉<屋外中心>」プレイヤー283社・団体を抽出、彼らの中で主要12社・団体、追加で19社・団体(合計で31社・団体)へのインタビューを多面的に実施し、「位置捕捉(屋外中心)」実態ビジネス×市場検証(実態ビジネス×ターゲット・セグメント×ポテンシャリティ探索(全体:127セグメント⇒エリア:60セグメント、ヒト:25セグメント、モノ・その他:42セグメント 別)、2008年12月~2009年1月時点における「位置捕捉(屋外中心)」実態市場、今後の有望&重点・注目分野&ターゲット分野)、短中長期に見た当該ビジネスの方向性と収束度/時間軸別×市場浸透ロードマップを客観評価&多面的に分析(「短期的」「長期的」(実態的)に見て垂直・水平展開できる有望フィールドはどこか?)を行った。 

 特に重点を置いたのは「位置捕捉(屋外中心)」×主要プレイヤー(12社・団体)+追加調査企業(19社・団体)⇒合計31社・団体の個別ケーススタディ分析や「位置捕捉(屋外中心)」ビジネスをリードする主要プレイヤー(12社・団体)+追加調査企業(19社・団体)⇒合計31社・団体のマーケティング戦略キーワードを多面的にクロス分析(個票項目分析)しながら、「位置捕捉(屋外中心)」実態市場規模推移(2007年度~2011年度)×セグメント別(ハードウェア(HW)/ソフトウェア(SW)/SI・カスタマイズ(SI)/ASPサービス・サービス売り) →屋外を中心とした位置捕捉ビジネスの現状分析とコンサルティング(助言)<市場概況×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測/適用分野(エリア/ヒト/モノ・その他)<現状>、対象ターゲット分野<今後>×俯瞰図/「位置捕捉(屋外中心)」×重点ターゲット顧客仮説(コンサルティング)/「位置捕捉」が付加価値に変化するまでのシナリオ・ステップ/「位置捕捉」×「SI(ソリューション)」「パッケージ(H/W、S/W)」「サービス」モデル別×組み合わせ最適化(相互連携/複合・融合/付加価値化)・相関図MAP/> →「屋外位置捕捉(ビジネス)」がもたらす近未来市場(社会)創造、インタビューから(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵1枚、個票絵18枚)である。
今回の調査によって、「位置捕捉<屋外中心>(ビジネス)」についてどの分野(セグメント)でどの程度の規模のマーケットが創出され、どのようなスピード(時間)とベクトル(方向性)で拡大していくのか?を多面的に調査した。

【調査対象】

・Web上にて「位置情報」「位置管理」「位置検知」と情報発信している企業・団体(各省庁や業界団体も含む)等合計で283社全てに取材依頼を実施、その中からレスポンスがあった企業12社・団体ならびに、追加で19社・団体を中心に調査・分析を行った。

【調査方法】

・弊社専門調査員による直接訪問面接取材(都心)、電話取材(地方)をベースに一部電話によるフォロー取材、メールによる送付&回収並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】

・2008年12月~2009年1月(一次調査)→2009年10月~2009年11月(二次調査:追加調査、フォロー調査)~2009年12月5日(分析&レポーティング終了)

【目次】

?.未来絵 編
~「屋外位置捕捉(ビジネス)」がもたらす近未来市場(社会)創造、インタビューから(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵1枚、個票絵18枚)~ P1
<総括絵>
1.屋外位置捕捉×総括絵(1枚) P2

<個票絵>
2-1.食材や惣菜の携帯によるスキャン→カロリー自動把握(?アイラボ) P3
2-2.船舶や航空機の位置情報把握による事故救助、事故対処遅延防止(?WINGS) P4
2-3.位置情報把握による子供の事故防止&二次災害抑止(?WINGS) P5
2-4.携帯電話による位置情報(運行情報&渋滞情報)確認(ウェーブオン?) P6
2-5.地図ナビゲーションの進化&音声ガイダンスの活用(ウェーブオン?) P7
2-6.位置情報AP:電車の運行情報把握、廃棄物シミュレーション(ウェーブオン?) P8
2-7.Googleとの融合&グーグルアースの最大活用(?エクセリ) P9
2-8.携帯GPSによるタクシー事前ネット予約(?エクセリ) P10
2-9.買物食材情報の事前収集(在庫や欠品、不足情報の事前把握)(サイバーエリアリサーチ?) P11
2-10.旅先での行動場所(通過位置)に則した自動情報受信サービス(サイバーエリアリサーチ?) P12
2-11.地球全体といった視野で見た空間・環境×位置捕捉→活動や行動(リアル&バーチャル)→位置捕捉と連動してビジネス化(東京ガス・エンジニアリング?) P13
2-12.タクシー料金自動計算&タクシー到着時間自動検索(パナソニック?システムソリューションズ社) P14
2-13.エージェントによる同じ志向・ニーズを持つ人の位置把握&バーチャル世界でのコミュニケーション誘導→リアル世界でのコミュニケーション・アシスト(?ビーマップ) P15
2-14.位置情報×アバター(機械)によるone to oneサービス(?マピオン) P16
2-15.位置情報と連動したエージェントやパーソナライズ機能の向上(?マピオン) P17
2-16.スタンプサービス開始→レコメンド型位置情報の有効活用(マルティスープ?) P18
2-17. 位置や場所と連動した広告受信の進化(マルティスープ?) P19
2-18.位置情報によるプライバシー、相対的or絶対的 位置情報の重要さ(マルティスープ?) P20

?.総括 編
1.総括(結論)(屋外を中心とした位置捕捉ビジネスの現状分析とコンサルティング) P21
1)市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測 P22
2-1)適用分野(エリア)<現状> 、対象ターゲット分野(エリア)<今後>×俯瞰図 P23
2-2)適用分野(ヒト)<現状>×俯瞰図 P24
2-3)適用分野(モノ・その他)<現状>×俯瞰図 P25
2-4)適用分野(着眼点・実績)セグメント別<エリア>「位置捕捉(屋外中心)」シェア(299社・団体) (2008年12月~2009年1月 調査時点) P26
2-5)適用分野(着眼点・実績)セグメント別<ヒト>「位置捕捉(屋外中心)」シェア(299社・団体) (2008年12月~2009年1月 調査時点) P27
2-6)適用分野(着眼点・実績)セグメント別<モノ・その他>「位置捕捉(屋外中心)」シェア(299社・団体) (2008年12月~2009年1月 調査時点) P28
3)「位置捕捉(屋外中心)」×重点ターゲット顧客仮説(コンサルティング) P29
4)「位置捕捉」が付加価値に変化するまでのシナリオ・ステップ P30
5)「位置捕捉」×「SI(ソリューション)」「パッケージ(H/W、S/W)」「サービス」モデル別×組み合わせ最適化(相互連携/複合・融合/付加価値化)・相関図MAP P31
6-1)当該283社・団体(個票分析からの換算値) ×ビジネスモデル別 当該売上額推移の換算(2008年12月~2009年1月 調査時点) P32
6-2)当該主要20社・団体(個票分析) ×ビジネスモデル別 当該売上額推移の換算(2008年12月~2009年12月 調査時点) P33
6-3)当該283社・団体に換算した数値<ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ(2008年12月~2009年1月 調査時点)> P34
6-4)当該主要20社・団体(個票分析) ビジネスモデル×売上実績・予測から単純集計できた当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ(2008年12月~2009年1月 調査時点) P35

?.個票分析 編
1.「位置捕捉」関連ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(271社/部門)<屋外中心>(個票12社以外の企業リスト) P36
2-1.主要30社・団体における「位置捕捉」基本システム構成(指標)価格帯×相関MAP×開始時期(参入時期)クロス(SIモデルのみMAP) P64
2-2.「屋外位置捕捉」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧(30社) P65
3-1.主要(12+16=28)社・団体+その他271社・団体=299社・団体における分野・対象(エリア)別 
合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×注目度/収束度 MAP(2008年12月~2009年1月 調査時点) P69
3-2.主要(12+16=28)社・団体+その他271社・団体=299社・団体における分野・対象(ヒト)別 
合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×注目度/収束度 MAP(2008年12月~2009年1月 調査時点) P70
3-3.主要(12+16=28)社・団体+その他271社・団体=299社・団体における分野・対象(モノ・その他)別 
合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×注目度/収束度 MAP(2008年12月~2009年1月 調査時点) P71
3-4.主要(12+16=28)社・団体+その他271社・団体=299社・団体における「屋外位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス 点数化ランキング一覧(エリア 別) P72
3-5.主要(12+16=28)社・団体+その他271社・団体=299社・団体における「屋外位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス 点数化ランキング一覧(ヒト 別) P73
3-6.主要(12+16=28)社・団体+その他271社・団体=299社・団体における「屋外位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス 点数化ランキング一覧(モノ・その他 別) P74
3-7.主要(12+16=28)社・団体+その他271社・団体=299社・団体における「屋外位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス一覧(エリア、ヒト、モノ、その他 別×適用分野有望度MAP:俯瞰図) P75
3-8.主要(12+16=28)社・団体+その他271社・団体=299社・団体における「屋外位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス一覧 点数化(エリア、ヒト、モノ・その他 別×適用分野有望度MAP:俯瞰図) P77
4-1.「屋外位置捕捉」主要ベンダ31社におけるプレイヤー別×位置捕捉採用技術×直近売上高 相関図MAP(どの位置捕捉技術が最も実績があるのか?有望か?) P79
4-2.主要(12+16=)28社・団体における「屋外位置捕捉(中心)」×位置捕捉採用技術MAP(相関図) P81
5-1.個票(12社+追加ヒアリング19社=合計31社)分析「ビジネスモデル」(1) 2008年12月~2009年1月 P83
5-1.個票(12社+追加ヒアリング19社=合計31社)分析「ビジネスモデル」(2) 2008年12月~2009年1月 P84
5-1.個票(12社+追加ヒアリング19社=合計31社)分析「ビジネスモデル」(3) 2008年12月~2009年1月 P85
5-1.個票(12社+追加ヒアリング19社=合計31社)分析「ビジネスモデル」(4) 2008年12月~2009年1月 P86
5-2.「個票( 12社+追加ヒアリング19社=合計31社)分析」×「販売チャネル」(ゼロ段階) ×「ビジネスモデル」クロス 2008年12月~2009年1月 P87
5-3.「個票( 12社+追加ヒアリング19社=合計31社)分析」×「販売チャネル」(1段階) ×「ビジネスモデル」クロス 2008年12月~2009年1月 P88
5-4.「個票( 12社+追加ヒアリング19社=合計31社)分析」×「販売チャネル」(2段階) ×「ビジネスモデル」クロス 2008年12月~2009年1月 P89
6-1.「個票(16社・団体)」「重点戦略(価格)」×「品質(技術レベル)」 (2008年12月~2009年1月) P90
6-2.「個票分析(16社・団体) 」×「重点戦略」×「施策形態」(2008年12月~2009年1月) P91
6-3.主要18社・団体における分野・対象別 合計点数(裏付け)検証 販売ターゲット×方向性 MAP(2008年12月~2009年1月 調査時点) P92
6-4.主要18社・団体における「屋外位置捕捉(中心)」×販売ターゲット ランキング一覧 P93
6-5.主要18社・団体における「屋外位置捕捉(中心)」×販売ターゲット マトリックス一覧(◎○区分一覧) P94
6-6.主要18社・団体における「屋外位置捕捉(中心)」×販売ターゲット マトリックス一覧(点数化一覧) P95
7-1.開始時期(2008年12月~2009年1月 調査時点) P96
7-2.導入実績(数量ベース) (2008年12月~2009年1月 調査時点) P97
7-3.目標(数量ベース) (2008年12月~2009年1月 調査時点) P98
8-1.「位置捕捉(屋外中心)」ビジネス 主要ベンダ(12社+19社=31社)当該売上予測推移 一覧 P99
8-2.「位置捕捉(屋外中心)」ビジネス 主要ベンダ(31社・団体)当該市場 マクロ的潜在市場規模(数量ベース or 金額ベース)認識 一覧 P101
9-1.「個票(12社+4社=16社)分析」×「市場拡大要因」分析(2008年12月~2009年1月 調査結果)(1) P105
9-1.「個票(12社+4社=16社)分析」×「市場拡大要因」分析(2008年12月~2009年1月 調査結果)(2) P106
9-2.「個票(12社+4社=16社)分析」×「市場阻害要因」分析(2008年12月~2009年1月 調査結果)(1) P107
9-2.「個票(12社+4社=16社)分析」×「市場阻害要因」分析(2008年12月~2009年1月 調査結果)(2) P108
10-1.「個票分析(13社・団体 ※) 」×「今後の方向性」×全体傾向(数値統計) P109
10-2.「個票分析(13社・団体 ※) 」×「今後の方向性」×拡大戦略/現状維持(様子見)戦略別 因子MAP P110
11-1.「屋外位置捕捉」ベンダ×マーケティング・マトリックス(12社/部門)<深堀インタビュー 編> P111
11-2.「屋外位置捕捉」ベンダ×マーケティング・マトリックス(19社/部門 ※色付け企業)<当該売上の精度を高めるための追加ヒアリング 編> P115
【ターゲット視野、重点ターゲット領域 は以下の通り 127セグメント】(屋外位置捕捉)
No. 位置捕捉セグメント・フィールド
― <エリア>
1 幼稚園
2 運送会社(業界)・運送事業者
3 保守・サービスメンテナンス会社(施設設備メンテナンス)
4 放送局
5 タクシー会社
6 バス会社
7 B2B向け全て
8 宅配サービス事業者
9 介護施設/支援・老人保健施設(介護・医療サービス)
10 学校・教育機関
11 トラック事業者
12 トンネル
13 モバイルサイト運営事業者
14 システム作成会社
15 灯油配送会社
16 警備会社(警備分野)
17 産廃業者
18 塾
19 セキュリティ分野
20 アミューズメント分野
21 自動車学校
22 スイミングスクール
23 派遣サービス
24 物流会社
25 ガス検針会社
26 不動産業界
27 自動車業界
28 銀行
29 飲食店業界
30 保険会社
31 各種調査会社
32 災害時被災状況・道路防災(防災・災害分野)
33 建設(施工部件)・土木(工事現場)
34 ユーティリティ企業(設備管理)
35 倉庫
36 工場
37 駐車場
38 港湾
39 入退室
40 非常通報(緊急通報)
41 店舗(多店舗)
42 流通業界・小売業界(物流分野)
43 消防分野
44 ルートセールス・訪問販売・営業支援(営業分野)
45 自動改札・鉄道分野
46 測量(分野)
47 環境分野
48 観光分野(観光サービス)
49 市街地
50 病院
51 自治体・公共分野
52 オフィス・事務所
53 交通機関(交通)・交通分野
54 通信分野
55 危機管理(分野)
56 安全保障(分野)
57 デリバリサービス(配送サービス事業者)
58 コンテナヤード
59 中古車オークション会場
60 ゴルフ場
― <ヒト>
1 営業要員・営業マン
2 タクシー運転手
3 サポートサービス要員(保守サービス員)、サービスマン
4 男性
5 子供
6 女性
7 高齢者・お年寄
8 乗務員(乗員)
9 警備員
10 ドライバー
11 一般コンシューマー
12 作業員
13 徘徊者(徘徊老人)
14 園児・幼児・児童
15 迷子
16 災害弱者・避難者(避難対象者)
17 旅行者
18 友人
19 家族
20 PHS保持者
21 自己
22 社員
23 外勤者(外勤社員)
24 女子中高生
25 OL
― <モノ、その他>
1 車(車両・多目的車両・自動車・普通車両)
2 飛行機・小型自律飛行体
3 船(船舶)・作業船
4 タクシー
5 トラック・ダンプカー
6 コンテナ
7 送迎バス・公共バス・幼稚園バス・観光バス・高速バス・路線バス・コミュニティバス(バス)
8 トロッコ
9 保管物
10 荷物
11 バイク
12 商用車(営業車、トラック、配送車・運送車・現金輸送車・サービスカー・工事車両)
13 搬送品(運搬物)
14 パレット
15 貴重品
16 ISM書類
17 ゴミ
18 不動産物件
19 貨物
20 車椅子
21 中古自動車(中古車)
22 資産
23 除雪車両
24 レンタカー
25 電車(山手線)・列車・鉄道・旅客車・路面電車・ローカル線車両
26 医療機器
27 展示品
28 消防車両 等緊急車両
29 自転車(電動自転車含む)
30 気象計・地震計
31 自動販売機
32 動物・小動物
33 ゴルフカート
34 盗難車両
35 福祉車両
36 廃棄物収集車両
37 港湾クレーン・荷主クレーン
38 フォークリフト
39 コンクリートミキサー車両
40 ランドセル
41 ロボット(自律移動ロボット)
42 薬品
  はターゲット 収束度が高いフィールド(2社以上が掲げているセグメント)

?.個票 編(12社・団体)
1.?アイラボ P127
2.?WINGS P132
3.ウェーブオン? P140
4.?エクセリ P148
5.?OKIネットワークス P154
6.サイバーエリアリサーチ? P156
7.東京ガス・エンジニアリング? P164
8.パナソニック? システムソリューションズ社 P173
9.?ビーマップ P178
10.?マピオン P185
11.マルティスープ? P188
12.ロケーション? P201

【屋外位置捕捉(ビジネス)主要ベンダ各社(12社・団体)共通項目】
1.「位置捕捉」ソリューション&サービス概要(メニューや価格等)
2.適用分野・対象エリア(着眼点と実績、優先順位「位置捕捉対象(ヒト/モノ 等)」)
3.主要技術(技術別有望適用分野)
4.ビジネスモデル・販売チャネル
1)ビジネスモデル
2)販売チャネル
5.重点戦略・販売ターゲット
1)重点戦略
2)販売ターゲット
6.開始時期・導入実績・(今後の)目標
1)開始時期
2)導入実績
3)(今後の)目標
7.当該市場規模(感)/当該売上計画(2007年度~2011年度)
8.市場拡大要因/市場阻害要因(位置捕捉)
1)市場拡大要因
2)市場阻害要因
9.ユーザー事例
10.今後の方向性(当該事業/変化<シナリオ>ポイント)
11.「位置捕捉(ビジネス)」によって近未来シーンとしてどのようなことが可能になるのか?「位置捕捉(ビジネス)」によって未来がどのように変わるのか?重要な観点

【ISBNコード】

ISBN4-901872-37-0 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研 
(1)リスト作成:吉川 美知
(2)取材アプローチ:山野井 香織
(3)取材:山野井 香織
(4)(未来絵)イラスト観点抽出・指示:山野井 香織
(5)ビジネスイラスト作成:後藤 英雄

【トータル・ページ数(報告書)】

・206ページ
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2009年「位置捕捉」ビジネス白書(下)<屋外中心 編>』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格100,000円+税
<※1部カラー>

2)CD-R:本体価格100,000円+税<※全てカラー>

3)1)2)のセット価格:本体価格150,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。なお、上下巻ご購入の方は全体の10%を割り引き致します。
【発刊日】 2009年12月7日
【報告書体裁】 A4版 オンデマンド印刷
【ページ数】 合計206ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー