2010年「センサーネット」ビジネス白書(パート3)<個票 編>

1)「センサーネット」×主要プレイヤー(27社・団体)キーマンへの生のインタビュー(取材)レポート
(1)インタビュー(取材)については当該(センサーネット)キーマン(27社・団体)に対して実行し、彼らの生のコメントを100%復元!
(2)この(パート3)「個票 編」のみで「センサーネット」ビジネスの実状・実態(当該事業の方向性、主要各社におけるSWOT、主要各社が目指すべきビジョン、彼らが抱えている課題、当該市場全般について何を感じているのか?等)が網羅的且つ俯瞰的に分かる!年々刻一刻と変わるターゲット「業種・業界」別ポテンシャルの高低(時流の変化)、今後追うべき対象セグメント領域を掴める!
(3)2009年11月~2009年12月にインタビュー(取材)したレポート・コンテンツに加え、それ以前に定期的にインタビュー(取材)しているプレイヤーについてはレポート・コンテンツのうち最大で直近2回分(例:2008年7月~2008年8月調査分、2007年4月~2007年5月調査分 等)は過去のレポート・レコード(記録)を残した!それは過去から現在までの差分(変遷)ならびに今後の変化=イノベーションの方向性を掴むためである!(但し例外もあり)
(4)各社におけるメニュー・カタログについては2009年11月~2009年12月に新たに追加した情報を中心に添付!
(5)直近のインタビュー(取材)コメントは青字で分かりやすくした!(CD-Rレポートのみ)

【調査対象】

・ESP総研が過去から取材を行ってきた人脈=企業・団体(各省庁や業界団体も含む)に加え、Web上にて「センサーネット」と言及している事業者・団体等合計で81社すべてに取材依頼を実施、そのうち27社(取材依頼合計数に対して、33.3%)が「取材OK」したことから、彼ら(27社)を中心に深堀インタビューを行った。

【調査方法】

・弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話による取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った(主は訪問取材であった)。

【調査&レポート期間】

・2009年11月4日(取材開始)~2009年12月21日(訪問取材中心:27社終了) → 2010年2月22日(個票の制作終了)

【目次】

<インタビュー(個票) 27社・団体分>
1.アーズ? P1 (全17ページ)
2.?アイピースクエア P18 (全3ページ)
3.?浅草電研 P21 (全7ページ)
4.アドソル日進? P28 (全17ページ)
5.?アルファシステムズ P45 (全20ページ)
6.NECエンジニアリング? P65 (全11ページ)
7.?エフエイオープン P76 (全15ページ)
8.?オーエステクノロジー P91 (全10ページ)
9.沖電気工業? P101 (全12ページ)
10.オムロン? P113 (全19ページ)
11.クロスボー? P132 (全13ページ)
12.コーンズドッドウェル? P145 (全6ページ)
13.(独)産業技術総合研究所 P151 (全15ページ)
14.昭和システム開発? P166 (全17ページ)
15.?シンクチューブ P183 (全9ページ)
16.?スカイリー・ネットワークス P192 (全15ページ)
17.日本電気? P207 (全12ページ)
18.日本電信電話? NTT環境エネルギー研究所 P219 (全8ページ)
19.日本ナショナルインスツルメンツ? P227 (全5ページ)
20.日本ユニシス? P232 (全12ページ)
21.ヌリテレコム? P244 (全18ページ)
22.(独)農業・食品産業技術総合研究機構 P262 (全24ページ)
23.?日立製作所 P286 (全25ページ)
24.富士電機システムズ? P311 (全23ページ)
25.?山武 P334 (全9ページ)
26.?ユビテック P343 (全7ページ)
27.ワイマチック? P350 (全17ページ)

【センサーネット(ビジネス)主要ベンダ各社(27社・団体)共通項目】
※ただし、個票の中には前回調査(2008年7月~2008年8月時点)、前々回調査(2007年4月~2007年5月時点)との差異が明確に分かるように前回調査や前々回調査も実施した企業に関してのみ、前回調査や前々回調査結果について添付した企業/項目もある。

1.ソリューション&サービス概要(メニューや価格等)
2.適用分野・対象エリア(着眼点と実績、優先順位<有望市場と有望AP>)
3.主要技術(技術別有望適用分野)
4.ビジネスモデル・販売チャネル
1)ビジネスモデル
2)販売チャネル
5.重点戦略・販売ターゲット
1)重点戦略
2)販売ターゲット
6.開始時期・導入実績・(今後の)目標
1)開始時期
2)導入実績
3)(今後の)目標
7.当該市場規模(感)/当該売上計画(2008年度~2012年度)
8.市場拡大要因/市場阻害要因(センサーネット)
1)市場拡大要因
2)市場阻害要因
9.ユーザー事例
10.今後の事業の方向性(当該事業/変化<シナリオ>ポイント)
11.「センサーネット」によって近未来シーンとしてどのようなことが可能になるのか?「センサーネット」によって未来がどのように変わるのか?重要な観点

【ISBNコード】

ISBN978-4-901872-40-9 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研 
(1)リスト作成:吉川 美知
(2)取材アプローチ:村岡 正悦
(3)取材:村岡 正悦
(4)(未来絵)イラスト観点抽出・指示:村岡 正悦
(5)ビジネスイラスト作成:後藤 英雄

【トータル・ページ数(報告書)】

・366ページ
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2010年「センサーネット」ビジネス白書(パート3)<個票 編>』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格40,000円+税
<※1部カラー>

2)CD-R:本体価格40,000円+税<※全てカラー>

3)1)2)のセット価格:本体価格60,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2010年2月23日
【報告書体裁】 A4版 オンデマンド印刷
【ページ数】 合計366ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー