2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)/将来予測に関する市場調査(パート3)<個票 編>

1)「スマートグリッド」×ポテンシャル主要プレイヤー(5社・団体)キーマン<当該市場をリードする知見者>への生のインタビュー(取材)レポート!『「エシェロン・ジャパン?」「?NTTデータ経営研究所」「関西学院大学大学院 総合政策研究科」「富士電機ホールディングス?」「VPEC?」』に深堀取材実施!
(1)インタビュー(取材)については当該(スマートグリッド)キーマン(5社・団体)<当該市場をリードする知見者>に対して実行し、彼らの生のコメントを100%復元!
(2)この(パート3)「個票 編」によって、時間軸で「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・ポイント、変革(イノベーション)シナリオ、変革(イノベーション)内容&今後の方向性を掴める!
(3)「スマートグリッド」に注目している方々全員が求めている情報・観点<1>「スマートグリッド」への最新の取り組み状況<1>製品&サービス&ソリューション内容<2>価格指標<3>(当該事業)開始時期<4>累計実績<5>適用分野(優先順位順)<6>主要技術<7>設備投資計画(金額、内容、時期) 等<2>「スマートグリッド」に関する長期的な事業戦略・将来ビジョン・今後の方針(計画)<マイルストーン(導入期→発展期)、ロードマップ(現状→近未来→未来)><3>「スマートグリッド」の有望「想定用途」「アプリケーション」<4>「スマートグリッド」によっていつ、何が、どのように変わるのか?(1年後/3年後/5年後 等)<「変化」の階層別(ヒト、モノ、サービス、環境、生活、ビジネス 等)ポイント軸と時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説)><5>「スマートグリッド」によって生まれる新たな新市場/新ビジネス(サービス)orビジネスチャンスは?(そしてそれらのビジネスモデル/想定市場規模は?)<6>「スマートグリッド」によって近未来(1年後/3年後/5年後 等)にどういった(新たな or 変化)シーンが起こるのか?創造できるのか?(ヒト、モノ、場所 を軸に掲げながら)<7>「スマートグリッド」によって影響を受ける業界・市場は(その理由)?/影響内容(どのように日本の事業者:メーカー等は影響を受けるのか?)<8>「スマートグリッド」によって需要が高まる製品・サービス<9>「スマートグリッド」による業界構造の変化(垂直統合→変化)、規制緩和 等<10>「スマートグリッド」関連課題と脅威、解決手段 等が立体的に掴める!

【調査対象】

・Web上にて「スマートグリッド」と言及している事業者・団体等合計で57社・団体すべてに取材依頼を実施、そのうち5社(取材依頼合計数に対して、8.8%)が「深堀インタビュー取材をOK」したことから、彼ら(5社・団体)を中心に深堀インタビュー・分析を行った。なお、残りの52社・団体については電話にて部分的にインタビューを実施したが、すべての企業・団体から当該レポートに反映できるだけの有効・有益な情報が収集できた訳ではない。

【調査方法】

・弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話による取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った(軸は訪問取材であった)。

【調査&レポート期間】

・2009年11月4日(取材依頼開始)~2009年12月(訪問取材中心:5社・団体終了、電話取材については2009年12月中に順次実施した) → 2010年7月4日(原稿確認チェック終了)

【目次】

<インタビューリスト(57社・団体/部門)>
1.「スマートグリッド」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(57社・団体/部門) P1

<インタビュー(個票) 5社・団体分>
1.エシェロン・ジャパン?<Q&A形式で回答:質問に沿った回答コメント ※但し、回答可能な項目のみ言及> P13
2. ?NTTデータ経営研究所<Q&A形式で回答:質問に沿った回答コメント> P20
3.関西学院大学大学院 総合政策研究科<フリースタイル形式:回答可能な項目のみ言及> P27
4. 富士電機ホールディングス?<Q&A形式で回答:質問に沿った回答コメント ※但し、回答可能な項目のみ言及> P35
5. VPEC?<前半はフリースタイル形式:回答可能な項目のみ言及、後半はQ&A形式で回答:質問に沿った回答コメント> P44

【「スマートグリッド」主要ポテンシャル・プレイヤー各社(5社・団体)共通項目】
※ただし、個票の中には以下の項目すべてに回答していない企業・団体も存在する。

1)「スマートグリッド」への最新の取り組み状況について<1>製品&サービス&ソリューション内容<2>価格指標<3>(当該事業)開始時期<4>累計実績<5>適用分野(優先順位順)<6>主要技術<7>設備投資計画(金額、内容、時期) 等
2)「スマートグリッド」に関する長期的な事業戦略・将来ビジョン・今後の方針(計画)<マイルストーン(導入期→発展期)、ロードマップ(現状→近未来→未来)>について
3)「スマートグリッド」の有望「想定用途」「アプリケーション」について
4)「スマートグリッド」によっていつ、何が、どのように変わるのか?(1年後/3年後/5年後 等)<「変化」の階層別(ヒト、モノ、サービス、環境、生活、ビジネス 等)ポイント軸と時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説)>
5)「スマートグリッド」によって生まれる新たな新市場/新ビジネス(サービス)orビジネスチャンスは?(そしてそれらのビジネスモデル/想定市場規模は?)
6)「スマートグリッド」によって近未来(1年後/3年後/5年後 等)にどういった(新たな or 変化)シーンが起こるのか?創造できるのか?(ヒト、モノ、場所 を軸に掲げながら)
7)「スマートグリッド」によって影響を受ける業界・市場は(その理由)?/影響内容(どのように日本の事業者:メーカー等は影響を受けるのか?)
8)「スマートグリッド」によって需要が高まる製品・サービス
9)「スマートグリッド」による業界構造の変化(垂直統合→変化)、規制緩和 等
10)「スマートグリッド」関連課題と脅威、解決手段

【ISBNコード】

ISBN4-901872-45-4 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦(企画であるが、?新社会システム総合研究所と共同企画)
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研 
(1)リスト作成:吉川 美知
(2)取材アプローチ:山野井 香織
(3)取材:山野井 香織
(4)テープ起こしチェック&個票化:本間 明
(5)個票校正&最終チェック・訂正:村岡 正悦

【トータル・ページ数(報告書)】

・56ページ
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)/将来予測に関する市場調査(パート3)<個票 編>』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格30,000円+税
<※1部カラー>

2)CD-R:本体価格30,000円+税<※全てカラー>

3)1)2)のセット価格:本体価格45,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2010年7月5日
【報告書体裁】 A4版 オンデマンド印刷
【ページ数】 合計56ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー