2012年「位置捕捉」ビジネス白書(屋内:非GPS 編)

~WiFi、RFID(アクティブタグ、パッシブタグ)、超音波、無線LAN、UWB、近距離無線、特定小電力、赤外線、NFC、基地局測位、レーザー、PDR、Ekahau、センサー技術(単体あるいは複合技術)ならびにIMES、アシストGPS、超高感度GPSなどのシームレス位置測位技術を活用した「屋内位置捕捉」主要プレイヤー(16社・団体)の取り組み最前線(最新ビジネスの実態)/用途・適用分野別関連市場規模算出(実態市場規模、潜在市場規模)/将来予測(今後5年後までの市場規模推移・予測)~

?.調査対象リスト一覧 編

・「≪非GPS技術を活用した≫屋内位置捕捉(ビジネス)」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(44社/団体)

?.総括 編 ⇒ 総括(結論)(主要各社における「屋内位置捕捉」ビジネスの現状分析とコンサルティング)

1) 「屋内位置捕捉(ビジネス)」の定義範囲について
2)市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測
3)当該売上額(TOTAL)推移<2011年度~2015年度>【TOTAL/プレイヤー・セグメント別】
4)当該ビジネスモデル別×当該売上推移・シナリオ、ならびに売上構成比率(%)の推移・シナリオ<2011年度~2015年度>、当該売上構成比率(%) 推移<2011年度~2015年度>の換算
5) 「屋内位置捕捉(ビジネス)」の市場占有率<シェア>(2011年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2011年度:実績)について
6)「屋内位置捕捉(ビジネス)」シーズ別『ハードウェア提供(モジュールやユニット、完成品など)、ソフトウェア提供、サービス提供(ASPサービス、SaaS、月額サービス利用料 など)、SI、その他(ライセンス販売、パテント収入・ランニングロイヤリティ、エンジニアリング・サポート)』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2011年度 実績) 相関クロス
7) 「位置捕捉」対象について(ビジネスになるフィールド:ヒト、モノ、エリアなど)集計&分析
8)「屋内位置捕捉(ビジネス)」×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング
9)「適用分野」別  合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP
10)適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪28セグメント別×分類≫
11)「屋内位置捕捉(ビジネス)」実態市場規模推移「2011年度(実績)」 「2015年度(実績)」 <適用分野×主要セグメント別>
12)「屋内位置捕捉(ビジネス)」潜在市場規模推移<適用分野×主要セグメント別>
13)「適用分野」別比率シェア調査結果
14)「屋内位置捕捉」(ビジネス)の当該市場規模(感)
15)「屋内位置捕捉(ビジネス)」の競合認識、参入プレイヤー数認識(基本的には国内での認識)
16) 「主要技術」集計&分析
17)「ビジネスモデル」集計&分析
18)「販売チャネル」(全体俯瞰)
19)「重点戦略(重点戦略(売上拡大のための施策・具体的な努力:直接的手段or間接的手段など))」集計&分析
20)他社との差別化戦略・差別化ポイント
21)開始時期×当該単年売上規模(2011年度 実績)の相関(XY軸)統計、相関(XY軸)マッピング
22)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2011年度 実績)から言えること、相関統計
23)前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス>
24) (今後の数値)目標(数量ベース、金額ベース)×当該売上規模(2011年度 実績)クロス
25)今後の売上計画×当該売上規模(2011年度 実績)クロス
26)「市場拡大要因」分析、「市場阻害要因」分析
27)「ユーザー事例」分析
28) 「屋内位置捕捉」ビジネスを取り巻く市場概況(「屋内位置捕捉」事業の外部環境 全般) ※直近年度での比較
29)「屋内位置捕捉」ビジネス 主要ベンダ(今回、深堀調査実施:主要16社・団体)当該売上予測(2011年度~2015年度:5カ年)推移×ビジネスモデルMAP 一覧
30)「屋内位置捕捉」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧(16社・団体)
31)主要16社・団体における「屋内位置捕捉(ビジネス)」×適用分野 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)<28セグメント> 、マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図) 、分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、売上換算(主要16社・団体)マトリックス一覧(当該売上、「屋内位置捕捉」ビジネス換算売上×ランキング)≪28セグメント≫
32)「屋内位置捕捉」ビジネス×実態調査結果・マトリックス<企業・団体別×調査項目別>(16社・団体分)

?.個票要約 編(訪問調査中心)

1)当該主要16社・団体の戦略ケーススタディを深堀ヒアリング&レポート
2)当該主要プレイヤー×共通ヒアリング項目 ⇒質問項目(大項目⇒11項目)+基礎データ(会社データ)

【調査対象】

1)Web上にて「屋内位置」と言及している事業者(プレイヤー)ならびにESP総研が 過去に当該テーマで取材を実施した事業者<合計44社・団体>すべてに取材アプローチし、訪問取材依頼を行った。その結果、累計16社・団体(取材依頼企業全体の36.4%)が深堀取材OKを出した。
2)但し、 Web上にて「屋内位置」と言及している事業者(プレイヤー)<44社・団体>のうち、取材拒否(当該ビジネスを展開しているものの、現時点では当該ビジネスを積極的に推進していない当該プレイヤー、または当該ビジネスを展開しているものの、実績がほとんどなく、取材に応えられるだけの実態データがない当該プレイヤー)が約20~25社・団体も見られたことから、実質的な当該プレイヤー(当該ビジネスを積極的且つ着実に推進しているプレイヤー)は合計で16社・団体+α(数社程度)に絞られる。
3)仮に日本国内における実質的な当該プレイヤー (当該ビジネスを積極的且つ着実に推進しているプレイヤー)を20社・団体と捉えると、今回深堀取材OKした当該プレイヤー16社・団体で当該プレイヤー全体の80.0%を占めることとなる。
4)従って、今回実施した調査で得られた「調査結果」(データ)は、当該主要プレイヤー16社・団体から得られた多面的な「深堀データ」であり、日本国内における「屋内位置捕捉」ビジネスの現状(実態)を十分網羅・把握できるだけの「マーケティング・データ」(レポート)となっている。

【調査方法】

・弊社専門調査員による訪問取材並びにメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った(主は訪問取材であった)。

【調査&レポート期間】

・ 2012年5月7日(取材開始)~2012年6月27日まで深堀調査(訪問取材、電話にてフォロー取材)を実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2012年11月6日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

【はじめに】

2012年度下期に入り早くも2ヶ月が経過したが、IMESやアシストGPS、超高感度GPSなどを含めたシームレス位置捕捉、インドアロケーション、インドアナビゲーション、シームレスポジショニングまたはシームレスポジショニングテクノロジーが注目されている中で、最新の「位置捕捉(屋内中心)」ビジネスが実態的にどの程度進み、短長期的に見てどういった分野(セグメント)で、どの程度の市場規模(市場形成)が見込めるのか?当該ビジネスの方向性と収束度を客観的にチェックし、「位置捕捉(屋内中心)」先端&有望ビジネスにおける「位置捕捉対象セグメント別(ヒト/モノ・その他)有望度評価」「セグメント別(実態/潜在)市場規模」を定点観測しながら多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰することが継続的に求められている。

「位置捕捉(屋内中心)」がもたらす近未来社会におけるIT利活用の高度化や多彩なサービスの実現には、ヒト・モノ・エリア(周辺環境等)の状況を正確に感知(センシング)・認識し、状況や(屋外、屋内、その中間といったエリア・セグメント毎の)環境に即した最適なサービスへと結びつけるためのWiFi、RFID(アクティブタグ、パッシブタグ)、超音波、無線LAN、UWB、近距離無線、特定小電力、赤外線、NFC、基地局測位、レーザー、PDR、Ekahau、センサー技術(単体あるいは複合技術)ならびにIMES、アシストGPS、超高感度GPS  等といった単体あるいは組み合わせ技術が不可欠となっている。

この一連の技術の実現により、「アミューズメント系で美術館、博物館、アミューズメント施設、展示などのアミューズメント分野」「イベント、イベント会場、展示会」「インターネットサービスプロバイダ(ISP)×メジャーで知名度が高い企業」「オフィス、スマートオフィス、事務所などのセキュリティ関係、従業員数2,000~3,000人以上の会社、法人向け」「コールセンター 」「サファリパーク」「スーパー、スーパーマーケット(大規模) 」「セキュリティ分野(入退管理)、セコムやアルソックなど警備会社系」「ゼネコン大手、建設工事会社、土木系(ゼネコン) 」「データセンター、データセンター事業者」「バス会社」「ビルディングを持っている、ビル管理会社」「位置情報のサービスを展開している企業、位置捕捉のサービスプレイヤー 」「医療(病院)・ヘルスケア」「宴会会場」「刑務所、法務省(刑務所) 」「携帯キャリア、携帯電話関係の業界(携帯電話会社、携帯電話メーカー)、通信事業者・キャリア向け」「携帯電話を持っている全世代、ドコモの携帯やauなどの一般携帯を持ったユーザー 」「研究開発機関、研究機関、研究所、施設」「公共系:公共施設→建物、交通関係、飛行場、駅、公園、国交省、地下街関係、地下街、観光分野」「自動車メーカー 」「塾」「商業施設(それに纏わるデベロッパー)、商業地域、大規模の商業空間、屋内施設」「小売、小売店、流通、ロジスティックス、サービス業といった業態の店舗、物流、アウトレットモール、ショッピングモール、SC(ショッピングセンター)、ホームセンターやGMS等の流通系店舗、店舗、店舗マーケティング、家電量販店」「製造、製造業、製造(ガラス工場など)、工場(化学工場や鉄工所)、コンビナート、一般の工場、生産工場、製造工場、製造業の現場」「倉庫、倉庫業、物流倉庫」「大学」「半導体メーカーやセットメーカー 」など、幅広い社会・経済活動への寄与が期待されている。特に、今後の少子高齢化社会、省エネ・環境推進社会に向けて着実に安全・安心・エコな社会を実現するために「位置捕捉(屋内中心)」の果たすべき役割は大きいと言えるだろう。

こうした市場の声を受けて、ESP総研では、「位置捕捉<屋内中心>(実態)市場」の全貌、将来の見通しを明確化するべく、2012年5月~2012年6月の間で顕在化している「位置捕捉<屋内中心>」プレイヤー主要44社・団体を抽出、彼らの中で主要16社・団体へのインタビューを多面的に実施し、「位置捕捉(屋内中心)」実態ビジネス×市場検証(実態ビジネス×ターゲット・セグメント×ポテンシャリティ探索(全体:28セグメント、ヒト分野/モノ・その他分野 別)、2012年5月~2012年6月時点における「位置捕捉(屋内中心)」実態市場、今後の有望&重点・注目分野&ターゲット分野)、短中長期に見た当該ビジネスの方向性と収束度/時間軸別×市場浸透ロードマップを客観評価&多面的に分析(「短期的」「長期的」(実態的)に見て垂直・水平展開できる有望フィールドはどこか?)を行った。

特に重点を置いたのは、(1)市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測(2)当該売上額(TOTAL)推移<2011年度~2015年度>【TOTAL/プレイヤー・セグメント別】 (3)当該ビジネスモデル別×当該売上推移・シナリオ、ならびに売上構成比率(%)の推移・シナリオ<2011年度~2015年度>(4)当該売上構成比率(%) 推移<2011年度~2015年度>の換算(5)「屋内位置捕捉(ビジネス)」の市場占有率<シェア>(2011年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2011年度:実績)について(6)「屋内位置捕捉(ビジネス)」シーズ別『ハードウェア提供(モジュールやユニット、完成品など)、ソフトウェア提供、サービス提供(ASPサービス、SaaS、月額サービス利用料 など)、SI、その他(ライセンス販売、パテント収入・ランニングロイヤリティ、エンジニアリング・サポート)』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2011年度 実績) 相関クロス(7)「屋内位置捕捉(ビジネス)」×「適用分野」「販売ターゲット」(8)「適用分野」別  合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP(9)適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪28セグメント別×分類≫(10)「屋内位置捕捉(ビジネス)」実態市場規模推移「2011年度(実績)」 「2015年度(実績)」 <適用分野×主要セグメント別> (11)「屋内位置捕捉(ビジネス)」潜在市場規模推移<適用分野×主要セグメント別>(12)「適用分野」別比率シェア調査結果 (13)「屋内位置捕捉」(ビジネス)の当該市場規模(感) (14)「屋内位置捕捉」ビジネスを取り巻く市場概況(「屋内位置捕捉」事業の外部環境 全般)(15)「屋内位置捕捉」ビジネス 主要ベンダ(今回、深堀調査実施:主要16社・団体)当該売上予測(2011年度~2015年度:5カ年)推移×ビジネスモデルMAP 一覧である。

今回、ご多忙にも関わらず「取材協力」頂いた16社・団体の皆様にはこの場を借りて心から深く感謝申し上げると共に、この調査報告書が「屋内位置捕捉」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【目次】

2012年 「位置捕捉」ビジネス白書(屋内:非GPS 編)(T字型調査の実施:垂直深堀調査重視) P1

?.調査対象リスト一覧 編 P2

1)「≪非GPS技術を活用した≫屋内位置捕捉(ビジネス)」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(44社/団体) *候補も含む → 市場において”屋内位置”と言及しているプレイヤーは何処か?Webから全て抽出→(積極的に)当該ビジネスを参入・推進しているのは 合計16社・団体(取材アプローチ結果) P3

?.総括 編 P20

・総括(結論)(主要各社における「屋内位置捕捉」ビジネスの現状分析とコンサルティング)  P21

1) 「屋内位置捕捉(ビジネス)」の定義範囲について P22
2)市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測(A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤーならびにB.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー 別) P23
3-1)当該主要13社・団体(個票要約分析) ×当該売上額(TOTAL)推移<2011年度~2015年度>【TOTAL/プレイヤー・セグメント別】 P24
3-2)当該ビジネスモデル別×当該売上推移・シナリオ、ならびに売上構成比率(%)の推移・シナリオ<2011年度~2015年度> 【当該主要13社・団体(トータル)】表 P25
3-3)当該ビジネスモデル別×当該売上額推移<2011年度~2015年度>の換算【当該主要13社・団体(トータル) 】グラフ P26
3-4)当該ビジネスモデル別×当該売上構成比率(%) 推移<2011年度~2015年度>の換算【当該主要13社・団体(トータル) 】グラフ P27
4-1)当該ビジネスモデル別×当該売上推移・シナリオ、ならびに売上構成比率(%)の推移・シナリオ<2011年度~2015年度> 【A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー(合計8社・団体) 】表 P28
4-2)当該ビジネスモデル別×当該売上額推移<2011年度~2015年度>の換算【 A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー(合計8社・団体) 】グラフ P29
4-3)当該ビジネスモデル別×当該売上構成比率(%) 推移<2011年度~2015年度>の換算【 A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー(合計8社・団体) 】グラフ P30
5-1)当該ビジネスモデル別×当該売上推移・シナリオ、ならびに売上構成比率(%)の推移・シナリオ<2011年度~2015年度> 【B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー(合計5社・団体) 】表 P31
5-2)当該ビジネスモデル別×当該売上額推移<2011年度~2015年度>の換算【 B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー(合計5社・団体) 】グラフ P32
5-3)当該ビジネスモデル別×当該売上構成比率(%) 推移<2011年度~2015年度>の換算【 B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー(合計5社・団体) 】グラフ P33
6-1) 「屋内位置捕捉(ビジネス)」の市場占有率<シェア>(2011年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2011年度:実績)について【当該主要13社・団体(トータル)】 P34
6-2) 「屋内位置捕捉(ビジネス)」の市場占有率<シェア>(2011年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2011年度:実績)について【A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー(合計8社・団体) 】 P35
6-3) 「屋内位置捕捉(ビジネス)」の市場占有率<シェア>(2011年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2011年度:実績)について【B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー(合計5社・団体)】 P36
7-1)主要16社・団体における「屋内位置捕捉(ビジネス)」シーズ別『ハードウェア提供(モジュールやユニット、完成品など)、ソフトウェア提供、サービス提供(ASPサービス、SaaS、月額サービス利用料 など)、SI、その他(ライセンス販売、パテント収入・ランニングロイヤリティ、エンジニアリング・サポート)』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2011年度 実績) 相関クロス【A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー】 P37
7-2)主要16社・団体における「屋内位置捕捉(ビジネス)」シーズ別『ハードウェア提供(モジュールやユニット、完成品など)、ソフトウェア提供、サービス提供(ASPサービス、SaaS、月額サービス利用料 など)、SI、その他(ライセンス販売、パテント収入・ランニングロイヤリティ、エンジニアリング・サポート)』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2011年度 実績) 相関クロス【B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー】 P38
8) 「位置捕捉」対象について(ビジネスになるフィールド:ヒト、モノ、エリアなど)集計&分析(N=16)<1> P39
8) 「位置捕捉」対象について(ビジネスになるフィールド:ヒト、モノ、エリアなど)集計&分析(N=16)<2> P40
9-1)「屋内位置捕捉(ビジネス)」×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング【トータル16社・団体 集計・分析】 P41
9-2)当該16社・団体における「適用分野」別  合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP P42
9-3)適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪28セグメント別×分類≫【N=16社・団体(トータル)】 P43
9-4)「屋内位置捕捉(ビジネス)」実態市場規模推移「2011年度(実績)」(主要16社・団体 合計)<適用分野×主要セグメント別> P44
9-5)「屋内位置捕捉(ビジネス)」実態市場規模推移「2015年度(実績)」(主要16社・団体 合計)<適用分野×主要セグメント別> P45
9-6)「屋内位置捕捉(ビジネス)」潜在市場規模推移『ケース1』<適用分野×主要セグメント別>(潜在市場規模:(株)日立製作所   認識値(MIN)より) P46
9-7)「屋内位置捕捉(ビジネス)」潜在市場規模推移『ケース2』<適用分野×主要セグメント別>(潜在市場規模:古河機械金属?  認識値(MAX)より) P47
9-8)「個票要約(16社・団体)分析」 ×「適用分野」別比率シェア調査結果 P48
10-1)「屋内位置捕捉(ビジネス)」×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング【 A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー(合計9社) 集計・分析】 P49
10-2)当該9社・団体(A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー )における「適用分野」別  合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP P50
10-3)適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪28セグメント別×分類≫【N=9社・団体(A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー )】 P51
10-4)「屋内位置捕捉(ビジネス)」実態市場規模推移「2011年度(実績)」(N=9社・団体(A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー ))<適用分野×主要セグメント別> P52
10-5)「屋内位置捕捉(ビジネス)」実態市場規模推移「2015年度(実績)」(N=9社・団体(A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー))<適用分野×主要セグメント別> P53
10-6)「屋内位置捕捉(ビジネス)」潜在市場規模推移『ケース1』<適用分野×主要セグメント別>(潜在市場規模:(株)日立製作所   認識値(MIN)より) P54
10-7)「屋内位置捕捉(ビジネス)」潜在市場規模推移『ケース2』<適用分野×主要セグメント別>(潜在市場規模:古河機械金属?  認識値(MAX)より) P55
10-8)「個票要約(9社・団体(A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー ))分析」 ×「適用分野」別比率シェア調査結果 P56
11-1)「屋内位置捕捉(ビジネス)」×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング【B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー(合計7社)集計・分析】 P57
11-2)当該7社・団体(B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー )における「適用分野」別  合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP P58
11-3)適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪28セグメント別×分類≫【N=7社・団体(B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー )】 P59
11-4)「屋内位置捕捉(ビジネス)」実態市場規模推移「2011年度(実績)」(N=7社・団体( B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー ))<適用分野×主要セグメント別> P60
11-5)「屋内位置捕捉(ビジネス)」実態市場規模推移「2015年度(実績)」(N=7社・団体( B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー ))<適用分野×主要セグメント別> P61
11-6)「屋内位置捕捉(ビジネス)」潜在市場規模推移『ケース1』<適用分野×主要セグメント別>(潜在市場規模:測位衛星技術?   認識値(MIN)より) P62
11-7)「屋内位置捕捉(ビジネス)」潜在市場規模推移『ケース2』<適用分野×主要セグメント別> (潜在市場規模: CSR?   認識値(MAX)より) P63
11-8)「個票要約(7社・団体( B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー ))分析」 ×「適用分野」別比率シェア調査結果 P64
12)「屋内位置捕捉」(ビジネス)の当該市場規模(感) P65
13)「屋内位置捕捉(ビジネス)」の競合認識、参入プレイヤー数認識(基本的には国内での認識) ※数値(規模)が入っていないコメントは削除した P66
14)「個票(16社・団体)分析」× 「主要技術」集計&分析<1> P67
14)「個票(16社・団体)分析」×「主要技術」集計&分析<2> P68
15)個票要約(16社・団体)「ビジネスモデル」集計&分析(1) P69
15)個票要約(16社・団体)「ビジネスモデル」集計&分析(2)(2011年度 実績×数量<抽出件数>ベース) P70
15)個票要約(16社・団体)「ビジネスモデル」集計&分析(3) P71
16)「個票要約(16社・団体)分析」×「販売チャネル」(全体俯瞰)  P72
17)「個票分析(16社・団体) 」×「重点戦略(重点戦略(売上拡大のための施策・具体的な努力:直接的手段or間接的手段など))」集計&分析<1> P73
17)「個票分析(16社・団体) 」×「重点戦略(重点戦略(売上拡大のための施策・具体的な努力:直接的手段or間接的手段など))」集計&分析<2> P74
18)「個票分析(16社・団体) 」×「他社との差別化戦略・差別化ポイント」<1> P75
18)「個票分析(16社・団体) 」×「他社との差別化戦略・差別化ポイント」<2> P76
19-1)開始時期×当該単年売上規模(2011年度 実績)の相関(XY軸)統計<N=16> P77
19-2)開始時期×当該単年売上規模(2011年度 実績)の相関(XY軸)マッピング<N=16> P78
20-1)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2011年度 実績)から言えること<N=14> ※あくまで累計実績を抽出(実績なしのプレイヤーは抽出しなかった) P79
20-2)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2011年度 実績)の相関統計<N=17> ※1事業者で複数回答があったため P80
21)前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス><N=11> P81
22) (今後の数値)目標(数量ベース、金額ベース)×当該売上規模(2011年度 実績)クロス<N=15> P82
23)今後の売上計画×当該売上規模(2011年度 実績)クロス<N=16> P83
24)「個票(16社・団体)分析」×「市場拡大要因」分析<1> P84
24)「個票(16社・団体)分析」×「市場拡大要因」分析<2> P85
25)「個票(16社・団体)分析」×「市場阻害要因」分析<1> P86
25)「個票(16社・団体)分析」×「市場阻害要因」分析<2> P87
26)「個票(16社・団体)分析」×「ユーザー事例」分析<1> P88
26)「個票(16社・団体)分析」×「ユーザー事例」分析<2-1> P89
26)「個票(16社・団体)分析」×「ユーザー事例」分析<2-2> P90
27) 「屋内位置捕捉」ビジネスを取り巻く市場概況(「屋内位置捕捉」事業の外部環境 全般) ※直近年度での比較<1-1> P91
27) 「屋内位置捕捉」ビジネスを取り巻く市場概況(「屋内位置捕捉」事業の外部環境 全般) ※直近年度での比較<1-2> P92
27) 「屋内位置捕捉」ビジネスを取り巻く市場概況(「屋内位置捕捉」事業の外部環境 全般) ※直近年度での比較<1-3> P93
27) 「屋内位置捕捉」ビジネスを取り巻く市場概況(「屋内位置捕捉」事業の外部環境 全般) ※直近年度での比較<2> P94
28)「屋内位置捕捉」ビジネス 主要ベンダ(今回、深堀調査実施:主要16社・団体)当該売上予測(2011年度~2015年度:5カ年)推移×ビジネスモデルMAP 一覧 <A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー(合計9社)、B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー(合計7社)に分類> P95
29)「屋内位置捕捉」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧(16社・団体) P97
30-1)主要16社・団体における「屋内位置捕捉(ビジネス)」×適用分野 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)<28セグメント> P99
30-2)主要16社・団体における「屋内位置捕捉(ビジネス)」×適用分野 マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図) P101
30-3-1)主要16社・団体における「屋内位置捕捉(ビジネス)」×分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、売上換算(主要16社・団体)マトリックス一覧(当該売上、「屋内位置捕捉」ビジネス換算売上×ランキング)≪28セグメント≫ P103
30-3-2)主要9社・団体(A.非GPS技術を活用した屋内位置捕捉ビジネスを強く志向してきた従来プレイヤー(合計9社))における「屋内位置捕捉(ビジネス)」 ×適用分野 マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図) P105
30-3-3)主要7社・団体(B.GPS技術×屋外位置捕捉+屋外・屋内のシームレス位置捕捉を志向しているプレイヤー(合計7社))における「屋内位置捕捉(ビジネス)」 ×適用分野 マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図) P107
31)「屋内位置捕捉」ビジネス×実態調査結果・マトリックス<企業・団体別×調査項目別>(16社・団体分)*設問項目No.11は除く P109

?.個票要約 編(訪問調査中心) P134

1.?イージェーワークス P135
2.インディゴ? P148
3. NECエンジニアリング? P154
4. ?NTTドコモ P164
5.クウジット? P170
6. ?サイヴァース P177
7. CSR? P186
8.スプリームシステムコンサルティング? P195
9.測位衛星技術? P199
10. ?日本エアロスカウト P217
11.日本ヒューレット・パッカード? P225
12. ?日立産機システム P233
13.?日立製作所 ワイヤレスインフォ統括本部 P242
14.古河機械金属? P268
15.マゼランシステムズジャパン? P291
16.丸紅情報システムズ? P297

【当該主要プレイヤー×共通ヒアリング項目】

1.「位置捕捉(屋内向け)ビジネス」関連/中核プロダクツ&ソリューション(SIなど)
1)製品(ハードウェア、ソフトウェア)、ソリューション(SI)、サービス(SaaS、ASPなど)概要(具体的なメニュー内容)や料金体系:平均導入実績価格<実績ベースを中心に>など
2)「位置捕捉」対象について(ビジネスになるフィールド:ヒト、モノ、エリアなど)
2.適用分野・対象用途エリア(エリア・分野、業種・業務)、販売ターゲット
3.主要技術(キーワードなど)
4.ビジネスモデル・販売チャネル
1)ビジネスモデル
2)販売チャネル
5.重点戦略・差別化戦略
1)重点戦略(売上拡大のための施策・具体的な努力:直接的手段or間接的手段など)
2)他社との差別化戦略・差別化ポイント
6.開始時期・導入実績・(今後の)目標
1)開始時期(  年 月)
2)導入実績(累計数量、屋内向け×位置捕捉ビジネス関連 単年売上)
3)前年比伸長率(屋内向け×位置捕捉ビジネス関連売上で、前年と比べた直近伸長率%)
4)(今後の数値)目標(数量ベース、金額ベース)
7.当該市場規模(感)/当該売上計画(2011年度~2015年度)
1)当該(屋内向け×位置捕捉ビジネス関連)市場規模(感)<2011年度時点(金額ベース)>
2)同社における当該(屋内向け×位置捕捉ビジネス関連)売上計画(2011年度~2015年度)<金額ベース>
8.市場拡大要因/市場阻害要因(屋内向け×位置捕捉ビジネス関連)
1)市場拡大要因(屋内向け×位置捕捉ビジネス関連)
2)市場阻害要因(屋内向け×位置捕捉ビジネス関連)
9.ユーザー事例/競合&当該プレイヤー数(合計)認識
1)ユーザー事例
2)競合/当該参入プレイヤー数(合計)認識(具体的な競合認識プレイヤー名、当該参入プレイヤー数 合計認識)
10.「屋内向け×位置捕捉ビジネス」を取り巻く市場概況(「屋内向け×位置捕捉ビジネス関連」事業の外部環境 全般)
11.「屋内向け×位置捕捉ビジネス」によって近未来シーンとしてどのようなことが可能になるのか?「屋内向け×位置捕捉ビジネス」によって未来がどのように変わるのか?(イノベーション・ポイント)重要な観点

奥付け

【ISBNコード】

ISBN978-4-907048-04-4 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)分析・レポーティング:ESP総研
3)調査: ESP総研

【トータル・ページ数(報告書)】

・306ページ
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問い合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2012年「位置捕捉」ビジネス白書(屋内:非GPS 編)』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格100,000円+税
<※1部カラー>

2)CD-R:本体価格100,000円+税<※全てカラー>

3)1)2)のセット価格:本体価格150,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2012年11月7日
【報告書体裁】 A4版 オンデマンド印刷
【ページ数】 合計306ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー