2013年「ビッグデータ(BigData)」×活用シーンに関する深堀調査(No.3)マイクロアド 編

~(1)「ビッグデータ(BigData)」関連ビジネス:同社における「ビッグデータ(BigData)」に関する取り組み全般(2)適用分野・対象用途エリア(エリア・分野、業種・業務)、販売ターゲット(3)「ビッグデータ(BigData)」活用シーン(4)「ビッグデータ(BigData)」注目事例(5)「ビッグデータ(BigData)」活用シーン、「注目事例」別 想定市場規模とその算出根拠(6)ビッグデータ(BigData)×国内活用シーン・事例(ビッグデータの詳細な活用シーン及び事例)を言及している企業リスト<合計105件> も別途添付~

【調査対象】

・Web上で「ビッグデータ(BigData)×国内活用シーン・事例(ビッグデータの詳細な活用シーン及び事例)」を言及している企業または団体

【調査方法】

・ 弊社専門調査員によって、「ビッグデータ(BigData)×国内活用シーン・事例(ビッグデータの詳細な活用シーン及び事例)」を言及している企業または団体に対して取材依頼アプローチを行い、訪問インタビュー&レポーティングした。

【調査&レポート期間】

・ 2013年6月12日(調査依頼開始)~2013年7月17日(訪問インタビュー終了)。2013年8月20日に報告書作成が終了した。

【はじめに】

 2013年度上半期も残すところ僅かとなったが、ここにきて「ビッグデータ(BigData)」の活用シーンを深堀調査&レポート化することが求められている。

 2012年後半から、どのような企業(ベンダ、ユーザー)がどのような活用シーン(ビッグデータ:BigData)を具体的に掲げているのか?「先行事例」について言及先、出典先企業を明らかにした上で、「ビッグデータ(BigData)」活用シーンを深堀調査し、次の新たな戦略・ソリューション・サービス開発に活かしていきたいとするITベンダが目立つ。

 その背景にあるのは、ビッグデータの活用シーン(先行事例)を多面的に深く考察することで、あらゆる業種、業界のユーザー向けに新たなビジネスを生み出していく(創造していく)ヒントを掴もう!といった機運の高まりがある。しかしながら、「ビッグデータ(BigData)」活用シーンはノウハウ・知恵であり、迂闊にすべてを語ることは難しい(公開できる内容であれば話せる)とする企業(ベンダ、ユーザー)が多いことも事実である。

 こうした声を受けて、ESP総研では “2013年「ビッグデータ(BigData)」 ×活用シーンに関する市場調査 Ver.2”と併せて“2013年「ビッグデータ(BigData)」×活用シーンに関する深堀調査<先進企業(ITベンダ/ITユーザー)別ケーススタディ 編>”について調査&レポート化することとなった。

 今回、ご多忙にも関わらず「当該調査」にご協力頂いた皆様にはこの場を借りて心から深く感謝申し上げると共に、この調査報告書が「ビッグデータ(BigData)」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【目次】

1)ビッグデータ(BigData)×国内活用シーン・事例(ビッグデータの詳細な活用シーン及び事例)を言及している企業リスト<合計105件> P1

2)ケーススタディ・レポート(深堀インタビュー・レポート)マイクロアド P33

1.マイクロアド (1)事業概要図 P34
1.マイクロアド (2)マイクロアドの規模 P35
1.マイクロアド (3)RTBとは? P36
1.マイクロアド (4)どんなデータがあるか? P37
1.マイクロアド (5)目的はビジネス、分析は手段 P38
1.マイクロアド (6)ビッグデータを利益に変える方法 P39
1.マイクロアド (7)お試しで成果を出して、大きく投資する P40
1.マイクロアド (8)環境投資と売上のリンク P41
1.マイクロアド (9)構成概念図 P42
1.マイクロアド (10)入札額を決定するエンジンの構築 P43
2.マイクロアド (1)「ビッグデータ(BigData)」関連ビジネス:御社における「ビッグデータ(BigData)」に関する取り組み全般について P44
2.マイクロアド (2)適用分野・対象用途エリア (エリア・分野、業種・業務)、販売ターゲット& 「ビッグデータ(BigData)」活用シーンについて、「ビッグデータ(BigData)」注目事例について P45
2.マイクロアド (3)「ビッグデータ(BigData)」活用シーン、 「注目事例」別 想定市場規模とその算出根拠について など P46
3.マイクロアド <MicroAd BLADE> P47

奥付け

【ISBNコード】

ISBN978-4-907048-43-3 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)分析・レポーティング:ESP総研
3)調査: ESP総研 

【トータル・ページ数(報告書)】

・47ページ

<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問い合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2013年「ビッグデータ(BigData)」×活用シーンに関する深堀調査(No.3)マイクロアド 編』
【頒価】 PDF(CD-R):本体価格30,000円+税<※全てカラーですが、目次タイトルリンク設定は行っていません。>
【発刊日】 2013年8月20日

【報告書体裁】 A4版 PDF(CD-R)
【ページ数】 47ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー