2014年「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」に関する市場調査~国内主要プレイヤー15社のケーススタディ&集計・分析レポート~

~ 「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」主要プレイヤー(15社)の取り組み最前線(最新ビジネスの実態を多面的かつ多層的にヒアリング&レポート)/最新の「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネス・ケーススタディ(15社)を調査項目別に徹底的に集計&分析/日本市場における「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」実態ビジネスの現状を把握し、次の商機(チャンス)を掴むための深堀調査レポート~

【調査対象】

・Web上にて「データマネジメントプラットフォーム(DMP)」と言及している事業者(プレイヤー)<51社>すべてに(電話やメールにて)取材依頼アプローチを行い、訪問取材を中心にヒアリングを行った。その結果、累計15社(取材アプローチ企業全体の29.4%)に対して深堀ヒアリングを実施できた。 

【調査方法】

・弊社専門調査員による訪問取材を軸に、電話でのヒアリングまたはメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った(主は訪問取材であった)。

【調査&レポート期間】

・ 2014年7月8日(電話にて取材アプローチ開始)~2014年8月末日まで深堀調査(訪問取材、電話にてフォローヒアリング)を実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2014年9月25日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

【はじめに】

 2014年度において、ビッグデータ市場の中で最も注目されているのが、「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」である。

 この背景には、右肩上がりの成長を続けている「ビッグデータ活用」市場をベースに、ビッグデータのマーケティング活用進化への期待が高まっていることなどがある。 また、自社サイトへの訪問記録や販売実績などのあらゆるデータを収集して統合できることや、短時間で分析することによって、自社に最適な販売強化策を講じることができること、加えて社内のノウハウ不足や分析に時間がかかりすぎるといったビッグデータ活用の悩みを解説できる管理基盤として注目されていることから、当該ビジネスへの参入が相次いでいる他、ITユーザー企業においても自社が持つビッグデータをマーケティング目的で活用するために独自にプラットフォームを構築したいといったニーズ・需要が急拡大している。

 こうした中で、2013年度 下期以降、 「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネスに対する最新の取り組みを早急に纏めて欲しい!(深堀調査を実施して欲しい!)といった強い要望やリクエストを頂いた。

 従ってESP総研ではリストアップした当該参入プレイヤー51社全て(100%)に対して取材依頼を実施し、そのうち合計15社(29.4%)から「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」に対する取り組みを取材することができた。

 具体的には、当該主要各社に対して「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネスの定義範囲ならびに「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」関連/中核プロダクツ&ソリューション(SIなど)【取り組み全般】製品(ハードウェア、ソフトウェア)、ソリューション(SI)、サービス(XaaSなど)、プラットフォーム概要(具体的なメニュー内容)や料金体系:平均導入実績価格<実績ベースを中心に>、適用分野・対象用途エリア(エリア・分野、業種・業務)、販売ターゲット、ビジネスモデル・販売チャネル、重点戦略・差別化戦略、開始時期・導入実績・(今後の)目標、当該市場規模(感)/当該売上計画(2013年度~2017年度)、市場拡大要因/市場阻害要因、ユーザー事例/競合&当該プレイヤー数(合計)認識、「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」を取り巻く市場概況(DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)事業の外部環境 全般) などを中心に多面的且つ多層的にヒアリング調査を実施した。

 今回、ESP総研では総力を結集して“2014年「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」に関する市場調査~国内主要プレイヤー15社のケーススタディ&集計・分析レポート~ を刊行するに至ったが、当該調査&レポートを担当した 河村 昌司 によれば、以下の調査&レポート 所感を述べているので、参考にして頂きたい。

 近年、DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)が市場を賑わせている。効率的な広告配信や各企業にとって有効なマーケティング施策立案のために不可欠なソリューションとなりつつある。しかし、日本の企業にとって完全に認知された存在ではなく、正しい使われ方をされていないのが実情でもある。各主要プレイヤーは、有望なソリューション分野であるといった認識を持ちつつも、より一層の啓蒙活動の必要性を感じており、現在進行形で市場への情報発信や、様々なソリューションとの連携、企業間連携などを積極的に行い、市場を形成させようとしている。

 今回、主要プレイヤーへのヒアリングを通して、DMPの今後への手応えを感じることができた。まだ、生まれたばかりの市場であるが、今後、どのような変遷を経て、大きく成長していくのか、この過程を見守り続けたいと思っている。そして、当レポートがDMP市場の成長の一役になれば幸いである。

 今回、ご多忙にも関わらず「取材協力」頂いた15社の皆様にはこの場を借りて心から深く感謝申し上げると共に、この調査報告書が「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【目次】

?.調査対象リスト一覧 編 P1

1)「データ・マネジメント・プラットフォーム」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(51社/部門) P2

?.総括 編 P19

・総括(結論)(主要各社における「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネスの現状分析とコンサルティング) P20

1) 「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネスの定義範囲及び今回のヒアリング・プレイヤーにおける当該ビジネス範囲について P21
2)市場概況×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測 P22
3)「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」市場規模推移・予測(2013年度 実績~2017年度 予測 *金額ベース)<TOTAL、セグメント別(広告向けDMP、業向けDMP)> P23
4-1)「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」全体市場 主要提供ベンダにおけるシェア図<2013年度  ESP総研 推定> P24
4-2)「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」全体市場 主要提供ベンダにおけるシェア図<2014年度  ESP総研 推定> P25
4-3)「広告向けDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」市場 主要提供ベンダにおけるシェア図<2013年度 ESP総研 推定> P26
4-4)「広告向けDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」市場 主要提供ベンダにおけるシェア図<2014年度 ESP総研 推定> P27
4-5)「業務向けDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」市場 主要提供ベンダにおけるシェア図<2013年度 ESP総研 推定> P28
4-6)「業務向けDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」市場 主要提供ベンダにおけるシェア図<2014年度  ESP総研 推定> P29
5)主要15社における「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネス価格帯×当該売上(2013年度実績)相関クロス P30
6-1)「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネス×「適用分野」「販売ターゲット」(15社から) P31
6-2)当該15社における「適用分野」別合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績クロス MAP P32
6-3)適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図<21セグメント別×分類> P33
6-4)「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネス×潜在市場規模推移( ?アドクラウドが挙げているトータル市場規模仮説をブレイクダウン)<適用分野×主要セグメント別> P34
6-5)「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネス×潜在市場規模推移( ?インティメート・マージャーが挙げているトータル市場規模仮説をブレイクダウン)<適用分野×主要セグメント別> P35
6-6)「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネス×潜在市場規模推移(2013年度 DMP市場規模(単位:百万円))<主要企業へのヒアリングを基に拡大集計を行い、ESP総研で推定 *1,000百万円と推定>(適用分野×主要セグメント別) P36
6-7)「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネス×潜在市場規模推移( 2014年度 DMP市場規模(単位:百万円))<主要企業へのヒアリングを基に拡大集計を行い、ESP総研 で推定 *2,200百万円と推定>(適用分野×主要セグメント別) P37
6-8)「個票要約(15社)分析」 ×「適用分野」別比率シェア調査結果 P38
7)「ビジネスモデル」に関する集計&分析<N=15(MA)>(1) P39
7)「ビジネスモデル」に関する集計&分析<N=15(MA)>(2) P40
8)「販売チャネル」に関する集計&分析<N=15(MA)> P41
9)「重点戦略(売上拡大のための施策・具体的な努力:直接的手段or間接的手段など)」に関する集計&分析<N=15(MA)>(1) P42
9)「重点戦略(売上拡大のための施策・具体的な努力:直接的手段or間接的手段など)」に関する集計&分析<N=15(MA)>(2) P43
10)「他社との差別化戦略・差別化ポイント」に関する集計&分析<N=15(MA)>(1) P44
10)「他社との差別化戦略・差別化ポイント」に関する集計&分析<N=15(MA)>(2) P45
11)開始時期×当該単年売上規模(2013年度 実績)の相関(XY軸)マッピング<N=15(MA)> P46
12)導入実績(累計数量、DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)関連 単年売上)に関する集計&分析<N=14> P47
13)前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス><N=15> P48
14)「(今後の数値)目標(数量ベース、金額ベース)」に関する集計&分析<N=14> P49
15)潜在市場規模(認識数値)×競合プレイヤー数(認識数値) ×当該売上(実績数値)から見えてくること(仮説:重要トピックス)<N=15(MA)> P50
16)当該(DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)関連)売上計画(2013年度~2017年度)<金額ベース>に関する集計&分析<N=14> P51
17)「市場拡大要因 DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」に関する集計&分析<N=15(MA)>(1) P52
17)「市場拡大要因 DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」に関する集計&分析<N=15(MA)>(2) P53
18)「市場阻害要因 DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」に関する集計&分析<N=15(MA)>(1) P54
18)「市場阻害要因 DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」に関する集計&分析<N=15(MA)>(2) P55
19)「ユーザー事例」に関する集計&分析<N=15(MA)>(1) P56
19)「ユーザー事例」に関する集計&分析<N=15(MA)>(2) P57
20)調査対象企業別×「競合認識」「セグメント別参入企業プレイヤー数」に関する相関・俯瞰図<N=15>(1) P58
20)調査対象企業別×「競合認識」「セグメント別参入企業プレイヤー数」に関する相関・俯瞰図<N=15>(2) P59
20)調査対象企業別×「競合認識」「セグメント別参入企業プレイヤー数」に関する相関・俯瞰図<N=15>(3) P60
20)調査対象企業別×「競合認識」「セグメント別参入企業プレイヤー数」に関する相関・俯瞰図<N=15>(4) P61
20)調査対象企業別×「競合認識」「セグメント別参入企業プレイヤー数」に関する相関・俯瞰図<N=15>(5) P62
20)調査対象企業別×「競合認識」「セグメント別参入企業プレイヤー数」に関する相関・俯瞰図<N=15>(6) P63
20)調査対象企業別×「競合認識」「セグメント別参入企業プレイヤー数」に関する相関・俯瞰図<N=15>(7) P64
20)調査対象企業別×「競合認識」「セグメント別参入企業プレイヤー数」に関する相関・俯瞰図<N=15>(8) P65
21)「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」を取り巻く市場概況(DMP:データ・マネジメント・プラットフォーム)事業の外部環境 全般に関する集計&分析<N=15(MA)> P66
22-1)主要15社における「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネス×適用分野 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)<21セグメント> P67
22-2)主要15社における「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」×適用分野 マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図) P68
22-3)主要15社における「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネス×分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネス×潜在市場規模換算×ランキング≪21セグメント≫ P69
23)「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」ビジネス×実態調査結果・マトリックス(ポイント・キーワードのみ)<企業別×調査項目別>(15社分) P71

?.個票 編(訪問取材 中心) P86

1. ?adingo P87
2. ?アドクラウド P92
3.アドビシステムズ? P97
4. ?ALBERT P102
5. ?インティメート・マージャー P107
6. ?クロスリスティング P113
7. ?KSKアナリティクス P117
8.データアーティスト? P123
9.トランスコスモス? P128
10. ?博報堂DYメディアパートナーズ P133
11.フラクタルシステムズ? P137
12. ?フリークアウト P142
13. ?モデューロ P146
14. ?ロックオン P151
15.ワークブレイン・ジャパン? P156

【各社共通ヒアリング項目】

1. 「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」関連/中核プロダクツ&ソリューション(SIなど)【取り組み全般】
製品(ハードウェア、ソフトウェア)、ソリューション(SI)、サービス(XaaSなど)、プラットフォーム概要(具体的なメニュー内容)や料金体系:平均導入実績価格<実績ベースを中心に>など
2.適用分野・対象用途エリア(エリア・分野、業種・業務)、販売ターゲット
3.ビジネスモデル・販売チャネル
1)ビジネスモデル
2)販売チャネル
4.重点戦略・差別化戦略
1)重点戦略(売上拡大のための施策・具体的な努力:直接的手段or間接的手段など)
2)他社との差別化戦略・差別化ポイント
5.開始時期・導入実績・(今後の)目標
1)開始時期(  年 月)
2)導入実績(累計数量、DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)関連 単年売上)
3)前年比伸長率(DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)関連売上で、前年と比べた直近伸長率%)
4)(今後の数値)目標(数量ベース、金額ベース)
6.当該市場規模(感)/当該売上計画(2013年度~2017年度)
1)当該(DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)関連)市場規模(感)<2013年度時点(金額ベース)>
2)御社における当該(DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)関連)売上計画(2013年度~2017年度)<金額ベース>
7.市場拡大要因/市場阻害要因(DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム))
1)市場拡大要因(DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム))
2)市場阻害要因(DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム))
8.ユーザー事例/競合&当該プレイヤー数(合計)認識
1)ユーザー事例
2)競合/当該参入プレイヤー数(合計)認識(具体的な競合認識プレイヤー名、当該参入プレイヤー数 合計認識)
9.「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」を取り巻く市場概況(DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)事業の外部環境 全般)

奥付け

【ISBNコード】

ISBN978-4-907048-98-3 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研 河村 昌司

【トータル・ページ数(報告書)】

・159ページ
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問い合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2014年「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」に関する市場調査~国内主要プレイヤー15社のケーススタディ&集計・分析レポート~』
【頒価】 PDF(CD-R):本体価格180,000円+税<※全てカラーですが、目次タイトルリンク設定は行っていません。>
【発刊日】 2014年9月25日

【報告書体裁】 A4版 PDF(CD-R)
【ページ数】 合計159ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー