“次世代端末・デバイス”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/ “次世代端末・デバイス”の進化による未来予測≪2014‐2034≫~未来絵 編 ~

業界・分野別×未来予測シリーズ
~ “次世代端末・デバイス(スマートフォン、端末、携帯、携帯端末、スマート端末、スマートデバイスなど)”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵15枚、個票絵242枚≫~

【調査対象】

・「次世代端末・デバイス(スマートフォン、端末、携帯、携帯端末、スマート端末、スマートデバイスなど)」分野 全般

【調査方法】

・弊社専門調査員による最先端技術調査後、“次世代端末・デバイス(スマートフォン、端末、携帯、携帯端末、スマート端末、スマートデバイスなど) ×最先端技術”による変革(イノベーション)&未来社会の可視化、つまり未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

【調査&レポート期間】

・2014年11月1日(次世代端末・デバイス(スマートフォン、端末、携帯、携帯端末、スマート端末、スマートデバイスなど)×最先端技術調査開始)~2014年11月18日まで次世代端末・デバイス(スマートフォン、端末、携帯、携帯端末、スマート端末、スマートデバイスなど) ×最先端技術調査を実施し、2014年12月7日に未来絵(イラスト)制作(個票絵ならびに総括絵)が終了した。

【はじめに】

 “次世代端末・デバイス(スマートフォン、端末、携帯、携帯端末、スマート端末、スマートデバイスなど)”業界は、今後20年でいったいどのように変わるのか?イノベーション(変革)ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

 特に、次世代端末・デバイス(スマートフォン、端末、携帯、携帯端末、スマート端末、スマートデバイスなど)・メーカー、キャリアまたは関連会社の研究開発部門の方々、次世代端末・デバイス(スマートフォン、端末、携帯、携帯端末、スマート端末、スマートデバイスなど)・メーカー、キャリアまたは関連会社に対してソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さまからである。

 今や「イノベーション(変革)」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「イノベーション(変革)」によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。

 こうした声を受けて、ESP総研ではVer.1となる『“次世代端末・デバイス”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“次世代端末・デバイス”の進化による未来予測≪2013‐2033≫~未来絵 編 ~ 』を2013年10月3日に発刊したところ、予想を超える反響で、数多くの方々から当該レポートの申し込み(注文)を頂いた。また、「毎年必ず更新していって欲しい」といったリクエストも同時に頂いたことから、この度Ver.2となる“次世代端末・デバイス”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/ “次世代端末・デバイス”の進化による未来予測≪2014‐2034≫~未来絵 編 ~を発刊することとなった。

 Ver.1と同様、「スマートフォン×未来」「端末×未来」「携帯×未来」「携帯端末×未来」「スマート端末×未来」「スマートデバイス×未来」といった6分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「最先端カットシーン」など尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。

 重視した抽出条件は、「将来、次世代端末・デバイス(スマートフォン、端末、携帯、携帯端末、スマート端末、スマートデバイスなど)・メーカー、キャリアまたは関連会社の研究開発に役立つかどうか?」「将来、次世代端末・デバイス(スマートフォン、端末、携帯、携帯端末、スマート端末、スマートデバイスなど)・メーカー、キャリアまたは関連会社に対してソリューションやサービス、プロダクツ(製品、部品)を提供する企業にとって役立つかどうか?」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか?」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか?」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか?(製品開発や技術開発に役立つかどうか?)」「気づき・アイデア」となっているか?などである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。

 今回、ESP総研では総力を結集して“次世代端末・デバイス”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/ “次世代端末・デバイス”の進化による未来予測≪2014‐2034≫~未来絵 編 ~  レポート( “次世代端末・デバイス”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“次世代端末・デバイス”の進化による未来予測~未来絵 編 ~ Ver2.)を刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した 伊藤 伸隆 によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。

 2013年11月~2014年11月までの期間に限定して調査追加調査を行ってみて、

 5G通信のように、さらなる通信帯の高速化が進んでいくことになるだろう。それに牽引される形で「4K」や「8K」など、データーの高密度化が進み、やり取りするデータの大容量化が加速していくだろう。また、送受信できる容量の増加に伴い、映像データがシームレスに扱えることで地方によるTV番組の視聴制限などが取り払われていくことになるだろう。

 次に、3Dセンシング、画像認識等の認識技術の進化により、さまざまな「ヒト・モノ」が認識できるようになるだろう。例えば、ショップに並べられる商品や、広告・ポスター、イベントに美術館等である。それらの認識は「自動化」されるようになり、認識したデータは自動ストックされ、必要なとき、すぐに利用できるようなるだろう。また、美観を損ねる詳細情報などは「必要としている時だけ見える」ようになっていくだろう。

 なお、仮想空間を利用する技術の進化により、現実空間内のあらゆる「モノ」が仮想世界に埋め込まれていくことになるだろう。仮想空間を利用した携帯操作、仮想空間を利用したゲーム、仮想ネットワークなどである。仮想世界は、現実世界の生活を便利にするための空間として、より我々の身近な場所にやってくるだろう。

 最後に、携帯端末の形態は、用途に応じた、より専門的な形状に特化していくだろう。皆が同じ形態のモノを持つ時代は終わり、最終的には一人一人が自身のために「カスタマイズ」をした携帯を持ち歩く時代が訪れるだろう。

 2013年10月3日時点での『 “次世代端末・デバイス”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“次世代端末・デバイス”の進化による未来予測≪2013‐2033≫~未来絵 編 ~ 』Ver.1レポートでは以下のような点について言及していた。

  “次世代端末・デバイス×最先端技術”の調査を通じて、端末・デバイスの未来で注目する観点としては「端末・デバイスの形態」「端末・デバイスの利用法」「人の繋がり」の3点を最重要項目として挙げていた。近年、それらの取組みに対応するよう様々な研究が進められていた。

 まず「端末・デバイスの形態」を挙げていた。「端末・デバイスの形態」の重要な観点は「見えない化」であった。これまでの端末・デバイス調査を振り返ると、その進化の方向性は「小型化・薄型化」に集約されていた。そこで言う「見えない化」とは、その一歩先を越える技術と言っても良かった。具体例として挙げていたのは、実際に端末・デバイス自身が見えなくなる訳ではなく、例えば「携帯を持つ」といった意識が無くなることであった。「ポケットから取り出す」「手に持って扱う」といった何らかな操作・アクション・手間が無くなる未来であった。

その分野の最先端技術であるが、「眼鏡型端末」、「腕時計型端末」、「コンタクトレンズ型端末」などへの注目度が高まっていることに着眼して欲しいと訴えていた。これらを身に付けた未来の人々は、「携帯端末を所持する」「携帯端末を利用する」といった感覚自体が無くなることに言及していた。また、それらで完全な「見えない化」を実現するためには「自然な動作と、端末操作の融合」が未来型端末の重要なテーマであった。

 さらに「端末・デバイスの利用法」を挙げていた。「端末・デバイスの利用法」における重要な観点は「端末・デバイスからの能動的な情報」であった。これまでの端末・デバイスを利用する際には、利用者が端末・デバイスを取り出して操作をする必要があった。また、利用者が情報を探し、利用者が情報を選び取る必要があった。「受動的な情報」が、未来では利用者が必要とする情報を自動判別して提供してくれる「能動的な情報」に変わるだろうとしていた。そんな未来における「能動的な情報」として「ビッグデータ」が大いに活用されるだろうとしていた。地球上で生活している人の情報が蓄積され、巨大なデータベースを構築。そして、それらを分析・解析することで必要としている人に、必要とされている情報が自動的に提供される時代が到来するだろうと予測していた。こうしたことにより、利用者本人ですら気付かない「危険回避」「娯楽の追求」「利便性の向上」が図られるだろうとしていた。今まで以上に人類全体において情報を共有する時代が訪れるだろうと予測していた。

 最後に「人の繋がり」を挙げていた。通信技術の発展と共に、私たちの連絡手段において距離といった概念が無くなった。どれだけ遠く離れた相手であっても瞬間的に連絡を取り合うことが可能となった。しかし、それでも垣根は残っているとしていた。具体的には「国境」であり、「身体的特徴」であり、「年齢差における壁」であった。未来の端末・デバイスにおいてはこれらの垣根が根底から解消されることになるだろうとしていた。例えば、「他国言語の自然な翻訳」で国境の概念が無くなり、どんな身体の人間でも扱える端末・デバイスが「身体的特徴」といった概念を無くし、巨大なビッグデータがもたらす情報提供が「年齢差における壁」の概念を無くしていくだろうと予測していた。そして、世界中の誰もが年齢に関係なく自然と繋がりあえる時代が訪れるだろうと予測していた。

 また、これからも端末・デバイスは未来に向けてさらなる発展を遂げるだろうと実感していた。

 皆さまからの強い期待とリクエストによって、ようやく“次世代端末・デバイス”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/ “次世代端末・デバイス”の進化による未来予測≪2014‐2034≫~未来絵 編 ~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「スマートフォン×未来」「端末×未来」「携帯×未来」「携帯端末×未来」「スマート端末×未来」「スマートデバイス×未来」に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【目次】

~ “次世代端末・デバイス”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵15枚、個票絵242枚)~ P1

?.総括 編 P2

1.スマートハウス P3
2.ビジネス P4
3.医療・健康 P5
4.通信(1) P6
4.通信(2) P7
5.端末の形態(1) P8
5.端末の形態(2) P9
6.操作方法 P10
7.GoogleGlass・MYO P11
8.ICタグ P12
9.その他技術(1) P13
9.その他技術(2) P14
9.その他技術(3) P15
9.その他技術(4) P16
9.その他技術(5) P17

?.個票 編 P18

「端末業界×未来予測」 2014年追加分 P19

1.「端末業界×未来予測」スマートハウス P20

(1)スマートハウス:ドア・窓 P21
(2)スマートハウス:床 P22

2.「端末業界×未来予測」ビジネス P23

(3)ビジネス:自動キャッシング P24
(4)ビジネス:スマートペン P25
(5)ビジネス:スマートグローブ P26
(6)ビジネス: 流通トレーサビリティ P27
(7)ビジネス:真贋判定 P28
(8)ビジネス:部品管理・保守作業管理 P29

3.「端末業界×未来予測」健康・医療 P30

(9)健康・医療:フィルム温度センサ P31
(10)健康・医療:咀嚼 P32

4.「端末業界×未来予測」通信技術 P33

(11)通信技術:3Dセンシング P34
(12)通信技術:3Dセンシング(ナビゲーション) P35
(13)通信技術:3Dセンシング(セキュリティ) P36
(14)通信技術:3Dセンシング(商品広告) P37
(15)通信技術:3Dセンシング(現実空間=仮想空間) P38
(16)通信技術:情報を付与できるLED照明(買物) P39
(17)通信技術:情報を付与できるLED照明(広告) P40
(18)通信技術:水晶振動子 P41
(19)通信技術:ポータブルSIM P42
(20)通信技術:5G通信 P43
(21)通信技術:4K映像 P44
(22)通信技術:ストリーミング視聴 P45
(23)通信技術:映像の外出先視聴 P46
(24)通信技術:ネットワーク仮想化 P47
(25)通信技術:船上基地局 P48

5.「端末業界×未来予測」端末の形態 P49

(26)端末の形態:スマートグラス P50
(27)端末の形態:スマートウォッチ P51
(28)端末の形態:スマートリストバンド P52
(29)端末の形態:高耐久性 P53
(30)端末の形態:モジュール型 P54
(31) 端末の形態 :超薄型スピーカー P55
(32)端末の形態:小型ロボット P56
(33)端末の形態:腕時計型ドローン P57

6.「端末業界×未来予測」端末の操作方法 P58

(34)端末の操作方法:拡張現実 P59
(35)端末の操作方法 :拡張現実(ゲーム) P60
(36)端末の操作方法 :スマート指輪 P61

11.「端末業界×未来予測」その他 P62

(37)その他:全天球カメラ P63
(38)その他:プラウザ同期 P64
(39)その他:画面同期 P65
(40)その他:カメラ同期 P66
(41)その他:位置同期 P67
(42)その他:手書き同期 P68
(43)その他:音声同期(複数) P69
(44)その他:音声転写 P70
(45)その他:歩きスマホ注意 P71
(46)その他:AR年賀状 P72

■「端末業界×未来予測」  2013年既存分+2014年追加分 P73

1.「端末×未来」スマートハウス P74

(1)スマートハウスにおける玄関の鍵 P75
(2)スマートハウスにおける玄関ドアの監視 P76
(3)スマートハウスにおけるエアコン P77
(4)スマートハウスにおける湯沸し P78
(5)スマートハウスにおける炊飯器 P79
(6)スマートハウスにおけるコンシェルジュ P80
(7)端末で内容物の自動認識ができるスマート冷蔵庫 P81
(8)スマートテレビ P82
(9)端末による生活行動認識技術 P83
(10)家族を見守るロボット型端末 P84
(11)スマートインターフォン P85
(12)遠隔DLNA連携によるスマートハウス P86
(13)ペットの食事もスマホで管理 P87
(14) スマホで操る「電球」ではない「ソケット」! P88
(15)ドア・窓 P89
(16)床 P90

2.「端末×未来」ビジネス P91

(1)いつでも、どこでも業務を行える端末 P92
(2)クラウドデータへの一度きりのアクセス権 P93
(3)社内における名刺データの共有化 P94
(4)社内における顧客データの共有化 P95
(5)社内における業務ファイルの共有化 P96
(6)クレジット決済が可能となる端末 P97
(7)最新カタログを確認できる端末 P98
(8)BYODに対応した端末 P99
(9)BYODに対応した端末 P100
(10)飲食店の空席情報を確認できる端末 P101
(11)飲食店の現場における端末利用 P102
(12)飲食店の準備における端末利用 P103
(13)ディスカッションテーブル P104
(14)ディスカッションテーブルを利用した遠隔会議 P105
(15)RFIDを利用したセキュリティ強化 P106
(16)RFIDを利用した配送 P107
(17)自動キャッシング P108
(18)スマートペン P109
(19)スマートグローブ P110
(20)流通トレーサビリティ P111
(21)真贋判定 P112
(22)部品管理・保守作業管理 P113

3.「端末×未来」健康・医療 P114

(1)健康測定型端末 P115
(2)健康を読み取ってくれる端末 P116
(3)運動を読み取ってくれる端末 P117
(4)担当医が医療情報を確認できる端末 P118
(5)健康を管理できる端末 P119
(6)健康測定端末と連携サービス P120
(7)形のある分子を送信できる端末 P121
(8)自宅から送れる尿検査 P122
(9)ワイヤレス活動量計・睡眠計 P123
(10)赤ん坊の病気予防にスマートオムツ P124
(11)フィルム温度センサ P125
(12)咀嚼 P126

4.「端末×未来」通信技術 P127

(1)自動改札と人体通信を利用した端末 P128
(2)セキュリティドアと人体通信を利用した端末 P129
(3)広告と人体通信を利用した端末 P130
(4)支払いと人体通信を利用した端末 P131
(5)自動販売機と人体通信を利用した端末 P132
(6)人体通信を利用した診察 P133
(7)人体通信を利用した健康管理 P134
(8)非接触式IC(NFC)の個人利用 P135
(9)非接触式IC(NFC)のレンタルショップの利用 P136
(10)端末を利用した図書館 P137
(11)端末にかざすだけで設定変更できる「NFCタグ」 P138
(12)ゲーム内ポイントを利用してお買物 P139
(13)災害時に不特定多数の端末同士で情報伝達・共有が可能 P140
(14)3Dセンシング P141
(15)3Dセンシング(ナビゲーション) P142
(16)3Dセンシング(セキュリティ) P143
(17)3Dセンシング(商品広告) P144
(18)3Dセンシング(現実空間=仮想空間) P145
(19)情報を付与できるLED照明(買物) P146
(20)情報を付与できるLED照明(広告) P147
(21)水晶振動子 P148
(22)ポータブルSIM P149
(23)5G通信 P150
(24)4K映像 P151
(25)ストリーミング視聴 P152
(26)映像の外出先視聴 P153
(27)ネットワーク仮想化 P154
(28)船上基地局 P155

5.「端末×未来」端末の形態 P156

(1)投影型端末 P157
(2)スマートゴーグル P158
(3)背負える太陽電池 P159
(4)次世代杖 P160
(5)iPadが360度開くラップトップになるキーボード P161
(6)どんなディスプレイもタッチスクリーンに変える端末 P162
(7)浮上するワイヤレスマウス P163
(8)立体映像端末 P164
(9)カーナビにもなる端末 P165
(10)点字のスマートフォン P166
(11)点字が浮き出るスマートフォン P167
(12)スクロールして開ける端末 P168
(13)折りたためる端末 P169
(14)指に身に付けて通話できる端末 P170
(15)難聴者も利用できる端末 P171
(16)パソコンのデュアルモニタに利用できる端末 P172
(17)パソコンに変身できる端末 P173
(18)網膜に映し出す端末と機密性 P174
(19)網膜に映し出す端末と作業の確実性 P175
(20)ホログラムが浮出る端末 P176
(21)三角形の携帯端末 P177
(22)鏡に表示される端末 P178
(23)肩にアバターを映す端末 P179
(24)コンタクトレンズ型端末 P180
(25)シューズ型端末 P181
(26)ロボットと対話して操作する端末 P182
(27)老人介護ロボット「パルロ」 P183
(28)コミュニケーション用ロボット「パルロ」 P184
(29)スマートグラス P185
(30)スマートウォッチ P186
(31)スマートリストバンド P187
(32)高耐久性 P188
(33)モジュール型 P189
(34) 超薄型スピーカー P190
(35)小型ロボット P191
(36)腕時計型ドローン P192

6.「端末×未来」端末の操作法 P193

(1)実物の媒体の電子的操作 P194
(2)眼鏡型端末「Google Glass」 P195
(3)スマートホーム P196
(4)SpaceTop P197
(5)直感的な操作で操る端末 P198
(6)視線で操作する端末 P199
(7)握ることで操作する端末 P200
(8)手のひらで操作する端末 P201
(9)指先ひとつで家電を操作できる端末 P202
(10)投影型端末 P203
(11)脳波で操作する端末 P204
(12)脳波で操作する端末の病院利用 P205
(13)脳波で操作する端末の身障者利用 P206
(14)脳波を読み取り選曲してくれる端末 P207
(15)脳波で操作する擬体 P208
(16)脳で感知した言語を音声として処理する端末 P209
(17)脳で思い描いた音楽を音声にしてくれる端末 P210
(18)拡張現実 P211
(19)拡張現実(ゲーム) P212
(20)スマート指輪 P213

7.「端末×未来」GoogleGlass P214

(1)眼鏡型端末「Google Glass」 P215
(2)眼鏡型端末の外見認識「Google Glass」 P216
(3)以前に会った時の情報を表示「Google Glass」 P217
(4)視界の共有化「Google Glass」 P218
(5)視界記憶の保存「Google Glass」 P219

8.「端末×未来」MYO P220

(1)筋肉操作型端末「MYO」 P221
(2)筋肉操作型端末「MYO」を活用した家 P222
(3)筋肉操作型端末「MYO」を活用した車の運転 P223
(4)筋肉操作型端末「MYO」を活用した音楽演奏 P224

9.「端末×未来」電子ペーパー P225

(1)紙のように曲げられる「電子ペーパー」 P226
(2)紙のように曲げられる「電子ペーパー」の新聞 P227
(3)紙のように曲げられる「電子ペーパー」の広告 P228
(4)紙のように曲げられる「電子ペーパー」の時計 P229
(5)紙のように曲げられる「電子ペーパー」の写真とカレンダー P230
(6)紙のように曲げられる「電子ペーパー」のクレジットカード類 P231
(7)紙のように曲げられる「電子ペーパー」の申請書類 P232
(8)紙のように曲げられる「電子ペーパー」の操作マニュアル P233

10.「端末×未来」タグ P234

(1)ICタグを活用した在庫確認の端末 P235
(2)ICタグを活用した商品価格表示の端末 P236
(3)RFIDを利用した出退勤管理 P237
(4)RFIDを利用した制限区域管理 P238
(5)RFIDを利用した子供たちの安全管理 P239
(6)RFIDを利用した医療施設の安心管理 P240
(7)RFIDを利用した医療施設の安心管理 P241
(8)RFIDを利用したイベントプロモーション P242
(9)RFIDを利用した物探し P243

11.「端末×未来」その他技術 P244

(1)顔写真認識端末 P245
(2)映像スマートデバイスのカメラを使った新しい通信技術 P246
(3)超薄型防水タブレット P247
(4)香水の香りを共有できる端末 P248
(5)香りを共有できる端末 P249
(6)空気を検査できる端末 P250
(7)触覚が伝わる端末 P251
(8)学習機能を備えた端末 P252
(9)手のひらで本人確認する端末 P253
(10)多地点同時中継が可能となる端末 P254
(11)音声から情報を受信できる端末 P255
(12)テレビ音声から情報を受信できる端末 P256
(13)緊急警報から情報を受信できる端末 P257
(14)撮影した写真の情報を入手できる端末 P258
(15)端末で操作できる人形玩具 P259
(16)端末で未来の音楽演奏 P260
(17)手軽に端末で映写ができる P261
(18)書くことに特化した端末 P262
(19)端末のARナビゲーション P263
(20)スマフォを活用したセルフレジ P264
(21)二次元キャラとデートできる端末 P265
(22)空間に写真を記録する端末 P266
(23)自宅でバーチャルフィッティング P267
(24)人間の自動認識をする端末 P268
(25)ボタンが盛り上がる端末 P269
(26)触れられる立体映像「Air Touch」の端末利用 P270
(27)触れられる立体映像「Air Touch」のコンシェルジュ P271
(28)次世代光ディスク技術「ホログラムHVD」 P272
(29)本人の声で翻訳した複数言語を出力する端末 P273
(30)スマートグリッドによるエネルギーの自動調節 P274
(31)端末が自動音声対応 P275
(32)薄くて軽いシート型ディスプレイ P276
(33)HDDの故障予兆検知 P277
(34)騒音下でも声を正確に抽出できる端末 P278
(35)屋外でも声を正確に抽出できる端末 P279
(36)バイオプラスチック端末 P280
(37)場所に応じて最適なサービスを提供する端末 P281
(38)PC画面をそのまま表示できる端末 P282
(39)仮想空間に落書きできる端末 P283
(40)窓ガラスが端末になる家 P284
(41)手のひら静脈センサーによるセキュリティ P285
(42)スマートペン P286
(43)既存のカメラで3D写真を撮る端末 P287
(44)撮影した画像をテキストデータで保存できる端末 P288
(45)ズーム機能を持ったコンタクトレンズ P289
(46)地球環境を改善する端末「Hand Tree」 P290
(47)立体映像端末を利用した通販 P291
(48)自転車に搭載できる端末 P292
(49)成分分析ができる端末 P293
(50)感情を認識できる端末 P294
(51)複合現実端末「MR技術」 P295
(52)熱中症の危険を警告 P296
(53)紫外線量を検知 P297
(54)毎日のチラシを端末で見る P298
(55)Twitterを解析できる端末 P299
(56)家で不要になったものを手軽に出品できる端末 P300
(57)レシートを撮るだけで家計簿を付けれる端末 P301
(58)つぶやき抽出による路線状況 P302
(59)多国語の文字列を翻訳できる端末 P303
(60)多国語の音声を翻訳できる端末 P304
(61)手話を翻訳してくれる端末 P305
(62)動物の気持ちを教えてくれる端末 P306
(63)赤ちゃんの気持ちを教えてくれる端末 P307
(64)背負える太陽電池 P308
(65)超小型充電器 P309
(66)水だけで充電できる端末 P310
(67)太陽光充電できる端末 P311
(68)端末の非接触充電 P312
(69)音楽を聴きながらスマフォを充電できる太陽電池搭載のヘッドフォン P313
(70)タブレットを利用する学習 P314
(71)土石流・河川監視システムの端末 P315
(72)デジタル端末の教材における学習の変化 P316
(73)全天球カメラ P317
(74)プラウザ同期 P318
(75)画面同期 P319
(76)カメラ同期 P320
(77)位置同期 P321
(78)手書き同期 P322
(79)音声同期(複数) P323
(80)音声転写 P324
(81)歩きスマホ注意 P325
(82)AR年賀状 P326

奥付け

【ISBNコード】

ISBN978-4-86567-011-0 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集・未来絵の制作】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研
(1)(未来絵)イラスト観点抽出<次世代端末・デバイス(スマートフォン、端末、携帯、携帯端末、スマート端末、スマートデバイスなど) ×最先端技術調査>:伊藤 伸隆
(2)ビジネスイラスト作成:伊藤 伸隆

【トータル・ページ数(報告書)】

・326ページ
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問い合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『“次世代端末・デバイス”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/ “次世代端末・デバイス”の進化による未来予測≪2014‐2034≫~未来絵 編 ~』
【頒価】 PDF(CD-R)本体価格95,000円+税<※全てカラーですが、目次タイトルリンク設定は行っていません。>
【発刊日】 2014年12月7日

【報告書体裁】 A4版 PDF(CD-R)
【ページ数】 合計326ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー