“人工知能・AI×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“人工知能・AI×最先端技術”の進化による未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~

~ “人工知能・AI×最先端技術”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵14枚、個票絵209枚≫~

【調査対象】

・「人工知能・AI×最先端技術」分野 全般

【調査方法】

・弊社専門調査員による最先端技術調査後、“人工知能・AI×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化、つまり未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

【調査&レポート期間】

・ 2016年1月30日(人工知能・AI×最先端技術調査開始)~2016年2月11日まで人工知能・AI×最先端技術調査を実施し、2016年3月10日に未来絵(イラスト)制作(個票絵ならびに総括絵)が終了した。

【はじめに】

  “人工知能・AI×最先端技術”によって、今後20年で、業界全体がいったいどのように変わるのか?イノベーション(変革)ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

 特に、 “人工知能・AI×最先端技術” に着眼するメーカーまたは関連会社の研究開発部門の方々、関連ソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さま、ITベンダの営業企画・事業推進部門の方々、研究開発部門の方々、ならびに“人工知能・AI×最先端技術” に着眼する幅広い皆さまからである。

 今や「イノベーション(変革)」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「イノベーション(変革)」によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。

 こうした声を受けて、ESP総研ではVer.1となる『 “AI技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“AI技術”の進化による未来予測≪2014‐2034≫~未来絵 編 ~ 』を2014年9月17日に発刊したところ、予想を超える反響で、数多くの方々から当該レポートの申し込み(注文)を頂いた。また、「毎年必ず更新していって欲しい」といったリクエストも同時に頂いたことから、この度、Ver.2となる『 “人工知能・AI×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“人工知能・AI×最先端技術”の進化による未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~』を発刊することとなった。

Ver.1と同様、「人工知能・AI×最先端技術」分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「最先端カットシーン」など、尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。

 重視した抽出条件は、「将来、“人工知能・AI×最先端技術” に着眼するメーカーまたは関連会社の研究開発部門の方々、関連ソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さま、ITベンダの皆さまの研究開発に役立つかどうか」「将来、“人工知能・AI×最先端技術”に着眼する皆さまにとって役立つかどうか」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか(サービス・製品・ソリューション開発や技術開発に役立つかどうか)」「気づき・アイデア」となっているかなどである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。

 今回、ESP総研では総力を結集して“人工知能・AI×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ウェアラブル×最先端技術”の進化による未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~  レポート を刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した 伊藤 伸隆 によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。

 2014年9月~2016年3月までの期間に限定して調査追加調査を行ってみて、

 高度な人工知能技術を海外に先行されている日本は、多様なサービスと人工知能技術の融合によって市場を創出している。

 ファッション業界を中心に、小売業界においては、人工知能技術サービスによる市場拡大が模索されている。また、観光・広告業界においても新市場を目指した新しいサービスが発表されている。

 ビジネス、工場、農業などにおいては、実務作業の24時間化、自動化、品質安定化が期待されている。また、医療・介護業界における深刻な人手不足解消のために人工知能技術は大きな期待を集めている。

 セキュリティ・管理業界においては、膨大な情報を分析することによる人工知能の自己学習能力・予測能力を中心した、これから起きるできごとの事前予測に注目が集まっている。その他にも、人間の仕事を人工知能(ロボット)が取って代わるだけではなく、どのようにして人間と協調していくのかといった模索が行われている。

 これらの追加調査の内容から、人工知能の未来がこれからの人間社会に大きな影響を与えることは間違いないものと思われる。

 2014年9月17日時点での『 “AI技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“AI技術”の進化による未来予測≪2014‐2034≫~未来絵 編 ~ 』Ver.1レポートでは以下のような点について言及していた。

 各種センサーによって集められた膨大なビッグデータを「人間の作業量」では活用しきれない未来がやってくるだろうと予測していた。「人工知能」ならば、人手では不可能と思われる膨大なビッグデータを十分に処理・活用することができるだろうと予測していた。そういった中で、「人工知能」が「セルフチェック」と「予測結果からの分析」を行うことで24時間365日休むことなく半永久的に作業を継続できるようになるだろうと予測していた。人、建機、建造物、エネルギー、環境などを監視し、継続的に全自動で運用することが将来的には可能になるものと期待していた。

 「人工知能」が学習・習慣化し、現状と照らし合わせることで、人間が見落としがちな事項の注意喚起を行えると期待していた。その結果、事故の撲滅、起こり得る未来のトラブルの回避、故障の予知が将来的には可能になるものと言及していた。また、「人工知能」が事象の結果を分析することで、人間が気付いてない改善点を自発的に発信することができる。その結果、新市場の開拓、労働・生活環境の改善、サービスの高品質化が将来的には可能になるものと予測していた。

 「人工知能」が効率的に運用されることにより、遠隔地での作業を自動的に、かつ、永続的に行うことができる。その結果、農産業・工業・サービス業の自動化、事業範囲の拡大、事業の海外進出の面から将来的に役立てられるだろうと期待していた。また、「人工知能」が膨大なビッグデータを活用することで、多くの人たちの悩みを解決することができるだろうと期待していた。その結果、各サービスへの誘致、医療などに役立てられると同時に、さらなる人工知能の発展に大きな影響を与えるものと予測していた。最後に、「人工知能」は利用が進むにつれて精度を増していくことから、「人工知能市場」が普及し、「ビッグデータ」の蓄積が進むに連れて、その活躍の場所は無限に広がっていくだろうと予測していた。

 皆さまからの強い期待とリクエストによって、 “人工知能・AI×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“人工知能・AI×最先端技術”の進化による未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「人工知能・AI ×最先端技術」に着眼する全ての皆様の研究開発(R&D)活動ならびにマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【目次】

~ “人工知能・AI×最先端技術”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵14枚、個票絵209枚)~ P1

?.総括 編 P2

1.家で活躍する人工知能 P3
2.外で活躍する人工知能 P4
3.病院で活躍する人工知能 P5
4.会社で活躍する人工知能 P6
5.生産・組立・流通 分野で活躍する人工知能 P7
6.相談に乗ってくれる人工知能 P8
7.ファッション・小売 P9
8.ビジネス・小売 P10
9.工場・産業 P11
10.観光・広報 P12
11.医療・介護 P13
12.セキュリティ・管理 P14
13.その他1 P15
13.その他2 P16

?.個票 編 P17

■「人工知能・AI×未来予測」 Ver.1 P18

1.個人向け 領域(B2C) P19

(1)家庭での新作レシピの提案 P20
(2)家庭でのバー P21
(3)万能薬 P22
(4)健康見守り(自宅) P23
(5)高齢者の見守りロボット(自宅) P24
(6)対話型のぬいぐるみロボット P25
(7)子供に善悪を教える見守りロボット P26
(8)自閉症児の教育ロボット P27
(9)認知症向けの介護ロボット P28
(10)「AI技術(人工知能)」搭載型の家 P29
(11)「AI技術(人工知能)」搭載型のベッド P30
(12)画像認識技術による携帯端末(パーソナルアシスト) P31
(13)画像認識技術による携帯端末(通信販売) P32
(14)画像認識技術搭載型のテレビ P33
(15)「AI技術(人工知能)」搭載型の空調機 P34
(16)「AI技術(人工知能)」搭載型の冷蔵庫(節電) P35
(17)「AI技術(人工知能)」搭載型の冷蔵庫(対話) P36
(18)「AI技術(人工知能)」搭載型の掃除機 P37
(19)「AI技術(人工知能)」搭載型の洗濯機 P38
(20)高速道路の全自動運転 P39
(21)市街地の全自動運転 P40
(22)群走運転の全自動運転 P41
(23)自動車の運転補助 P42
(24)ダイエット P43
(25)学習型人工知能×高度な学習性と多様な進化 P44
(26)顧客毎の最適なマーケティング P45
(27)自然言語による翻訳 P46
(28)株価連動型の人工知能プログラム P47
(29)自動的に好みを分析し、好みに最適化した記事をお届け P48
(30)番組内の対象認識・検索(商品) P49
(31)番組内の対象認識・検索(人物) P50
(32)質屋の商品鑑定 P51
(33)高額商品の相談(保険) P52
(34)高額商品の相談(不動産) P53
(35)高額商品の相談(リフォーム) P54
(36)高額商品の相談(車) P55
(37)高額商品の相談(宝石) P56
(38)家庭の診療相談 P57
(39)家庭の法律相談 P58
(40)ニート支援 P59
(41)自殺予防 P60

2.ビジネス向け 領域(B2B) P61

(42)健康見守り(病院) P62
(43)生活見守りロボット(病院) P63
(44)介護ロボット P64
(45)生活支援ロボット P65
(46)医者の診断支援 P66
(47)医者の遠隔診察 P67
(48)トイレの尿情報 P68
(49)癌のDNA個別治療 P69
(50)擬似人体実験 P70
(51)金融アドバイザー支援 P71
(52)コールセンターのサービス対応支援 P72
(53)コールセンターのトラブル支援 P73
(54)コールセンターのクレーム処理 P74
(55)コールセンターのクレーム分析 P75
(56)ビッグデータからのマーケティング P76
(57)ユーザー情報からの潜在需要調査 P77
(58)ビッグデータからの市場戦略支援 P78
(59)ビッグデータからのプロモーション P79
(60)ビッグデータからの営業改革 P80
(61)サプライチェーン支援 P81
(62)商品の未知なる規則性の算出 P82
(63)農業技術アドバイス P83
(64)農業の自動化 P84
(65)無人ヘリコプターの農業支援 P85
(66)生産ラインの自動化 P86
(67)物流ラインの自動化 P87
(68)全自動運転の配送(陸輸) P88
(69)全自動運転の配送(空輸) P89
(70)全自動運転の工事 P90
(71)無人ヘリコプターの環境調査 P91
(72)無人ヘリコプターのイベント撮影 P92
(73)災害時の救急隊員 P93
(74)設備のリモートメンテナンス P94
(75)施設全体のリモートメンテナンス(環境情報) P95
(76)橋梁のリモートメンテナンス P96
(77)トンネルのリモートメンテナンス P97
(78)鉄道路線のリモートメンテナンス P98
(79)ファイナンス支援 P99
(80)人材マネジメント支援 P100
(81)パーソナルマーケティング P101
(82)退会防止 P102
(83)監視カメラ P103
(84)動線分析 P104
(85)属性分析 P105
(86)求人サイトのマッチング P106
(87)派遣会社のマッチング P107
(88)人材育成支援 P108
(89)従業員の勤怠支援 P109
(90)運送業界の最適化 P110
(91)運送車両の安全運転支援 P111
(92)知的照明システム P112
(93)店内レイアウトのアドバイス P113
(94)Web上の自然言語からの情報分析 P114
(95)Twitter分析 P115
(96)新商品の開発支援 P116
(97)従業員の情報効率化 P117
(98)文章の校閲・校正 P118
(99)従業員のスケジュール管理 P119
(100)オフィスでの顧客対応の最適化 P120
(101)現場での顧客対応の最適化 P121
(102)通信監視 P122
(103)顧客毎の最適なマーケティング P123
(104)画像認識技術向上によるTV業界の変革(イノベーション) P124
(105)画像認識技術向上による通信販売業者の変革(イノベーション) P125
(106)画像認識技術向上によるCMの変革(イノベーション) P126
(107)画像認識技術向上による商品カタログの変革(イノベーション) P127
(108)画像認識(技術)対応テレビ P128
(109)会社のマスコットキャラクター P129
(110)マスコットキャラクターの情報配信 P130
(111)質屋の商品鑑定 P131
(112)自動接客 P132
(113)高額商品の相談(保険) P133
(114)高額商品の相談(不動産) P134
(115)高額商品の相談(リフォーム) P135
(116)高額商品の相談(車) P136
(117)高額商品の相談(宝石) P137
(118)ゲームデザインの自動生成 P138
(119)ゲームの自動デバッグ P139
(120)小説の自動執筆 P140
(121)記事の自動書記 P141

■「人工知能・AI×未来予測」 Ver.2 P142

(1) ファッション:自宅 P143
(2) ファッション:モデル P144
(3) ファッション:商品案内 P145
(4) ファッション:小さなニーズを可視化 P146
(5) ファッション:リアルタイムトレンド P147
(6) ファッション:アパレル店 P148
(7) 小売:年齢層データの推定取得 P149
(8) 小売:滞留・動態状況の取得 P150
(9) 小売:エリア通過統計 P151
(10) 小売:レイアウト最適化 P152
(11) 小売:クーポン券 P153
(12) 小売:ポイント P154
(13) 小売:おもてなし P155
(14) 小売:おもてなし(VIP) P156
(15) ビジネス:受付業務 P157
(16) ビジネス:経営支援 P158
(17) ビジネス:業務支援 P159
(18) ビジネス:オペレーター支援 P160
(19) 工業:積み下ろし P161
(20) 工業:運搬 P162
(21) 工業:台車 P163
(22) 工業:組立(大型) P164
(23) 工業:組立(小型) P165
(24) 工業:組立(食品) P166
(25) 工業:アーム溶接 P167
(26) 工業:リサイクル P168
(27) 産業:園芸 P169
(28) 産業:施設園芸 P170
(29) 産業:収穫物積み下ろし P171
(30) 産業:水質管理 P172
(31) 産業:害獣対策 P173
(32) 産業:林業 P174
(33) 観光:プラン作成 P175
(34) 観光:インサイト P176
(35) 観光:防犯 P177
(36) 観光:案内ロボット P178
(37) 広告・看板:インタラクティブ性 P179
(38) 広告・看板:分析 P180
(39) 広告・看板:防犯 P181
(40) 広告・看板:Web P182
(41) 在庫・需要・生産管理 P183
(42) 医療:医療ナビ P184
(43) 医療:簡易診察 P185
(44) 医療:手術支援 P186
(45) 医療:人間ドックナビ P187
(46) 医療:治験結果の分析 P188
(47) 医療:薬剤監視 P189
(48) 医療:院内自動搬送 P190
(49) 医療:転倒予測 P191
(50) 医療:感染症の検知 P192
(51) 医療:マイクロロボット治療 P193
(52) 介護 P194
(53) 介護:感情を持ったロボット P195
(54)セキュリティ:画像分析 P196
(55)セキュリティ:出入国管理 P197
(56)セキュリティ:群集行動分析 P198
(57) セキュリティ:サイバー攻撃 P199
(58) セキュリティ:未知のサイバー攻撃 P200
(59) セキュリティ:ロボット P201
(60)セキュリティ:ドローン P202
(61)セキュリティ:悪性ドローン検知 P203
(62) 金融取引:予知 P204
(63) 金融取引:高速取引 P205
(64) 幸福度管理 P206
(65) 下水道管理 P207
(66) 土砂災害予測 P208
(67) 水需要予測 P209
(68) 電力需要予測 P210
(69) 災害情報 P211
(70) 弁護士 P212
(71) 特許申請 P213
(72) アバター P214
(73) 音楽リミックス P215
(74) デザイン P216
(75) ゲリラ豪雨 P217
(76) 自動販売機 P218
(77) 家事ロボット P219
(78) 秘書ロボット P220
(79) 執事ロボット P221
(80) 給油ロボット P222
(81) フィットネスロボット P223
(82) 教育:教師の役割の変化 P224
(83) 合コン P225
(84) 日本国内のAI開発 P226
(85) 求められる人材:データに基づかない試行錯誤 P227
(86) 求められる人材:情報のメタ的視線 P228
(87) 求められる人材:人間性 P229
(88) 求職者の選考 P230

奥付け

【ISBNコード】

ISBN978-4-86567-077-6 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集・未来絵の制作】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研
(1)(未来絵)イラスト観点抽出<人工知能・AI×最先端技術調査>:伊藤 伸隆
(2)ビジネスイラスト作成:伊藤 伸隆

【トータル・ページ数(報告書)】

・230ページ
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問い合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『“人工知能・AI×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“人工知能・AI×最先端技術”の進化による未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~』
【頒価】 PDF(CD-R):本体価格180,000円+税<※全てカラーですが、目次タイトルリンク設定は行っていません。>
【発刊日】 2016年3月10日

【報告書体裁】 A4版 PDF(CD-R)
【ページ数】 合計230ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 以下の「お問い合わせはこちら」ボタンからお申し込み下さい。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー